2013年02月20日

モロに該当orz

デジタル一眼カメラ E-M5 をご愛用のお客様へお詫びとお知らせ

投稿者 ohara : 05:13 | コメント (2) | トラックバック

2013年01月22日

XZ-1雑感

悩んでいたわけですが結局XZ-1購入。とりあえず本番に投入してみました。

んで投入前の試し撮り

(3648×2736pixelなのでご注意を。1/20sec、F1.8、ISO320)

うっかりQualityをMiddleのままにしたのでちょっと圧縮がつぶれてる箇所がありますが、総じて至近距離(50cm程度)の暗い室内(30Wの蛍光灯1本)にもかかわらず、きちんと写ってるし、AFの速度も十分。ピンの位置もほぼ想定どおり。コンパクトデジカメとしてはよろしいんじゃないんでしょうか?

んで本番でも概ね満足いく写真が取れました。これでDMC-500はバックアップ機決定だな。あとスーパーマクロも使えるので、これでいよいよSP-550UZも不要になった。

とはいえ、バッテリーの持ちはまだ未知数。とりあえずセカンドバッテリーと充電器は発注したけど、これはもう数日使ってみないとなんともいえないレベル。まぁ925mAhあるので、1時間程度の発表会なら問題なくこなせる事は間違いないが。

投稿者 ohara : 14:59 | コメント (0) | トラックバック

2012年09月09日

9月も初旬が過ぎ

Second Opinion:中断中。すいませんすいませんすいません。
Tech-On!:今週分これから
ASCII.jp:#168入稿済。
CarWatch:9月分入稿・掲載済。
某歴史連載:10月分入稿済。
某組込連載:10月分入稿済。
ADS記事:3本目これから
某雑誌記事:PMBusらしいんだけど、連絡なし。スケジュールを考えると流れたと思うべき。
某記事:9月中掲載。とりあえず動画だけは30分以上撮った。
講演:10/16

*****
9月に入っても相変わらずどたばた。特にいろんなものを前倒し入稿する必要があって、死にそうな感じに。
*****
本日よりIDFとMemconの取材のため、SFに。恒例食事日記はGoogle+の方に随時という感じで。
*****
前回アームを買った直後に、Dellの24inchがお亡くなりに。仕方が無いので27inchを追加購入。で、アームを使ってうまく配置したはいいんですが、1台アームを使うと、スタンドで使ってきた従来のモニタの配置がむしろ気になってくるという困った状況に。結果、5枚ある液晶の4枚を全部サンコーの4軸式クリップモニターアームで保持することに。そして山の様にあまる液晶モニターのスタンド。一番多いのがDellのやつで、つくりはいいのだけど独自の留め方(VESA非互換)なのでDell以外のモニターに使えないという(泣)。
*****

2011年のmbedの記事
なんですが、最近これを試された読者さんから「動かない」というご指摘が。で、試してみると、本当に動かない。ちょっと話が厄介なんですが
・新規にEthernet TesterとかCamera_LS_Y201をImportしてコンパイルするとぜんぜん通らない。
・昔、Importしたものを再コンパイルすると普通に通る
という話で、おそらくコンパイラのバージョンアップなどに伴い、ライブラリで使ってる色々なDefinitionが見当たらない(エラーメッセージ見てるとinclude pathを見失って必要なinclude fileがincludeできてないようにしか見えない)感じです。

恐らく何らかの環境設定などを施してやらないともろもろ動かないというか、私のプログラム以前のレベルでコケているので、逆に環境設定などがちゃんと出来ればあとはそのまま通るような感じがします。ただ今回は残念ながらここで時間切れとなりました。ちょっと渡米中にこれをいじくってる時間はないので、もう少しお待ちのほどを。
*****
黒歴史本ですが、まもなく増刷分が出回る予定です。昨日増刷分の献本も届きまして、なのでもう少しだけお待ちください。
あと角川さんのBook☆Walkerからも、電子書籍として購入が可能となっております。宜しくお願いいたします。
*****
MTM06/07には出展者として参加させていただきましたが、今ものづくりがちょっと停滞している関係で、Maker Faire Tokyo 2012は観客として参加させていただく予定です。
*****
現在510位台で停滞中。Trafficが相変わらず改善されないまま


投稿者 ohara : 02:59 | コメント (0) | トラックバック

2012年06月11日

渡米中

食事日記はGoogle+の方に。Streakで撮影すると自動でアップロードされるのが便利で。

投稿者 ohara : 18:35 | コメント (0) | トラックバック

2012年05月28日

30(16)歳になりました

16進ですらついに30台に...

投稿者 ohara : 11:57 | コメント (3) | トラックバック

2012年03月28日

3comのドライバ

3comのNICドライバの入手法をTwitterで聞かれたのですが、長くなるのでこちらでお返事

2009年にHPが3Comを買収した関係で、サポートページはここになりました。ここで製品名に"3Com"を選び、製品タイプに"Networking Wired Adapter"を、製品シリーズに"Networking PCI Cards"を選ぶと、3C905のドライバだけは入手できるようになってます。でもそれだけですね(笑)。

んで、もっと古いカードとかになると、もう公式では存在しないかと。もっともこれ、OSにもよるんですが、昔の3C501用のNDISドライバなんて、たぶんどこにもない。古いOSの中には、Inboxでドライバ持ってるものもあります。

あとはたとえばこことかこことか、まぁ探せば一杯あるのですが、Internet上でDriverのアーカイブを持ってる所で希望するカードとOSのバージョンにマッチしたものを探すしかないか、と。

ということでお答えになってますかね?

投稿者 ohara : 08:18 | コメント (0) | トラックバック

2012年02月01日

2月

Second Opinion:#411これから
Tech-On!:今週分これから←入稿済
MJニュース:今週分これから←入稿済
ASCII.jp:#137入稿済
CarWatch:2月分これから
某歴史連載:2月分入稿済
某組込連載:2月分入稿済
某自作記事:色々進んだ
IDF記事(MJ):2本目執筆中断中。今月再開...
緊急ベンチマーク:入稿・掲載済

*****
ということで怒涛の1月が何とか終わり。6日位から休みを入れたら、急激に体調が悪化して1週間ほど何も出来ずに居ました。んでなんとかリカバリーしたところで次の仕事の山がやってくるという...
*****
んで体調がすぐれずにぐずぐずしている間を使って、ゲームマシン兼セカンダリ仕事マシンを更新。Athlon 64 X2 6000+/M2N32-SLI/RADEON HD 3850という、今となってはかなりしょぼいマシンを、Core i5-750/P7P55D/RADEON HD 4870×2(CrossFire)という、今となってはちょっとしょぼいマシンに入れ替え。OSもVista 32bitから7 64bitに入れ替え。

