« 始動中 | メイン | 終わらない »

2008年01月13日

地球を大切に

某Web連載:先週分済
某Web連載:先週分済
某紙連載:1/15〆。現在鋭意執筆中。Priority:0
某Web記事:レビュー。ベンチ済。Priority:1
某Web記事:レビュー。ベンチ中断中。Priority:1
某Web記事:機材到着済。部屋片付けが....昨年内におわらんかったorz
某Web記事:製品3点一挙レビュー。機材手配依頼済。未着。

先週やっとの思いでベンチが終わったと思ったら、更なる機材が。
灼熱地獄続行中。
*****
その機材、色々あり得ない。それでもSYSMarkとかは通る。エンコードも通る。3D系も、DX9のものは通る。問題はDX10系。CRYSiSはSXGAで、Call of JualezはUXGAでそれぞれハング。理由はもうビデオに十分な電力が行ってない事しか考えられない。

....定格1100W電源なんだけどなぁ。とりあえずCombinedモードに設定したらCall of Jualezは動作するようになったが、CRYSiSは動かないまま。World in ConflictもMediumでSXGA以上、Very HighだとSVGAですらアウト。Single GPUでこれだもんなぁ。というか、EPSの8pinコネクタが2つ必要なのは反則だと思ふ。とりあえず、ものすごく地球には優しくない(-_-;)
ドライブ用からEPSの8pinに変換するようなコネクタ自作しないとまずいかも...それとも電源交換したほうが早いかなぁ?

# ていうか、8pin×2を持つ、1000W以上のEPS電源っていったい幾らするんだ(-_-;)
*****
順調に田園地帯が広がってゆくなぁ、とか思ったらPopulationが140を超えたあたりから急にビルが建ち始める。どちらかというと、広大な田園地帯が広がってるだけ、というのが好きなんだが(笑)
*****
DSCF6208.jpg
買って来た。流石にこのクラスだと店も限られるから、探し回る必要がないのは嬉しいのか悲しいのか。お値段もカード手数料込みで8万オーバーという、目の玉が飛び出そうな代物に。

DSCF6212.jpg
左がKEIANの1100W、右が買ってきた1000W。確かに通常のサイズに収まる訳ねえよなぁ。

これ、もうすこし時間を掛けて(かつショップの協力を得て)複数の電源を調査すれば、もう少し安い電源でもテストが完走するかもしれんが、今回はそんな暇も手間も掛けられない。実機にはどんな電源が組み合わさるのだろう?

投稿者 ohara : 2008年01月13日 22:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekobaka.com/cgi-bin/MT-3.11/mt-tb.cgi/338

コメント

GAIA 1100WはうちのAthlon64x2 5600+と
(恐らく現存するGPUで一番電気食いな)2900XTのCF(今は3870のCFに変更)でも
Call of Jualezは問題なかったように思いますが
一体どのようなモンスターを・・・

投稿者 ita : 2008年01月15日 22:00

ナイショ(笑)

投稿者 ohara : 2008年01月16日 10:18

なにやら地球に優しい(?)Isaiahの情報が・・
http://www.extremetech.com/article2/0,1697,2252292,00.asp
http://www.extremetech.com/article2/0,1697,2252201,00.asp

Estherの2(整数?)〜4倍(SSE?)のパフォーマンスで消費電力が同等なら
結構美味しいのでは(クロックあたりはTurion並でしょうか?)・・?

後はS3のDX10(.1?)GPUが出ればハイエンドVIAプラットホームが・・

投稿者 ita : 2008年01月24日 17:18

昨年の8月のコメント通りに出てきましたが(笑)。もう少し後ろにずれそうな気もするし、まだ単にアドバルーン挙げただけという気もします>Isaiah
とりあえず敵はSilverthroneでしょう。Turionとは性能・消費電力の両面で異なってくるので、比較できないか、と。AMDのBobcatが怪しい動きになってるんで...
いや一応サブノートのマーケットも睨んでるんで、一応DX 10.1のSolutionも形にはすると思いますが、さてどこまで出てくるか...

