メイン | 2003年06月 »

2003年02月09日

CCCDについて思うこと。

音質云々を論じるほど耳が良い訳ではないし、たいした環境で聞いてる訳ではないから、これに関しては別にどうでもいい。

問題なのは、「ウチで再生できない」という一点。ウチにはいわゆるCDプレイヤーは存在しない。というか、1台あるんだけどとっくに壊れている。過去に購入したCDプレイヤーの数は、なんだかんだで10台を超える(CD付ラジカセが2台、ステレオが都合3台かな?あとはポータブルCDプレイヤー)んだが、全部回転系の故障で潰れている。まぁこれは無理もないことだが、だからと言って毎年一台づつCDプレイヤー購入するほどお人よしではない。

んじゃどうするか?PCで再生するわけだ。ただ、CDの再生のためだけにCD-ROMドライブを1台以上占有するのはあまりに勿体無いから、RealNetworks社のReal Jukebox(最近Real Oneにアップデートされた)でリッピングしておき、オリジナルは大切に取っておくわけだ。こうすれば、いろんなCDタイトルから適当に混ぜてオリジナルのプレイリストを作って楽しめるし、CD-ROMも壊れなければCDに傷が付くこともない。ちゃんとCDを購入した上でリッピングしているのだから、誰に文句をつけられる筋合いもない。

んで、CCCDではまずリッピングどころか再生ができない。つまりウチの環境では、一切聞くことが出来ない。聞けないCDもどき、誰が買うか、というだけの話である。

CCCDのメーカー側の意見からは、私の様なエンドユーザーの立場に関する配慮はすっぽりと抜け落ちている。普通、相手に物事をお願いするのなら、せめて±0となる配慮は必要じゃないか?つまり「申し訳ないけどこーいう理由でこーする事になりました。その代わり、こーいう形でメリットがあるようにするので、一つ宜しくお願いします」という話だ。別にCCCDでなくても一般的な話だと思う。んで、CCCDに関して、こーいう話をメーカーから聞いた事が全く無い。(もしあるのであれば、ぜひ教えてください)そーいう話が出てくるまで、私はCCCDを買う気にはならない。というか、ROMドライブ系で再生できないなんて、技術的に未熟すぎ。

ちなみにSONYのATRAC3を使うつもりも、毛頭ない。いや、
・RealOne用のPluginが提供される
・格納したファイルをバックアップできる(か、何度でもCDからリッピングできる。HDDはクラッシュするものである)
が実現したら、ATRAC3で提供でも許容するけどね。

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0)

2003年02月08日

KingMaxのDIMMの使い道がやっとみつかった。
20030208_1.jpg

一応PC3200「相当」で動作する筈なのだが、我が家の実績ではnForce2、KT400、SiS746FXの全ての環境で、400MHzどころか333MHzですら動作しない。一応実験用なのだが、動作しないんじゃ取っておいてもしかたがない。

ところでウチのマシンも世代交代が次第に進んでいるのだが、PentiumV系の完全引退に伴い、マザーボードもDDR-SDRAMを使うものが増えてきた関係で、DDR-SDRAMが不足しつつある。そんな関係で、ゲームマシンにしているAthlon XP 1600+ + ASUSTeK A7A266から一時的にDDR-SDRAMを抜いて代わりにPC133 SDRAMを装着していたのだが、どうもこれだとスピードが遅い。「んじゃこれ挿したらどうなるだろう?」と突っ込んでみると、問題なくPC2100 CL2として動作する。うん、これで使い道が決まった(^ ^;)

ま、それはそれとして近いうちに、PC3200を買い足す必要があるな。性能を考えるとColsairのPC3200 CL2あたりがいいんだろうが(この際価格は気にしない)、JEDEC標準でも何でもないところがちょっと問題。まぁPC3200 CL3あたりでいいか。

ちなみにCPUも同時にAthlon XP 2100+に変えてみたのだが、純正ファンが見つからず、CANOPUSのFirebird R7を取り付けたら全然熱容量が足りなくて瞬時に熱暴走。結局133MHz×13倍動作のAthlon XP 2100+を、100MHz×13倍動作にしてとりあえず凌ぐ。が、全然意味ない感じ....純正ファンどこに置いたんだっけ?