というか、どっちも昔はベンチ用機材だったわけですが、さすがに今更Core i5-750やRADEON HD 4870は用がないわけで。んで、やっぱりベンチ用に買ったけどもう使ってない(というか、使えなかった)Dirt 2を入れて遊んでたりします。さて、この古いマシンは誰におしつけようかしらん...
*****
ゆっくり568位。なんとかあがってきてはいます

投稿者 ohara : 13:08 | コメント (0) | トラックバック

2012年01月05日

謹賀新年(本)

なんとか1/5に入稿が終わりまして、やっと新年を迎えることができました。
*****
ということで(ちょっと遅いですが)改めて新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお引き立てのほど、お願いいたします。

*****
昨年は東日本大震災やら放射能やらに加えて、元麻布氏の急逝とか、色々ショッキングな出来事が多かった一年ではあります。ただその一方で、素敵な里親さんと新たに出会うことができたり、後半に入って新たなお仕事を複数頂いたり、と嬉しい事柄も多く、何というか立ち止まる暇がないほど忙しく動いた一年だったとも言えます。

今年がどうなるのかは判りませんが、とりあえずやれることをやってゆきたいと思っております。
*****
久々にトップページ更新
*****
ということで大原は本日より年末年始の休暇に入らせていただきます。出来れば11日位までは休みたいものですが...
*****
やっと560位台に突入。でもいつ570位台におちても不思議ではないですが。

投稿者 ohara : 21:11 | コメント (0) | トラックバック

2011年12月04日

MTM07終了

今年も無事MTMへの出展を終わることが出来ました。多くの方にご訪問いただき(配布したチラシは2日合計で500枚を超えました)、興味を持っていただけて、大変ありがとうございました。また、MTM07を主催してくださったオライリー様や協賛の東京工業大学様他のスポンサー様にも深く感謝いたします。

ちなみに(何人かの方には説明したのですが)ダンボールPCが完成したのは3日の朝0時のことで、それからArduino MEGA用のShieldを作り始め、完成が2:30AM。テスト用Sketchが動いて確認できたのが3:00AM。それからプログラムの修正を始め、完了したのが6:00AMの事でした。我ながら、良く間に合ったものだ。まぁそんなわけでArduino MEGAの方は時々データの取りこぼしがある問題作になっちゃいましたが、これはこれで後ほどちゃんと動くものを公開します。まぁ台数減らすと思いますが。

投稿者 ohara : 18:46 | コメント (0) | トラックバック

2011年10月30日

10月エンド

Second Opinion:先週分先ほど入稿
Tech-On!:今週分まだ
MJニュース:今週分まだ
ASCII.jp:#124入稿済
CarWatch:11月分入稿済
某歴史連載:10月分入稿済
某組込連載:10月分入稿済
某自作記事:ベンチ中断中
IDF記事(MJ):2本目執筆中断中
某Bull記事:データは取り終わって分析途中
某ベンチマーク記事:明日あたり機材がくるらしい

*****
もう少し煩雑に更新しようと思いつつ、月の最初と最後だけかよみたいな。
*****
久々にトップページ更新しました。いやこれ更新しないと自分が不便で。
*****
相変わらず日々のたわごとはTwitterの方で。フォローはご自由に。特にフォロー返しとかはしませんが。
あとFacebookとかGoogle+なんかもありますが、真面目に使っているとは言いがたい。どちらも自由に追加していただいて構いませんが、相互フォロー/サークル的なことはいたしません。あしからず。
*****
石灰沈着性腱板炎が一段落したと思ったら今度は風邪。これもちょっと長引いたけどなんとか対処。んでしばらく整体行ってなかったら、首や背中がえらいことに。
*****
IDF記事がおそろしく淀んでおります。マジで書く暇が無い。なんでだ?
*****
10月はやたらめったら人が亡くなった月ですが、一番ショックだったのはやっぱりシモンチェリ選手の事故死かも。MotoGPでリアルタイムで中継見てただけに、ちょっと。succumbedという単語は、富沢選手の時に覚えたけど、見たくは無かった。
*****
前の日記にも書きましたが、MTM07に申し込みいたしました。出展物まにあうのかしらん?
*****
原稿に出来ないネタシリーズ:
多分元ネタはこのあたりだと思うが、Bulldozerは設計ツールの出力そのままで製造したので、20%ダイサイズが大きく、かつ20%性能が悪化したという話。私が取材した訳じゃないし、AMDに聞いても裏が取れる話でもないから、まぁ原稿のネタにはしませんが。

大体、20%という数字がどこまで正確なのかがまず謎。この数字が正確なのだとしたら、それはつまりHand OptimizeしたBulldozerのダイというかフロアプランがあって、それと比較しないと数字が算出できない。だから、この数字は「この規模の回路をHand Optimizeしたらこんなもんだろうな」という見積もりを合算したものとの比較だと思う。速度についても、「この規模の回路でこの配線をHand Optimizeすると大体この程度のLatencyになるだろう」というざっくりした見積もりと比較しての話なんじゃないか、と。

で、その数字とくらべて「たった」20%しか大きくならず、「たった」20%しか遅くならないなら、そりゃHand Optimizeしないっすよ。昔はこれが20%ではなく2倍だった。たったの20%なら、まずとりあえず製品出すでしょう。んで、Hand Optimizeしたのは次世代製品にしちゃう。一種のTick-Tockみたいなもんで。なので、この話が事実だとしたら、ワタシなら「最近の設計ツールすげー」と思いますね。素直に。
*****
何とか580位まで上昇。この先になかなかいかない。

投稿者 ohara : 00:10 | コメント (2) | トラックバック

2011年10月03日

10月スタート

Second Opinion:#394で止まってます。今週から再開予定
Tech-On!:今週分これから
MJニュース:今週分これから
ASCII.jp:#120掲載済
CarWatch:10月分入稿済
某歴史連載:入稿済
某自作記事:ベンチ中断中
某別冊:入稿済
IDF記事(ASCII.jp):全4本入稿・掲載済
IDF記事(MJ):2本目執筆中
某ベンチ記事:明日あたり機材到着?