アーキテクチャそのものは昔から言ってたCNそのものなので、まぁそれほど驚きはしません。つーか、2001年のMPFで既にCNの話をしてたんで、この調子でがんばって順延してほしいなぁ(笑)と。

投稿者 ohara : 2008年01月25日 04:11

IsaiahのTDPが分かりませんが、Silverthorneと競合出来るほど低いのでしょうか?
OoOなので性能はIsaiahの方が高そうですが。
どちらかというとBobcatと競合しそうな気がします。
何にせよ今年は個人でも手に入るCPUが色々出てきそうで面白いですね。
全部買うとなると大変。

ところで、Bobcatって出てくるんですかね?去年の夏から音沙汰無いような…。
TSMCがAMD向けに45nmの生産を今年中に開始するとかいう話は聞きましたがこれもGPUのことかもしれませんし。
ファウンドリを使えば長期供給体制も整えられそうなのでシェア取れそうな気もするのですが。

投稿者 shrift : 2008年01月25日 14:45

IsaiahはC7と同等らしく?
20W程度とのことです。
規模的にも1億トランジスタ近く
AMDのK8と同等の規模で普通のCPUって気がします
http://enthusiast.hardocp.com/article.html?art=MTQ1MCwxLCxoZW50aHVzaWFzdA

Silverthorneは更に下のレンジではないでしょうか?

投稿者 ita : 2008年01月25日 17:19

あー、書き方が悪かったですかね。IntelはDothanやYonah、最近だとMeromまでEmbeddedに投入してるわけですが、ここにTolapaiを追加することでさらにラインナップを増やそうとしてます。ただ、Dothan以降は全部3チップ(厳密にはE3100とかあるから2チップも可能ですが)構成なので高くつく。Tolapaiは特定用途向けすぎで、汎用にはならない(まぁこれはSoCの宿命ですが)。で、Embedded向けの安い、つまり既存のC7とかとぶつかるマーケットはSilverThroneがその役を担います。今年のロードマップにも書きましたが、Celeron 215/220の後継にDiamondvilleを突っ込むあたりがその証拠です。
Isaiahは、トランジスタこそ多いんですが、ダイサイズはたったの60平方mmです。なんでこのサイズか?というのは、要するにPad Limitでこれ以下出来ない(CPUは作れても、標準のパッケージで配線ができなくなる)という話で、要するにどんなプロセスを使っていても、トータルコスト(ダイ生産コスト+パッケージングコスト)を最小にする、という方針な事に変わりがないわけです。んじゃなんでプロセスを変更するかというと、これはどんどん高い性能が求められるからで、プロセス微細化によりトランジスタが高速になることを期待しているわけです。ただ、動作周波数を上げればいいわけじゃないというのはNetBurstを見るまでもなく明らかなので、多少IPCを上げる方向も考えないといけない。で、プロセス微細化で使えるトランジスタが増えたので、「んじゃOoO搭載するか」と。C7の時も似たような事言ってましたし。

消費電力の問題ではなく、マーケティング的な製品ポジションが、SilverThroneとぶつかる訳です。勿論性能云々の問題もありますけどね。で、AMDではGeode NXの高性能化の方向性が無くなった(下手をするとGeode NXのEOLすらありえる状況)んで、可能性があるとすればBobcatなんですが、正直Bobcatは単体で出てこず、XilionとかとのMCMとかSoCで出てくる可能性すらあるように思うので、このあたりは私にも見えていません。

投稿者 ohara : 2008年01月25日 18:54

あと、TSMCは多分GPUです。TSMCで製造できる(た?)Geode GXとかGeode LXなんかについては、既に設計チームがAMDにいないそうで。Bobcatはどうなるんでしょうねぇ...

投稿者 ohara : 2008年01月25日 19:04

C7は確かにC5Pからの実質的なパフォーマンスアップは、
クロックアップによるところが大きいように思います。
実際にはL2 cacheの容量も増え、FSBも変更されていたわけですが、
実際の使用感はCPUのクロックの違い程度だなぁ(そろそろ限界かな?)と当時思いました。

C7といえばTwinCoreが出るとかいう話が当時ありましたが・・
Isaiahには、VT310-DPタイプでもいいので、マニア向けにマルチCPUのEPIAなりVIA MMなりを出していただきたいです。本当に個人的な要望ですけど。
(C7は4個のマルチが可能なはずでしたが、CNははたして・・?)

