« 2003年07月 | メイン | 2003年09月 »

2003年08月31日

某社の謎ベンチマーク(もうじき公開)の記事を書くため、いろいろ環境を変えてマシンを動かしているのだが、手持ちのGeForce3カードに結構ゴミがたまってる事に気が付き、掃除をしたら「ファンが動かなくなりましたぁ」(T_T)

手で廻らないわけではないし、電源を入れると動き出そうと努力して(ちょっとだけ廻る)、そこで力尽きるといった風情なので、ホコリがモーター内部に侵入したかなんかだろうな。ま、ヒートシンクとファンを交換すれば済む話なのだが、それまでテストしない訳にもいかないし、手持ちでジャストなファンも無い。ということで、仕方なく6cmのファンを無理やりつけてみた
20030831_1.jpg

さぞかし冷えるかというと、さにあらず。というのは1500rpmの静音ファンだからで、直径も60mmだから、ほんのりと風が流れてくる程度。勿論、元々ついてた4cm軽の薄型ファンよりははるかに風量はおおいのだが。ま、その代償がコレで、お隣のPCI2スロット分をふさぐありさま。そんなにデカくても性能はGeForce3だから多寡が知れてるわけで、馬鹿ばかしいの一言に尽きる光景。ベンチマーク用にしかならないが、今更GeForce3でベンチマークというケースもそれほど無い訳で、困ったものである。
20030831_2.jpg

てなことを書いている間にも8月は終わり。今年も夏休みという概念がないまま終わってしまった...(T_T)

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0)

2003年08月25日

その後2週間。とりあえずサーバーも安定しているし、今のところはこれといって問題はない。ま、それはそれとして。

鈴鹿の取材でE-20の連写性能の低さに、とことん嫌気がさしてしまった。講演会とか普通の取材、あるいは仕事場でのブツ撮りにはそれほど支障がない(というか、慣れた)が、1回の連写で4枚そこそこ、しかも一度バッファフルになると10秒以上待たされる(完全にバッファがクリアになるまで、下手すると1分以上掛かる)というのは、ある種の取材には致命的に遅すぎ。PSモードだと7枚まで行くけれど、今度は画質が覿面に落ちるし、バッファフルの後の待ち時間は変わらないし。
あと、ズームが4倍で不足する事態にも遭遇したし。純正の1.4倍テレコンは持っているが、それでもたかだか5.2倍、35mm換算で196mmというのはちょっと不便。

てなことで、こちらに割と期待していたのだが、毎秒3コマ/最大12コマというのは、鈴鹿の後ではちょっと物足りなさ爆発。あと気になるのはメモリへの書き込み速度。既にあちこちでE-1のレポートは出ているが、このあたりを確認したものがないので、ちょっと様子見モードに入っている。書き込みが十分高速なら、この連写性能でも我慢できるけどね。

折りしも、弟子コレに激しく心を惹かれているらしいが、まぁ確かに色々心をそそられる機能はあるものの、液晶ファインダーのみというのはもう勘弁というのが正直な感想。実際E-20を選んだ理由の1つには、見やすい光学ファインダーというファクターがある訳で、ちょっともう液晶ファインダーに戻るのは難しい。

となると、現実的にはコレかコレあたりが候補になる。Nikonは私の趣味ではないので、D100はスルー。勿論、こんなもの買える訳もなし。Canonにしても、コレは連写性能を考えるとイマイチ。というか、これ買うくらいならもう何万か出して10D買うな。

もっとも私の場合、撮った写真でお金を頂いている以上プロではあるのだろうが、写真だけを撮ってお金を頂いているわけではない(というか、文章がメインで写真はおまけ)ので、そうそうカメラに大量にお金をつぎ込む事もできない。どれを買うにせよ、多分購入は海外取材が一段落する10月以降かな、といったところ。IDFやCOMPUTEX、MPFなどは引き続きE-20で乗り切ることになりそうだ。ま、その頃にはE-1の詳細ももう少し見えてくるので、どうするか判断がつくだろうし。個人的にはOlympusの絵作りが気に入っているので、E-1には非常に心惹かれているのだが。

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0)