*****
Twitterの方が楽で、ついついこっちでの更新がメインになっております。いかんいかん。
*****
9月中旬にサンフランシスコまでIDFの取材に出かけたんですが、実はその折に前兆があったんですよね。到着翌日に右手が、その3日後には左肩、更にその2日後には右手の中指に繋がる筋肉がそれぞれ腫れ上がり動かせなくなるという。幸い保冷パック(何でこんなもんがあるのか、というのはアレなんですが)をあてて冷やすことでいずれも対応できてたんですが、9月26日、右肩にそれの強烈なのがやってきて、たまらず整形外科医に駆け込んで病名特定。石灰沈着性腱板炎だそうで。結局カルシウムを多少抜いてもらい、消炎鎮痛剤を筋肉注射してもらって、3日ほどで何とか動かせるようになりました。
 んで、今月2日にツインリンクもてぎまでMotoGPを見に行ってきたんですが、行く前の晩に右肩が再発。内服薬で誤魔化しつつ観戦していたら右肩は収まったものの今度は左肩に痛みが(T_T)。ということで本日病院に行ってきたものの、それほどカルシウムは沈着してないっぽいということで、とりあえず当面は内服薬で対応。

要するに老化?
*****
IDFも色々あって、とりあえずマイコミジャーナル(今度名前変わるらしいですが)でつらつら書いていきます。そういえば恒例のIDF食事レポートですが、もう面倒で全部YFrogに挙げてます。
*****
先月、元麻布春男氏のお別れ会が某所であって、参列してきました。問題はこのお別れ会の連絡網が崩壊していたようで、筆者はぎりぎりで知ったんですが、知らなかった人が業界に多数居たという...

いまさら故人の説明の必要は無いだろうから省略。私がまだエンジニアをやってた頃から氏は記事を書いていたので、その意味では間違いなく先輩というか、先達にあたる。先輩とかいうほどには仕事の付き合いはなかった、というよりも氏が寄稿していたHello PC(後のPC User)と、私が寄稿してたDOS/V Magazineの編集長同士が恐ろしく仲が悪く、そうした事も多分に影響していたのは間違いない。どうにか会話し始めたのは2001年頃のことじゃないかと思う。

年齢を考えれば「まだ若い」という範疇なのだが、私の周りも同年代でぼちぼち急逝する人間が増えつつあることを考えると、それほど驚きという訳でもないのが正直なところ。とはいえ、猫馬鹿の同士を一人失ったのはちょっと寂しい。

救いは、殆ど苦しまずに逝かれた事だろうか。なんて事を焼香しながらつらつら思い浮かべた日であった。
*****
んで業界から足を洗うことを決めた(「元麻布氏逝去の前日に決めたんで、彼とは無関係です!」と力説してた)人とちょっと飯を食いつつ話をするなど。うんまぁ潰し利かないよねこの業界。もはや出来ることは何もないので、せめて新しい業界で活躍できることを祈っております。つーか、足を洗う前に次決めろよ。
*****
で、そんなわけで2日には友人にシッターを頼んで夫婦でもてぎまでMotoGP観戦に遠征してきました。んで率直な感想:やっぱ普段からMotoGPのVideo Subscriptionで全戦リアルタイム観戦しているとは言え、目の前で見るMotoGPは全然別物。行ってよかった。
*****
正式に公募が始まりましたので、申し込みを行いました。さて、色々アイディアはあるので頑張って仕込みます。
*****
580位ふらふらしてますなかなかあがらない。

投稿者 ohara : 22:38 | コメント (4) | トラックバック

2011年09月02日

火事の勢いますます拡大中

Second Opinion:#394入稿済
Tech-On!:入稿済
MJニュース:掲載済
ASCII.jp:#118入稿済
CarWatch:9月分入稿済
某歴史連載:入稿済
某自作記事:ベンチ中断中
某別冊:42P。いまから。

*****
ということで何とか連載に一応の目処がたったので、後は出国までに「ほんの」42P入れるだけorz
*****
あ、そんなわけでSecond Opinionは2週ほどお休みをいただくかもしれません。chipKIT「だけ」なら荷物にならないんですが、ブレッドボードと配線だの色々実験パーツだのPICIDE3PICICD3だのまでもってくと大荷物だし、果たしてテストして原稿書いてる暇があるか?というと....
*****
ASCIIの方も、ひょっとすると1週お休みになるかもしれません。
*****
8月の最大の懸案が一応解決。良い里親さんにめぐりあえて、本当に良かった。
*****
一応587位。ただちょっと油断するとcrime rateがすぐ上がったり「仕事が無い」と逃げられたり簡単に上がらなくなってます

投稿者 ohara : 19:54 | コメント (0) | トラックバック

2011年07月19日

ちょっとスローペース

Second Opinion:#388これから
Tech-On!:今週分入稿済
MJニュース:今週分これから
ASCII.jp:#111これから
某歴史記事:今月分これから
某自作記事:ベンチ中断中
某取材(体験?)記事:これから
某取材記事:2本入稿済
某連載記事:まだ始まってないのですが、来月あたりから。

*****
最近DDR3 DIMMの価格が暴落していることもあり

つい24GBに増強してしまいました。PC3-1333 4GB×6構成。この上、となると8GB DIMMだけど、こっちは流石に当面値段が下がりそうにない(1.35V世代のDDR3の次プロセスあたりでは結構落ちそうだけど)し、仮想マシンを大量に動かすんでも無い限り、当面これで十分。
*****

無事に開催してほしいなぁ、という祈りを込めて、A席なんぞを買ってみる。もっとも最近の動向を見ていると、開催がかなり怪しい感じなのだけど。
*****
奥様用のFinePix F10が、気がつくと電源が落ちている。まさか、と思ったら

このアングルでは判りにくいけど

見事御懐妊。幸い標準的なNP120なので、代替品を入手。こういう時は、汎用的なバッテリーで助かる。
*****
猫blogの方にもちょっと書いたんですが、7/12に知人が子猫を保護、現在我が家で預かっております。ということで、近く里親募集を開始予定。
*****
590位前半をふらふら。このあたりは更にあがりにくい

そういえばIntel Tweet Cityが似たような感じだけど、自由度が高い代わりにデザインが面倒とか、Intelの事をつぶやかないとポイントが入らないとかがちょっとアレな感じで、一応参加はしているものの、割と放置中。

投稿者 ohara : 15:48 | コメント (0) | トラックバック

2011年06月03日

備忘録(Windows 7)

Windows 7のフォルダをXPに、パスワードなしで公開して共用できるようにするためには
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa

restrictanonymous → 0に変更
everyoneincludesanonymous → 1
restrictanonymoussam → 変更しない

ほかにセキュリティポリシーの変更も必要。またネットワーク公開の詳細設定で、40bit暗号化とパスワード保護の解除も必要。

6/9追記:

HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters\Size
を1→3に変更。

ネタ元はこちら。起動直後はつながっているのに、暫くすると他のXPマシンから接続できなくなる問題への対応。

投稿者 ohara : 07:05 | コメント (0) | トラックバック

2011年03月15日

大原には何事もございません

Twitterの方ではあれこれつぶやいてますのでお分かりと思いますが、特に何事もございません。輪番停電の影響についても、なぜか大原の住居は停電対象外になっておりまして、むしろ申し訳ない位です。とは言え、不要不急の電力は全部落としておりまして、そんなわけで暗い部屋の中で液晶モニターの明かりのみを頼りにこれを打っております。

