« 早くも | メイン | 気がついたら2月が終わりかけている件について »

2009年02月10日

暫く空いてしまった

某Web連載:来週分まで入稿済。次はえーと...
某Web連載:....どうなっているのだろう?
某Web連載:修正案が戻ってくる。今から手直し→終了
某Web連載:今週分候補連絡済
某Web連載:今月分入稿済
某Web連載:今月分入稿済
某PhenomU記事:2本目着手中。
某Core i7記事:3本目着手中。
某広告企画:入稿済
某Web記事:すいません、まだ手がついてません
某Web記事:インタビュー

先週末から色々と追われつつ、仕事三昧中。
というか、あきすぎてもう何があったんだか覚えてない。
あ、そういえば一度営業には行ったな。
あと記者会見に2回行って、なぜかその翌日にインタビューというか突っ込みをしに行ったり。
*****
バッチリ条件に当てはまるんだけど、郵送が面倒なのでパス。ケースもらっても仕方が無いし。

ただ住所が変だなぁ、と思って調べたら、ああなるほど。あと、変なものも引っかかった。
*****
前回の記事に書いた液晶モニターが返ってくる。今度はA/D変換基板の交換だそうだ。まだ忙しすぎて動作確認してない。しないと。
*****
世界を股に駆け回っている人に日記を書けと催促される。彼はちゃんと書いていて偉いなぁ。
*****
ついでなんで(今更記事もかけないし)同氏の記事に補足。

まだメモリセルがどうとか言うレベルの話ではないが、一応Standard Cellを考慮してるとの事。「てぇ事は1.6Gbpsが8bit prefetchだから、MMIだと20bit prefetchとかそーいう話か?」と突っ込みを入れると、ニヤっと笑っていた。
MicroThreadingは、Optionとしてはあるけど、使うかどうかは判らない("TBIだって今のところMicroThreadingを使うという話はしてない。おんなじことだよ")だそうで。
んでしつこく「LPDDR1と比べればそりゃ10倍以上速いけど、MMIの実用時期にはLPDDR3だって出てくるから、そうなるとGapは3〜4倍でしかない。それだけのGapの為に、Commodityでは無いメモリをクライアントは選ぶかなぁ?」と振ってみたら、「Nice pointだが、それは状況次第だと思う。少なくとも競争力は十分にあると思う」という優等生的な回答が。
あと「TBIはInitial Specに結構Headroomがあって、もっと上まで引っ張れる可能性があったけど、MMIは?」と聞くと「今の時点ではなんとも言えないけど、将来の可能性としてそうしたオプションを提供できる技術的可能性はあると思う」だそうで。

技術的には面白いと思う。RAMBUSらしいとも思うし。あとは、どこがメモリチップを製品化するかだろう。XDRみたいなメインストリーム狙いと違い、Mobile向けはニッチ向けメモリが生き残れる余地はまだありそうに思うし。ただ競合製品は、貫通VIAを使ったDie stackingだろうな、とも思う。Application Processorの世界では、メモリチップをSIPにしちゃうケースが増えているし、実際MMIのサンプルもPoPなわけで。そうなると、信号そのものは低速でもピン数を増やすというアプローチはありだし、それであればx32である必要もない。x64とかx128だって可能だろう。2011年頃でもまだこうしたDie Stackingの実用化の目処が遠い、というのであればMMIの可能性は広がりそうであるが。
*****
630位台をひたすらうろうろしてて進展なし。この辺りが壁か?。
*****
えー、子猫4匹の行き先は決まりました。3匹は既にお試し飼いに入り、「てんてん」のみもう暫く預かり(里親さんの都合)となっとります。んで、まだママの「のんちゃん」のみ募集中。「猫に乗られたい」奇特な方募集中(爆

投稿者 ohara : 2009年02月10日 01:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekobaka.com/cgi-bin/MT-3.11/mt-tb.cgi/427

コメント

>彼はちゃんと書いていて偉いなぁ。

お誉めいただき恐縮です。でも面白さはこの日記の20分の1くらいだなあ、といつも思っております。20回と1回でつりあいがとれる?

投稿者 F田 : 2009年02月11日 23:25

忘れました。
ラムバスの補足ありがとうございます。マリオットでも貫通電極はG氏と議論したりで盛り上がっております。

投稿者 F田 : 2009年02月11日 23:27

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)