« 常春 | メイン | 誤算 »

2007年11月20日

まぁ被害は私だけではないし...

某Web連載:今週分まだ。お題確定。
某Web連載:今週分まだ。
某紙連載:12月分まだ。
某Web記事:レビュー。機材到着済。部屋の模様替え遅延中
某広告企画:5本目入稿済。6本目〆は12/5。
某雑誌記事:11/30〆。16P。企画書来た。Priority:0.5
某Web記事:製品レビュー 。Priority:0
某Web記事:事情により闇の中へ...
某Web記事:仕切りなおし。着手はどう考えても来月。

色々あって、60時間ほどがパーになる。まぁ葬式の合間に仕事を強いられた人とか、奥さんの出産に立ち会えなかった人も居る様なので、それに比べりゃマシか。でも原稿と写真、グラフまでCompleteしたのになぁ....

で、仕切りなおしはまぁ来月。いくらなんでも48時間でもう一度っつーのは無理です。つーか、次の仕事が落ちます。
*****
VistaはやっぱりResource Eater。逆に潤沢にResourceを食わせると凄い快適なのだが、消費電力考えると二の足を踏みたくなる。あと、負荷を掛けてゆくとやっぱり32bit Addressの限界に行ってしまうので、64bitへの移行は避けられない気が。
で、その64bitの最大の壁がMSそのものっつーのも、なんというか...
*****
某所で8画面環境の話がでているが、ちょっとしたネタ。あれを構成すると、32bit環境では空きメモリが3GB切ります。これん時に兄貴に確認してもらったから、間違いなし。
256MBのHD 3850でこれですからねぇ.....CrossFire Xの時はどうなるんだろう?理論的には、同じ事になるはずだけど...

投稿者 ohara : 2007年11月20日 00:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekobaka.com/cgi-bin/MT-3.11/mt-tb.cgi/326

コメント

Phenomも思うようにクロックが上がらず
最近何かとつらい立場のAMDですが
もうそろそろ本気でGPGPUに力を入れるべきでは?
と思ったりもします。
最低でもBulldozerまではAMD CPUにとって明るい材用はない訳ですし・・・

FireStream SDKにあるビデオトランスコード用のCobraライブラリだけでも
3870,3850で使えるようになれば、また違った層からの需要が出たり・・とか。
というか、先を考えるならAMD自身が提供するべきです。
Fusionが出てからでは遅すぎる気がします。

投稿者 ita : 2007年11月20日 20:30

どの位のレンジで見るか、という話にもなるんですが。Very Short Termで見れば動作周波数が上がらないのはやっぱり不利なんでしょうね。でも、K8のLaunchの時の上がらなさに比べれば数段マシ、というのが個人的な感想だったりします。もっと言えば、K6(初代)のLaunchの10倍マシとか、K5のLaunchの時の1000倍マシとか。こーいう視点で見れば、割と明るいとも言えるわけでw

AMDをナメちゃいけない、というのは製品がどうとかいう話の以前に、歴代の「偏執狂」を自負してやまないIntelのCEO達とがっぷり4つに組んで、一歩も引かなかったJerry Sandersが作った、これまた偏執狂的文化をきっちりHector Ruizが引き継いでいることで、短期的な製品云々以前に、IntelとAMDはこれが他社より飛びぬけているからこそ生き残ったのだと私は思ったりします。

何を言いたいかというと、彼らはまだGPGPUの時期ではないとおもってるんでしょう、という事。勿論その方向は今後伸びてくんでしょうけど、その前にまだ主戦場であるCPU Businessを放棄するつもりがさらさら無い、ということでしょうし、私もそーいう方向が正しいと思いますね。伸び代はまだたっぷりある気がします。

3850/70でFireStream SDKを使えるようにするかどうかは、また違うレベルの話になるようにも思います。魅力的ではあるんですが。

投稿者 ohara : 2007年11月20日 21:03

なるほど。
SSE5登場以前にGPU(CAL?)を使うソフトが多少なり出ていれば
いざFusionが出た際にも多少のアドバンテージになるかなとも思いましたが。

有難うございました。

投稿者 ita : 2007年11月20日 21:28

現実問題として、それは難しいんじゃないかと思います。Torrenzaはともかく、Fusionの最初のターゲットはMobileな訳で、GPGPU的な使い方をするアプリケーションってどの位ニーズがあるんでしょうねぇ?まぁ、IntelもExoskeletonでGMA3000を使うPseudo Codeのサンプルを出すくらいですから技術的には可能だとは思いますが。
むしろ問題は、SDK以上の何かが出てくるかという話で。このあたりは、Exoskeletonの様なフレームワークを提供してくれるIntelに一日の長があるように思います。そういうフレームワーク無しで、さぁFireStream SDKだけでやれとかいわれても、殆どのISVは尻込みするでしょうね。結局、FireStream 9170を導入して「やるき満々」のところにだけSDKを出すのは間違ってないような気が。

投稿者 ohara : 2007年11月21日 01:12

GPU単体にはBrook+
既存ソフトの拡張としてACML、Cobraかなぁとも思いましたが
我々一般向けにはとりあえず、エンコードだけでも出来れば御の字と思います。
Havok買収前であればゲーム物理処理にも多少の期待はあったのですが
Intelに買収された今となっては、その希望も無くなりました・・・

有難うございました。

投稿者 ita : 2007年11月21日 07:26

意地悪バーさんを演じた人といえば…
久しぶりですが、相変わらずの生活ですね。
こっちもですけど。

投稿者 意地悪バーさん : 2007年11月21日 14:24

わーなんかものすごく懐かしい方が^^;
いやもう死ぬまでこーでしょう。ところでIPが...また戻られたんですね(笑)

# 鮭が回遊して戻るようなものなんでしょうか...

投稿者 ohara : 2007年11月22日 00:27

湾内の回遊魚ですよ。
それとも羽交い絞め?なんとか統制とかで。
ま、そのうちごはんでも。

投稿者 意地悪バーさん : 2007年11月22日 16:26

http://ati.amd.com/technology/streamcomputing/register.html

意外と早く(?)CALとBrook+が入手可能となりました
CALは今のところOSはXP(32bit)のみですがHD2400以上であれば
Catalyst 7.11以上で使用可能となったようです

ACML-GPU(BLAS library only)が2008年第1四半期ということで
同時期には64bit環境やVistaでも使用できるのかなぁと思います
(ACMLってたしか64bit用だったように記憶してます)

投稿者 ita : 2007年12月24日 18:42

おお、とか思って情報入れてSubmitボタン押すと
"Sorry, there is no ati.amd.com web page matching your request."とか言われます(笑)
とりあえず外側だけは作ったという感じでしょうか。

個人的には、それより先にCrossFireまともに動くようにしろよ、と思わなくもないのですが、まぁ担当者は違うんでしょうしね。

αリリースなので、どの程度実用になるかはちょっと見てみないとわかりませんが。

投稿者 ohara : 2007年12月25日 02:39

あれ?うちじゃ落とせたんですが
変わっちゃったのかな?
ただ試しにVistaでサンプル動かそうとしたらランタイム足りないっていわれましたが・・

CrossFireに関しては同意ですね
なんか、DemoのWhiteOutもCF設定すると遅くなるし・・

投稿者 ita : 2007年12月25日 03:08

まさか?と思いFirefoxからやったら落せましたw

# AMDはOperaが嫌いなようだ...

CrossFireに関しては、既に原稿を入稿してあるので、そのうち公開されると思いますが、色々論外な...

投稿者 ohara : 2007年12月25日 05:34

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)