実家を含めて近隣の知人・友人は幸いにも怪我その他の被害を蒙っていないようで、その点では安心なのですが、青森の知人がなかなかつらい状況にあるのがちょっと気がかりです。とはいえ、何もできないのですが。

ただやはり被害のニュースが気になって、なかなか仕事が手につかないのはちょっと情けないですが。不幸中の幸いというか、収入的には大不幸というべきか、今週は出版社も通常進行からややレベルを落としておりまして、そんなわけで連載がいくつか休載になっています。まぁ状況を考えれば致し方ないところですが。

個人的には、確定申告を初めとしていくつかやるべきことを終わっており、たまたま自宅には食料がそこそこにあり、たまたまバイクのタンクも満タンの状態なので、今は状況を見つつ、待機状態という感じで毎日を過ごしております。

投稿者 ohara : 13:54 | コメント (0) | トラックバック

2011年01月15日

クリスマス到来

Second Opinion:#361掲載済
Tech-On!:今週分済
MJニュース:今週分済
ASCII.jp:#84入稿済
某製品レビュー:あとはこれ
某自作記事:まだ撮影すらしていない。来年。
某ベンチその1:入稿
某ベンチその2:データ取り終了。グラフもほぼ完成。ただ公開日未定(苦笑)
某特集記事:入稿済
書評:1月末〆

*****
ということで12月46日、やっとクリスマスがやってきました(号泣)
*****
あと、某製品レビューと連載を片付けたら、いよいよ大晦日。12月50日前に迎えたいところ。
*****
12月49日頃に何かあるらしいんですが、そういう訳で大変に佳境なのでご容赦願います。あと12月50日にも何かあるらしいんですが、無理です。
*****
なぜだか620位台で安定してます。いきなり10位ほどあがってびっくり。

投稿者 ohara : 18:42 | コメント (0) | トラックバック

2011年01月01日

新年

あけてません(きっぱり)

投稿者 ohara : 04:00 | コメント (2) | トラックバック

2010年12月12日

Troubleshoot 3DMark11

現象:特定のプラットフォームで3DMark11が動作しない。
対策:DirectXの手動更新

内容としてはここの最後に出ている方法そのまんま。

ウチの場合、3DMark11GUIは動作するのに、そこからPreset levelを使って各テストなりデモなりを行おうとすると、すぐにGUIに戻ってしまい、3DMark11Workload1.exeがゾンビ化して居残る、という形で出現しました。で、Advanced/Professionalの機能を使ってWindowモードで実行するとちゃんと動作するのに、そこでAlt+Tabを押して全画面化すると"window focus lost"エラーが出て止まるという感じで。

で、対処方法

(1) Microsoftのダウンロードサイトに行き、DirectX End-User Runtime(June 2010)を入手
(2) 入手したdirectx_Jun2010_redist.exeを展開
(3) ターゲットをSafe Modeで再起動し、展開したディレクトリにあるDXSETUP.exeを起動してDirectXを更新。その後再起動。
(4) (3)まで行ってもまだ起動しない場合、(2)のディレクトリにある
Jun2010_D3DCompiler_43_x64.cab
Jun2010_d3dx10_43_x64.cab
Jun2010_d3dx11_43_x64.cab
(これは64bitの場合。32bitの場合はx86の方)をそれぞれ解凍し、各々の中から
D3DCompiler_43.dll
d3dx10_43.dll
d3dx11_43.dll
の3つのファイルを抜き出す。
(ちなみにこの作業はExp.lzhを使わせていただきましたが、まぁ他にもツールがあるので何でもいいと思います。

(5) (4)の3つのdllをWindowsのSystemディレクトリ(C:\Windows\System32)に上書きコピーします。ここで同じファイル名、同じ日付、同じサイズのファイルがあるといわれますが、気にせずに上書きコピーします。

うちの場合は以上の対処により((3)まででは動かず(5)まで必要だった)、3DMark11が動作するようになりました。

投稿者 ohara : 23:01 | コメント (0) | トラックバック

2010年07月10日

変な記事書きました

アメリカでVerizon Wirelessのプリペイド端末を使ってみた顛末記

とりあえずVerizon Wirelessっつーか、Richard(仮名)には、$12.95返せといいたい。

*****
MicroProcessor Forumを主催していたMicroDesign Resourcesは、元々Michael Slaterが設立したが、Slaterはその後MicroDesing ResourcesをIn-Statに売却。んで後にIn-StatがReed Businessに買収され、Reed Business配下で活動していた。

そのIn-Statは今年4月にMBO噛ましてReed Businessから独立。んで5月にLinley GroupがMicroDesign ResourcesをIn-Statから買収。結果、MicroDesign ResourcesやMicroProcessor Reportは現在Linley Groupのものとなっている。まぁLinley Groupを設立したLinley Gwennap自身が元々はMicroProcessor Reportの編集長やってた時代もあるわけで、ある意味原点回帰みたいな。Bob WheelerやTom Halfhill、それにMarkus Levyという、なんか知ってる連中が相変わらずぐるぐる廻してるなぁ、という印象は免れないが、個人的にはMax Baron氏が消えてくれたことには歓迎。といっても、もう流石にMicroProcessor Report購読しようとは思わないけどね。Linkley Wireは無料ということもあって創刊号から購読してます。ええ。

投稿者 ohara : 01:32 | コメント (1) | トラックバック

2010年06月28日

渡米5日目〜帰国

ということで最終日、もう今更寝るのもアレなので、そのまま起き続け。0時過ぎに朝食。

ブツはGinger Garlic Stir Fry with Chickenで、文句なく今回の中で一番のマズさ。まぁ我慢できる範囲のマズさではあるんですが。これでやっと冷蔵庫の中身は空になった。

その後は荷物を纏めたり、シャワーを浴びたりしつつ、8時頃に食堂で

最後までこんな感じ。

さて、9時半にチェックアウトし、空港へ。今までは880を一旦南下、280経由で遠回りして帰っていた(単に280が好きなだけ)けど、今回は880からSan Mateo Bridge経由で101を使ってみたところ、40分ちょいでNewarkからSFOに到着。まぁBridge Feeが$4なんで、こんなもんでしょう。

で、11時頃にチェックイン。食欲はまだ湧かなかったので、結局タバコを吸ったあとは出国手続きを取り、ラウンジでもコーヒーを飲んだだけ。ちなみにラウンジは全くNW時代と一緒でした。で、12:40頃に水と雑誌だけ買ってboarding。ほぼオンタイムで出発。

