« 満身創痍 | メイン | 満身創痍その2 »

2006年10月09日

療養中

帰国後1週間、殆どひきこもりである。大体毎日の生活は3:00〜7:00AMの間に起床して、お仕事。11:00AM位に整体で腰を見てもらい、部屋に戻ってお仕事。5:30PMあたりから猫どものご飯とトイレ掃除をやって、またお仕事。8:00〜11:00PMの間に就寝といった感じ。真剣に腰をやってしまって、あんまり出歩きたくないというか、出歩けないというか。
加えて胃に来てしまい、飯が食えない。食欲激減である。胃の経絡がガチガチなんだそうで。ここにきて内臓にきたか、という感じで。本当なら今ごろはSan Joseに移動してる筈なのだが、行けなくて良かったというか、この体調で行ってたら間違いなく死んでいたと思われる。

ま、それでも日曜あたりから大分腰がマシになってきたので、リハビリを兼ねて外出。
不動前まで電車で移動→TOCまで徒歩→不動前まで徒歩で戻る→奥沢まで電車で移動→自由が丘まで徒歩→洗足まで徒歩→電車で帰宅
をやったら、へばってしまいましたとさ。1週間、外に出歩かなかったら身体がなまりまくり。ま、へばってばっかりもまずいので、本日もリハビリを兼ねて外出。6000歩ほど歩いてきました。いや帰り電車を使わなければ1万歩は堅かったと思うのだが、またへばりそうで。

で、先週の旅行の反省(?)

(1) Northwestでは牛肉しか食っちゃいかん
帰りの便はビジネスなので、食事はまぁまともな「筈」だったのだが、うっかりサーモンステーキ

を頼んだのだら「何故甘い?」サーモン、付け合せの野菜、ワイルドライス、全てが甘い。結局殆ど食べずに放棄。しかも腹具合までおかしくなり、着陸前の朝食が食えなかった。隣席のおっさんが食ってたビーフテンダロインがうらやましかった(T_T)

(2) Marriottはもう使わない
私は何も言われなかったのだが、同じS.F.MarriottでSmoking Roomにありつけた甲殻類専用プロセッサことライターY氏、チェックアウトの際に「今回はSmoking Roomだけど、次に来るときにはもうSmoking Room無いからね」と念を押されたらしい。もっとひどいのが、最終日にMarriott Townplaceに移動したライターS氏。Non Smoking roomだからといって外でタバコを吸っていたら、後になってOfficeのおばちゃんが部屋までやってきて「外でタバコ吸ってたようだけど、部屋は完全禁煙だからね!罰金は$250だよ!!」とかまくしたてられたとか。Hiltonの会員申し込みをするか、現在考慮中。そもそも来年以降の海外取材は真剣に見直しが必要。IDFはもう引退ですな。

(3) でたらめなセキュリティチェック
アメリカ国内ではライターと液体の持ち込み不可、という話になっているのだが、帰国直前に空港でライターS氏のかばんに、自分の持ってた100円ライターを潜り込ませた(勿論S氏は了解している)ところ、本当にセキュリティチェックに通ってしまった。もっとひどいのは飛行機に乗り込んでから。ゴールドメンバーのお陰でいち早く機内に搭乗できたので、そのまま離陸を待っていると、後からドリンク(水とコーク)を飲みながら乗り込んできたカップルが。液体持込不可の話はどうなった??

投稿者 ohara : 2006年10月09日 18:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekobaka.com/cgi-bin/MT-3.11/mt-tb.cgi/160

コメント

SAN JOSEに到着しましたよ〜。
ご一緒できなくて残念ですが、お身体の方が当然大切です。回復をお祈りしております。

投稿者 F田 : 2006年10月10日 06:15

ご苦労様でした〜(^_^;
ホテルはやはりあのあたりではHiltonかCrowne Plazaがマトモなようです。

ポイントのためやすさ(最悪 Holiday Inn でもポイントがたまる)で、私は Priority Club Ambassador に入りました。
Hilton はホテルのサービスレベルのわりには高くて・・・(^_^;

投稿者 cosack : 2006年10月16日 05:15

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)