2003年08月11日

前の日からちょっとおかしい傾向はあったのだが、ファイルサーバーが本格的におかしくなった。3DM(3WareのRAIDコントローラに付属する監視ツール)が、RAIDドライブでディスクエラーを検出してWarningを上げてくれるのだが、そのWarningでエラーログが満杯になってしまったという(T_T)
しかも悪い事にトラブルを起こしたのは、原稿・メール・撮影した画像・htmlなど、ひっじょ〜に重要なファイルばっかり入れてあるパーティション。最初は100GBのHDD3台でRAID5を組んで200GB構成にするつもりだったのだが、色々事情があって100GB×2のRAID0構成にしていた。そのうちの1台がコケてくれるというすばらしい状況。いや、RAID1なりRAID5にしなかった俺が悪いのは重々判っているのだが。
とにかくCHKDSKを何回か掛けて安定したところでサルベージ開始。朝6時にトラブルに気が付き、サルベージが終わったのは午後4時。そこからあわててPC Depotに出かけて、Maxtorの200GBを2本買ってくる。んで、100GB×2を取り外して200GB×2に入れ替え、ブートすると....「137GBしか認識しやしねぇ」。3wareのサイトから最新ドライバとファームウェアを入手し、BIOSのUpdateが終わったのは午後6時過ぎ。そこからRAIDの再構成を掛け(今度はちゃんとRAID1にした)、サルベージしたファイルをもとに戻し始める。結局全部終わったのは(12日の)午前1時。

本当に今年は当たり年だ。お願いだからこれ以上モノが壊れないで欲しいものである。

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0)

2003年08月05日

その2

記録的な暑さのせいか、クーラーフル回転にも関わらず室温はぐんぐん上昇中。んで、サーバーが落ちる落ちる。ま、落ちるのはファイルサーバー(Athlon MP 1.2GHz×2+TigerMP+512MB、Windows NT 4.0 Server)のみで、対外向けサーバー(PentiumIII/1GHz+Apollo PLE 133A+256MB Memory、Slackware 9.1)は別に何でもないのだが。
んで落ちるたびにリブートかます訳だが、10分おきにリブートかます羽目になって流石に「真剣にヤバイ」という状態に。
んで、結局CPUを1個外したら、何事も無かったかの様に安定駆動。冷却能力がちょい、足らなかったのかなぁ?450W電源なので、電源容量が足りないとは思えないのだが。ちょっと考えねば。

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0)

「明日の朝6時に下版なんです」という悲鳴のメールが届く中、ひたすら原稿書いてたりするわけだが、ふと現実逃避気分転換にWeb巡回していると、
「『月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜』9月26日発売」
なんて文字が目に入る。おお、わかつきめぐみ代表作がまた別のメディアになったか?それともアナザストーリーか?などとぬか喜びしてクリックしたら....

全く無関係なエロゲ

だった。なんかもの凄くだまされた気分。......仕事しよ。

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0)

2003年08月04日

8/2〜8/3まで、鈴鹿に取材。久しぶりのサーキットはやっぱり面白かった。ま、色々書けない話もあったのだが、それはともかく。
んで、今回の結論:「E-20はスポーツ撮影に全然向いてない」。

P8033784.jpgこーいう写真だとまぁ、何とか。どうでもいいが、レースクイーンというには妙に幼い娘さんたちな気がする。(撮影中は気が付かなかった)

P8023701.jpg問題はこーいう写真で、勿論こちらの流し撮りの腕が悪いのは判っているのだが、とにかく連写が効かないから一撃必殺というか、あまり動きが速くないあたりで決めるしかないのがちょっと構図的にもキツイ。ちなみにゴールラインあたりに置きピンして撮影したのだが。

とにかく連写が効かない(Max4コマ)わ、一度バッファがフルになると、10秒ほど待たされるわ、でストレスたまること夥しい。あと、4倍ズームだと、コースを走行中のマシンの撮影にはちょい辛い。このあたりE-1でどの程度改善されているやら?
ちなみに「E-1の連写性能がプアだったら、やっぱりEOS-10Dかなぁ」とライターH氏に言ったら、「え、D2でしょう」。そらレンズに比べたらボディの値段なんて大した問題じゃないんだけどさ。

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0)