...で、目を覚ましたら出発後6時間余。つまり夕飯食い損なった(T_T)。で、そこから二度寝して、もう一度目を覚ましたら到着1時間前。辛うじて朝食にはありつけました。

微妙にNWの時代よりマシかも。

ちなみにホテルの仕事場はこんな感じ。

3台のノートでMaxiVistaを組む関係で、有線で繋がないと遅くてかなわないのでD-Linkのルータを使い、ところがInternetは無線LANのみなので、LogitecのLAN-PWG/APRをブリッジモードで動かし、これをルータに繋ぐという変則的な構成。概ねまともに動いたのだが、連続運用しているとLAN-PWG/APRの調子がおかしくなるため、平均して1日に1〜2回、LAN-PWG/APRの再起動(電源を抜いて刺しなおし)をする必要があるのはちょっとアレかも。とは言え、現実問題としてはそれほど支障はなかった。

ということで、本日から平常進行...の筈なんだけど結構疲れているので一週間ほど活動レベルが落ちるかも。

投稿者 ohara : 01:10 | コメント (2) | トラックバック

渡米4日目

確か朝2時位に起床。朝食は

メインはSzenchuan-Style Stir Fry with Shrimpとかになってて、要は四川風えびそばといったところ。甘辛のコンビネーションなのだけど、ちょっと甘さがくどかった。

その後仕事の続きをしつつ、8時過ぎにホテルの食堂で

ターキーハムが比較的美味でした

で、このあとも仕事をするが、うっかり寝てしまい起きたのが17時過ぎ。完全に生活時間帯が崩れることに。で、そろそろ水が尽きそうなので、その補充も兼ねて

Boston Market 3連荘。いや25周年記念とかでQuarter Chickenとか安いんですもの。
というか、なんか連日同じものを食ってる気がする。

この後ホテルに戻ってお仕事の続きなど。

投稿者 ohara : 01:01 | コメント (0) | トラックバック

2010年06月26日

渡米3日目

朝1時過ぎに起床。とりあえず朝飯。

メインはLEAN CUISINEのCheddar Potatoes with Broccoli。味はうーん、いまいち。

ちなみに今回からサラダが追加。なんでかというと

定価で$3.74かなにかがたったの69セントだったんで買った(消費期限ぎりぎりの見切り品なので安かった)のだが、これが3つしかなかったんで、初回の食事はパスした次第。

その後はお仕事。8時頃にホテルの朝食(実質昼食)

芋がうまかったです。

お昼前には原稿もあがり、そこで昼食も兼ねてちょっと外出。本日最大のイベント(これは後で記事にします。なぜかマイコミジャーナル)を、それでも無事に終了してお昼(実質夕食)は

またもやBoston Marketで3 Pieces Dark。いやイベントの会場(?)の横にBoston Marketがあるもんでつい...

で、ホテルに戻って仕事の続きをするも、断続的に眠気に襲われ、結局就寝。

余談ながら、某所の"アオネコヤマト"エントリの写真は、イベント会場からホテルへの帰り道で撮影しました(謎)。

投稿者 ohara : 12:18 | コメント (0) | トラックバック

2010年06月23日

渡米初日

というわけで、久々に渡米ちう。

フライトはNWからDeltaへ。機体はA330→B767で、設備だけみると微妙にグレードダウン。一番笑えたのがビジネスシート。出発前にビデオを使っての安全設備の案内があるのはまぁいつものことだが、肝心のビデオスクリーンがない(笑) ビジネスは各シート備えつきのビデオスクリーンを使うことになってるけど、出発前はそれ引っ張り出したらまずいしねぇ。

飯は?というと

アペタイザ:味は可もなく不可もなく。スープが追加になったけど、ちょっと暖めすぎ。


サラダ:可もなく不可もなく。


メイン:付け合せのニョッキはおいしかったです。後は可もなく不可もなく。


デザート:ぶどうはおいしかったです。イチゴは...

ちなみにこのあと爆睡。目を覚ましたのは着陸15分前。朝飯食い損なった(T_T)

とりあえず入国は問題なし。レンタカー拾って買い物がてら、昼食はBoston Marketで

久々のQuarter Chicken。なんか今はBoston Marketがフェアかなんかで値段が下がっててラッキー。ただ、われわれの後で入ってきた、おばあちゃんと息子と孫?の組み合わせ、オーダーして食べようという段になっておばあちゃんの様子がおかしくなり、息子が救急車を呼ぶという騒ぎになってて、ちょっと騒然。

あとレンタカー。いつものAlamoで、いつものおっちゃんが手続きしてくれたんで早かった(もう説明いらねえよな、という顔で瞬時に書類つくって、やはり説明なしに契約書をよこす。ま、こっちもどこにどんなサインするかなんてもう慣れてるんで説明いらんのだけど)のはいいが、Economyで契約したのに車が

明らかにミッドサイズのカローラ。いやいいんだけどね。

HotelはNewarkに。Smokingを優先したら2 BedroomにFireplaceまでついた豪華な部屋が(笑)。ネットワークが無線のみなので、ルータ経由で3台のノートでMaxiVistaの環境をつくるまでちょっと手間取ったけど、無事に環境構築も終了しております。

で、16:00頃就寝したのでありました。

投稿者 ohara : 21:23 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月28日

ショートツーリング

一応お仕事で、ちょっと軽井沢に行く用事が出来たため、バイクで日帰り往復してきた。

流石にこんな時期だと

バイクで来てるのなんて俺だけだよ。

んで軽井沢といえばやっぱり

横川の釜飯ですわな。ということで

いただきます。


ごちそうさまでした。


食事後は容器をリサイクル。

ということで下りの横川SAでお昼を頂き、軽井沢で2時間ほどお仕事、帰りも給油がてら再び横川SAに寄って今度は2つ購入。持って帰って奥様と頂きました。
*****
どうもWadachiの出力HTMLをMTに埋め込むには細工が要る模様。なので、とりあえずStatic Map。
ショートツーリング 2009/11/28
往復で340Kmほどでした。

投稿者 ohara : 21:13 | コメント (2) | トラックバック

2009年07月02日

えええええ

IDT Completes Acquisition of Tundra Semiconductor

なんかまた買収がやたら多いなぁ。この前もこーいう話あったし。IntelのWindRiver買収も、色々あれだし。

*****
Amazonに色々消耗品をオーダーしたついでに
CIMG0762.JPG
何か買ってみる。でも多分積みゲー。

まぁこっそり敬愛する閣下も、ゲームを買ったときの満足度は

商品を買った → 50%
ゲームを開封して起動する時のワクワク感 → 20%
ゲームを楽しんだ → 20%
その他(大宇宙の意志的な何か) → 10%

で構成されると書いている事だし、とりあえずパッケージを開封するところまで行ったから合計60%は達成している事に(をぃ)
*****
650寸前低迷

投稿者 ohara : 17:52 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月05日

GW中の色々

ちょっと思いついて仕事場の構成を変えてみる

机右脇にあるのは、お仕事絡みの試用機なので無視してもらうとして、とりあえず4画面。
snap565.png
手元にSXGAを1枚追加。

仕事場全景だと

更にベンチマーク用の22inchが居るという始末。数だけで言えば某多画面マニアに遠く及ばないわけだが、デスクトップの面積ではそう大きくは離されて無いぞ、と。もっとも及びたいのか?言われるとそーいう訳でもないのだが。

ちなみに手元のSVGAは、普段はあまり使わないけれど、原稿のテキスト打ちなどに利用。いや老眼が進んでるんで、そろそろ近い距離にモニターを持ってきたくなったというか...