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0)

2003年02月07日

こーいうものが届く。別に何かを隠す必要性も感じないので、ヘッダまで丸ごと転載。

<2005/09/28 追記アリ:ヘッダを一部伏字にしました>

Return-Path: <system@XXXXX.com>
Received: from cs0.catv.ne.jp (cs0.catv.ne.jp [202.232.171.20]) by gateway.kuma-kuma.net (Postfix) with ESMTP id 74D8510604 for <y-ohara@kuma-kuma.net> Fri, 7 Feb 2003 02:53:42 +0900 (JST)
Received: from dream.big.or.jp by cs0.catv.ne.jp (8.9.1/3.7W) id DAA05828; Fri, 7 Feb 2003 03:02:22 +0900 (JST)
Received: from XXXXX.com (Uxxxxxxppp.dion.ne.jp [xxx.xxx.xxx.x]) by dream.big.or.jp (Postfix) with ESMTP id A6A8F12C9D5; Fri, 7 Feb 2003 03:00:38 +0900 (JST)
Message-ID: <3E42A28B.AC344D62@XXXXX.com>
Date: Fri, 07 Feb 2003 02:59:38 +0900
From: 共成集金代行システム <system@XXXXX.com>
X-Mailer: Mozilla 4.7 [ja] (Macintosh; I; PPC)
X-Accept-Language: ja
MIME-Version: 1.0
Subject: 【御請求通知書】 回収整理番号3054
Content-Type: multipart/alternative; boundary="------------D7E47CC1C2AB80DDBD73B65A"
To: undisclosed-recipients: ;
X-UIDL: B)S"!0+!"![&W!!ibQ!!

この度、私共は過去に
あなた名義の電話回線から使用されたアダルト番組について
番組提供者より未納利用料金に関する債権譲渡を受けましたので
代行して未納利用料金の回収をさせて頂く事になりましたので
ご連絡をさせて頂きました。
現在は下記に記載の利用料金が未納となってますので
遅延損害金および回収代行手数料と合わせて
この請求通知書を受信した翌日より3銀行営業日以内を
お支払い期限として下記の銀行口座まで
ご入金して頂くよう宜しく御願い申し上げます。

合計お支払い金額:13850円
    利用番組:ツインクラブ
  未納利用料金: 8000円
   遅延損害金: 2550円
 回収代行手数料: 3300円

振込先口座 ======================
みずほ銀行:新宿西口支店
   口座:普)4333047
   名義:シミズ イチロウ
===============================
振り込みの際は回収整理番号を
名前の前に御入力して下さい。

ご入金して頂けず放置されますと
最終的に御自宅まで訪問をさせて頂きます。
その場合は上記の合計支払額に交通費と人件費を加算して
請求させて頂く場合が御座いますので
お忘れなく必ず御入金して下さい。
共成集金代行システム

TEL:090-1281-3920
FAX:020-4623-1867
 担当:山口・村田

いろんな意味で笑えるこのメール。面白いからとりあえず取りに来い。じっくり話し合わせていただくことにしようじゃないか。あ、ちゃんと弁護士にも立ち会っていただくからね(^^)
*****
この記事を初めて掲載(当時はまだblogではなかった)して2年半後に動きが(笑)

XXXXX.comのドメインを保持している会社より「上のメールは弊社が発信したものではない」という申し入れを頂く。メールのReturn-PathやFromのフィールドを偽造するのは簡単なので、可能性としては十分にありそうな話である。

実はこの申し入れメール自身がちょっと怪しい(Receivedフィールドを見ると、メールサーバーがZHXXXXXX.ppp.dion.ne.jpとかになっている)のだが、まぁこれを追求したところで大した益もないし、今更フィールドを全部記載してもあまり意味がない(なんせ2年半前だしねぇということで、一応「名前を騙られた」社名が判らない様にしています。

しかし、何故今ごろ?

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0)