そういえばVT310-DPも不幸な製品で、恐らく何らかの理由があったのでしょうが、
本来のパフォーマンスが出せないまま、消えていきました。
3倍のパフォーマンスを持ちながら・・・

http://crystalmark.info/bbs/c-board.cgi?cmd=one;no=2009;id=#2009

投稿者 ita : 2008年01月25日 21:35

>ita氏
確かにそうですね。
まだK8よりトランジスタ数少なめみたいですが、NBの差もありますしK8はサーバ向けの豪華仕様ですからね。
使い方次第ではK8を抜くことも十分考えられる!?
組み込み向けK8はライバルになりそうですね。
そしてトータルコストの面ではIsaiahの方が有利になりそう、と。

>ohara氏
なるほど、コストで考えればSilverthorneがぴったりですね。
実装面積が小さい分パッケージングコストがかかりそうですが、いざとなれば普通の大きさのパッケージで出しても良いわけですし。
CPUの価格で安くすると言う手もありますしね。

そういえばBobcatはプレゼンでもARMとかMIPSの置き換えでよく語られてましたね。
出すなら個人でも弄くれるような形で出して欲しいです。
SocketS1マザーが売られてない現状では無理かなぁ…。

投稿者 shrift : 2008年01月25日 23:54

ちなみに全くの余談ですが、私はC5の4Pボードが動作してるのを見たことがあります。というか、Glennが見せてくれたんですが。一応データも取ってきました。記事にしてもよかった(というか、する気はあった)んですが、そのころ丁度絶不調(鬱を発症したころで、その後3ヶ月くらい執筆活動が止まりました)だったので、そのままお蔵入りに...ちょっと勿体無かったな。

投稿者 ohara : 2008年01月26日 05:45

C7発表ぐらいでしたでしょうか
雑誌で写真だけ見た記憶があります
長いヒートシンクに恐らく1列に4つ並んだ物だったかと

当時「4つだからC7じゃないか?」とか思った記憶があります

投稿者 ita : 2008年01月26日 07:03

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0204/kaigai415.htm
SilverthorneはVIA幻のC5XのHT対応版って感じですかね?
キャッシュ大盛りの。

投稿者 ita : 2008年02月04日 17:19

後藤さんの記事に私がコメントするのもあれなんで、とりあえずノーコメントなんですが(笑)

ISSCCでIntelはSilverThroneの詳細を公開します。まだ「公開する」という話+概略しか知らない(詳細は、発表後でしょうね)んですが、In-orderの14段 Pipeで、Dual Thread/Dual Issueになります。問題は、このPipelineがどういう構造か?なんですが、個人的にはMIPS32 74Kみたいな構造(=Asymmetric)になってても不思議じゃないと思います。ここでStall-free pipelineになるかどうか、は不明。C5というよりは、(消えてしまった1.5命令/Cycleの)C5Xみたいな。C5はSingle Issueなので。
 あと、まさかCISCのままやるとは思えないので(やったのが旧Cyrix MIIですな)、C5同様にRISCに変換する形で処理するのだとは思います。

気になるのはこのSilverThroneがCore2 Duo ISA互換といってる点で、これがMeromなのかPenrynなのかというあたりですかね?

投稿者 ohara : 2008年02月04日 17:46

幻のC5X使ってみたかったです・・

信者的にはVIAに頑張ってもらいたいですね。
もちろんisaiahは今年買うものリストのNO.1ですが(年内に出ればですがね・・)

C5Xの面影を求めてSilverThroneも欲しくなったり・・

投稿者 ita : 2008年02月04日 20:49

S3 Graphics Chrome 400 Series Graphics Processors

http://www.s3graphics.com/en/products/chrome_400/

今年はVIAにとって”動”の年なんでしょうか?
問題は何時出るのかですが・・

投稿者 ita : 2008年02月15日 21:07

出るかなぁ?というのが最初の疑問で、出てもなぁ...というのが次の疑問というか、感想ですなぁ。どっか、ボード作ってくれるところあるのかなぁ?

投稿者 ohara : 2008年02月16日 11:21

一応今月末に出るとか書いてありましたが
年内に手に入ればいいです

Isaiahと一緒にPCIe2.0のチップセット出すのかなぁVIA・・

投稿者 ita : 2008年02月16日 20:25

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)