*****
ニコニコ動画の新プレイヤーが表示されず。

こんな感じっすね。

これはWindows XPのFirefoxの画面だが、OperaでもIE6でも同じ。で、別のWindows Vistaマシン+IE8とか、X32(Windows XP)+OperaとかFirefoxでは問題なく表示される。
さーて、何が悪いやら?回線ではないし、OSそのものでもなさそう。Opera自体は全く同じ(Versionだけでなく、Application Dataの下を丸ごとコピーする形で移行しているので、ブックマークやIniファイルの類まで完全同期)してるし、Flashのバージョンも同一。となると、何かしらCodecの問題なのか、ディスプレイドライバの問題か。なかなか謎である。ちなみに2階のWindows XPマシンでも正常に表示されていて、動かないのは原稿書き用メインマシンのみ。
*****
そういえばその原稿書きマシン、Acrobat 9を入れなおしたのだが、MDIにならない。あれ〜?とか思ったら、こんなふざけた話が。この解決方法、本気でこれで解決できると思っているのだろうか?

Webを見ているとAcrobat以外のReaderを使え、という声が結構あるが、すくなくとも今のところ、Readerを別に入れるつもりはない(例えば、最近雑誌の校正は大体PDFで飛んでくるので、これにチェックを入れて送り返すなんて事はReaderでは出来ない。あるいはWebの画面を印刷するのに、一度PDFに変換して、Acrobat上でちょっといじってから出力するとか。こうした事には結局Acrobatが要るので、更に例えばFoxit Readerを入れるのはむしろ煩雑なだけ。加えて言うと、Foxitって時々変な事になるので、メインマシンでは使いたくないというのもある。軽さが最重要のLoox SにはFoxitしかいれてないのだが)のだが、それにしても使いにくい。あと、Acrobat 8まではサムネイルを埋め込んでおくとサムネイル表示が高速に行えたのだが、Acrobat 9では埋め込んでも埋め込まなくても表示速度が殆ど変わらない。どーいう事なんだか。

こんなに酷くなる事が判っていれば、あと2〜3本Acrobat 8を買っておいたのだが...もうAcrobat 9しか買えないんだよなぁ(-_-;;)

投稿者 ohara : 09:00 | コメント (6) | トラックバック

2009年04月22日

だまされた

何気なくDELLのサイトを開く。
snap562.png
!!!

snap563.png
.....やられた。

投稿者 ohara : 23:19 | コメント (2) | トラックバック

2009年04月06日

渡米8日目〜帰国

朝2時前に起床。とりあえずもそもそと夕食?を頂く。

メインは再び

これで冷蔵庫内の食事はComplete。その後は帰り支度などをしつつ、原稿を書く。なんとか4本目を編集部に送ったあたりでTime Up。まぁ健闘したほうか?

9時前に、ホテルで最後の朝食を頂く。

がっつり。ちょっと食いすぎで、お陰で飛行機に乗るまで何も入らなかった。まぁ入らなくて構わないのだが。

帰りにGSでRefuelすると、たったの5.35Gal。普段だと10Galオーバーである。いかにToyotaが省燃費(つーか、いつものGMが大喰らい)かが実感できた。ちなみに$2.679/Galで、ガソリン代はたったの$15未満。一番高いときは$40だったからなぁ。

とりあえず何事も無く車を返し、何事もなくチェックイン。ラウンジでNWAのアクセスポイントに繋ぐと外と繋がってなく(なんでだ?)、T-mobleに繋いでギリギリまであれこれ。

さて、ボーディングすると色々変化が。機内誌などがNWからDeltaにロゴが変わってるし、Safety Instructionのビデオも新しいものになっていた。まぁ内容に大差はないが。それよりも変化があったのは食い物。

まずはアペタイザ

結構美味。

サラダはまぁあんまり変わらなかった。

ちなみにドレッシングはお断りして、いつもSalt&Pepperで頂いてます。

んでメインはチキンを頼んでみると

見かけはともかく大変に美味。ちなみにチキンにキノコのStuffingをして焼いたものに、キノコと根菜のソースをかけたもの。NWはBeef以外は地雷、という個人的体験を覆すに十分だった。

デザートのフルーツは...

ま、全部が全部変わるわけではないということで。

で、朝食は

これも大変に美味。

総じて、行きのメニューよりマシになった気がします。野菜が増えたのは嬉しい。

成田には定刻の30分ほど前に到着。そのまままっすぐ帰宅、即座に倒れこんで寝ましたとさ。

投稿者 ohara : 23:59 | コメント (1) | トラックバック

2009年04月04日

渡米7日目

朝3時ごろに起床。とりあえず朝飯というか夕飯というかは

メインディッシュは

これ、ginger garlic stir fry with chickenを捨てた代わりに急遽買ってきたもの。まぁ、値段(5つで$10!)を考えれば妥当な味だと思う。

その後、8時過ぎに食堂で朝食を頂く。

珍しくハム。

そのまま仕事をするが、昼時にたまには外に出ようということでThe Vietで汁なしフォー

右上の汁を掛けていただくのだが、いや結構美味でした。

引き続き仕事をしつつ、20時頃に就寝

投稿者 ohara : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月03日

渡米6日目

起きたら7時過ぎ。よく寝たのだが、なんか疲れが取れない。
とりあえず食堂で朝食を頂く。

卵とイモ

その後はずーっと部屋に閉じこもって原稿書き。昼食は15時頃に

メインディッシュは

まぁ、昨日の奴ほど酷くはない。食えば食えるというレベル。

その後も引き続き仕事をして、夕飯も食わずに寝てしまいましたとさ。

投稿者 ohara : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月02日

渡米5日目

朝3時過ぎに起床。まずは朝食というか、夕食というか。

メインは

だったのだが、このginger garlic stir fry with chickenが、信じられないくらいにまずい。甘い中にピリっと辛口という味付けなのだが、その甘さがなんというか、サテソース風といえば分かる人には分かるのか。これ、2つ買ってあったのだけど、1つは食べずに廃棄処分にすることを即座に決定。

その後原稿を書くが、まぁ終わらない。とりあえず7時ごろに食堂で

前がひどかっただけに、美味しく感じられました。

本日は基調講演の開始も遅いので、9時近くまでホテルで原稿を書き、それから会場へ。ぎりぎりまでプレスルームで原稿をまとめてから基調講演へ。その後はExpo会場を廻る。途中の昼食は

ま、最終日だしこんなもんでしょうな。

5時近くまで粘って、ホテルに戻り、ちょっと原稿を書いてから死亡。

投稿者 ohara : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月01日

渡米4日目

疲労困憊したらしく、起床は5時過ぎ。色々出かける準備をする。夕食というか朝飯というかを食べるのはタイミング的にアウトだったので一回パス。その分ホテルの朝飯はちょっとハイカロリー

だって腹減ってたんだもん。

9時前にプレスルーム入りし、その後基調講演を経て会場へ。大まかには昨日全部廻ったので、本日は重点的に特定のブースを廻る。

昼飯はやはり13時過ぎに

空腹は最高の調味料です。

ちなみにSJCCの二階には中庭というかバルコニーがあって、毎日ケータリングがいらっしゃる。

本日のメニューはチーズバーガーの模様。結構な値段らしいけど、まぁ他になければ、ねぇ。ちなみにここは喫煙可のエリアなので、煙草を吸いながらチーズバーガーにかぶりついてる皆様を見学しておりました。

本日はちょっと早く、16時半くらいに撤収を決め、戻る。もっとも疲労はまだ残っており、原稿その2の写真だけまとめて寝る。

投稿者 ohara : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

やっと公開されました

http://www.watch.impress.co.jp/headline/uocchi09/neko/

投稿者 ohara : 00:04 | コメント (1) | トラックバック

2009年03月31日

渡米3日目

確か2時過ぎに起床。とりあえず朝食だか昨日の夕食だかにあたるのは

ポットパイ。味はまぁ、許容範囲。それから色々やりつつ、シャワーを浴びてから7時過ぎに食堂で朝食

味は可も無く、不可も無く。

8時前には会場に入る。ホテルの部屋から会場のプレスルームまでほぼ30分といったところで、割と許容範囲。基調講演に続いてExpoがスタート。

これはExpoスタート直前の1Fの風景。私も撮影されたかもしれん。

とりあえず色々廻って、プレスルームに戻ってきたのは確か13時過ぎ。だいぶ昼食はなくなっていたが、とりあえずありつけました。

食えるだけシアワセ。

その後も何度か休憩を入れつつ、18時近くまで会場を廻ったあたりで体力切れ。ホテルに戻り、最低限のメンテだけして寝る。

投稿者 ohara : 23:29 | コメント (0) | トラックバック

渡米2日目

朝2時頃起床。メールの処理をしたり、いろいろ忙しい。
7時頃、ホテルの食堂に朝食をとりに行く。

ま、ふつーの朝食。

8時前にホテルを出て会場へ。Registrationを済ませてTech Sessionに参加するが、恐ろしく退屈な内容。おまけにMediaは「参加はしても良いけどTextはあげない」とか妙にケチな話になっている。午前中いっぱい粘って、ついでに会場の写真をいくつか撮ってから退散。ちなみに帰り際にガレージ手前で
「Ohayougozaimasu!」
とか言われて誰かと思ったら1月に日本で1to1やった某X社のDirectorだったw。お互いに「んで何でこんなところにいるんだ?」と馬鹿な挨拶をする。

ホテルに戻ってギリシャ料理店で昼食

ちょっと量が多かったけど、まぁ美味しかったです。その後、写真整理をして、原稿用のものを作成してから、寝る。今のうちに寝ておかないと、明日から寝られないしなぁ。

投稿者 ohara : 21:18 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月29日

渡米1日目

というわけで、ESCの取材で本日から渡米。

特に問題も無く出国手続きも済み、さてBording...と思ったら

のっけからこれかよ。仕方が無いのでNWのラウンジで時間つぶしていると、隣席のおっさんが音楽プレイヤーで聞いてる曲にあわせて小声で歌い始める(-_-;) すげーうるさい。

ちなみにアップグレードでビジネスを確保したのだが、席は結構あいてた。実際、行きは隣の席が空いた状態。夕食は

アペタイザに続き


メインはビーフ。ここまではまぁいいのだが


デザートのフルーツが恐ろしい。ビジネスでこれなんだから、エコノミーはさぞ凄まじかろう...


朝食はこんな感じ。まぁ贅沢は言うまい。

結局1時間強の遅れでアメリカ到着。まぁ入国は滞りなく済み(とはいえ、遅れたために入国審査がベタ混みだった)、Rental Car centerへ。何時ものAlamoなのだが、

あれぇ?のTOYOTA。いつもだとGMなのに。いろいろ影響があったらしい。

その後、いろいろ買い物をしてからHotelにCheck-in。ここでひと悶着。SmokingのPreferenceを付けて予約したが、Smoking Roomは満杯だといわれる。実際ここも今までSmokingだった部屋をかなりNon Smokingに替えた模様。結局押し問答の末、玄関を開けるとすぐに外、という部屋に変えてもらう。これなら台所で吸ってるのと、時間的にも気分的にも差はない。とはいえ、そろそろ海外取材はやめ時かもしれないなぁ、と思う。

んで、軽く昼寝をして、夕飯は買い込んでおいた

穴子巻(もどき)。

んで、ちょっと用事があって日本にSkypeで電話しようと思ったら

イヤホンが崩壊寸前。マイクはちゃんと動いたのでまぁ支障はなかったが。

あと、こっちのPre-Pay携帯、仕組みが変わったらしい。ChargeがExpireするのは知っていたが、ExpireするとSIMカードが無効になるとはしらなんだ。おかげでRe-Chargeの場合、新しいSIMカードを入れることになり、電話番号が変わってしまった。というわけで、私のUSの携帯電話の番号をご存知の方は下7桁を
307-6280
に変えてください(Area codeは一緒です)

投稿者 ohara : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月09日

だから

ネタにしたならしたと連絡よこせと言うに。

*****
私はライターの中では比較的ノートを持ち歩かない方で、国内の記者会見程度だと殆ど持ってかない。インタビューでも、例えば「この資料のこれだけど」みたいな話をするとき以外は、まず持っていかない。

というか、国内のライターはなんでそうみんなノート持ち歩きますか?まぁ自分の結婚式にThinkPad持ち込んだどっかのライターみたいな依存症ならしょうがないんだが。

なので、後藤さんほどには重量軽減のニーズが無いというか。あと、普段持ち歩くのはLifebook P8230なので、ロングバッテリーつけても1.2Kgちょい。これにカメラとICレコーダーを組みあせても、2Kg行かない程度。なので、この程度の時ははじめからバックパック使ってます。

ちなみに国内でストローラを使うのは、E-1を引っ張り出す必要がある真面目な取材の時が殆ど。もしくは取材の前後に何か大きいor重いものを買う予定があるとか。

あとストローラのオリジナルはというと、某I社で広報をやっておられたN氏。彼がSFかどっかで、バックパックと兼用になったストローラをごろごろ引っ張ってるのをみて、「あ、そのアイディア頂き」と自分も転がしてたら、なぜか後藤さんに感染。

ちなみに以前はColemanの巨大バックパックとか登山用リュックなんぞをよく使っていた(なんせそのままバイクに乗れて便利)のだが、肩こりがひどくなったので放棄。

というか、この写真みて「メディアプレイヤー2台いらないじゃん。マウスももっと小さいの使えばいいし、そうするともう少し重量へらせるぜ」と思うのは私だけだろうか?

投稿者 ohara : 21:07 | コメント (2) | トラックバック

2009年01月20日

早くも

前言訂正。

修理から帰ってきたこれ、確かにちゃんと映るようにはなったのだが、PnPで最大解像度が1680×1050とPCにレポートするようで、それ以上の解像度で全然表示されない。最初はキーボード切替器の問題か?とか思ったが、直接繋いでも、DVIではなくアナログで繋いでも変わらないし、OSとVistaとXP、グラフィックもnVIDIAとATIの両方試しても駄目だった。

で、修理窓口に電話して、再び本日修理センターに発送。

*****
代替機ないの?と一応は聞くが、この値段じゃああるまいて。実際なかった。で、また修理に1ヶ月掛かるのか?と聞くと、多分とのお答え。んなもん待ってられるかい。

仕方が無いので、これを発注。初めからこっちオーダーしとけばよかった。

教訓:安物はやっぱそれなり。

投稿者 ohara : 10:42 | コメント (0) | トラックバック

全く関係ない話ですが

これを読んでこれを思い出したのは私だけではあるまい(そうか?)

# すいませんねぇ、ネタが古くて。でもJames Blish大好きだったもんで。

投稿者 ohara : 03:41 | コメント (0) | トラックバック

2009年01月19日

Seagate祭りになってるようだが

各所でお祭りになってるようだが、リアルタイムで喰らった様子をちゃんとレポートしている(笑)ということに敬意を表してGIGAZINEさんの記事をリンクしておく。

まぁ今回のケースに関しては、Seagateやっちまったーという感じで。自力でファームの更新できるようなスキルのあるユーザーならばまぁいい(良くはないか?)のだろうけど、さもないとちょっと面倒かもねぇ。マシンが1台しかないとかいう場合も復旧は面倒そう。幸いウチには1台も無かった(Barracuda 7200.7とか7200.10は沢山転がってるのだけれど、7200.11とかBarracuda ES.2とかは1台もなし)ので実害はないのだけれど。

*****
んで、これで「Seagateはもう駄目だ」とか言う人も一杯出てくるのだろうけれど、個人的には「んなこと言ってたら買えるハードディスク無くなるがな」という感じで。例えば
IBM:大昔の200MB IDEはよく「カキーン、カキーン」といい音を立てていた。あとDeskStar、欧州の製造のものは静かかつ高性能という話だったのだが、同じモデルでも東南アジア製造のものは五月蝿いわ振動は多いわ性能は出ないわ、で大変だった。
WD:昔の100MBだか200MBの奴。製造過程でグリスが多く入っちゃったとかで、寒い日は暖気運転しないとスピンアップしなかった。
Maxtor:3.5GBとか4.3GBの頃の奴が結構相次いで死んだ。
Quantum:1080MB品が死んだときには泣いたなぁ。他にもFireballでも色々...
Seagate:Barracudaはともかく、Medalistとか更にその前のモデル名がない頃にいろいろひどい目に...
Micropolis:夏場になると死亡。
JTS:ネタで買おうとしたら、Fry'sの店員に「絶対にやめろ」と止められ、買えなかった(笑)

ということで、どこのベンダーでもまぁ地雷の時期というものはあるものです。最近は、ベンチマーク用にはHGSTのDeskstar、個人で利用にはWDのGreenシリーズかな?別にSeagateも7200.7→7200.10と続けて買っていたので、そろそろ別のメーカーにするかと思っただけの話で、別にSeagateを嫌う理由が何かあったわけではない。
*****
んで話を戻すと、問題はこれをどう収束させるかだよなぁ、と思う。結構影響範囲は広そうだ。
*****
この記事を読んでいて、1年前の戯言を思い出す。そだよね、最小構成はワンチップにしたいのだから、CCとSCは一体化したほうが賢明だよね。

んでFlexIOは正直「?」。そもそもFlexIOはRAMBUSの商品として既に商標が登録されている(から、同名の別の規格っつーことはないだろう)もので、1レーンあたり最大で8GT/s引っ張れる(PCIe Gen3とほぼ同じ転送速度になる)。76.8GT/secということは、4.8GHz×16bitあたりか。でもこれはHyperTransport Linkとは何の互換性もない。論理層としてHTのプロトコルを使うということかな?ただチップの数が1〜4個とスケーラブルに変わるとなると、Masterと各SlaveをPoint to Pointで接続すると配線が困難になる&ルーティングが面倒になるから、やっぱり戯言で書いたようにRing Busにするほうがいいような気もする。まぁその場合、ボードの設計次第で配線の長さがかなり変動するから、等長配線が必要ないFlexIOは有利といえば有利か。というか、FlexPhaseで静的/動的なスキューを吸収するのがFlexIOの最大の利点だもんな。とはいえ、あるか無いかで言えば無い方に一票。まだHyperTransport 3.0を載せるというほうが判る気がする。ただHTだとRing Busを構成するトポロジーが許されてないのがなぁ。

まぁ、もう少し情報が出てこないとなんとも言えないなぁ。

投稿者 ohara : 05:18 | コメント (0) | トラックバック

2009年01月11日

現在

スーパーあずさにのって帰省先(松本)から東京に戻る途中。

おもいっきり電車の中なのに問題なく接続できるb-mobile 3Gはすばらしいと思う。

# まぁさすがに帰省先で数十MBのZIPファイルをいくつかダウンロードした際は、Webアクセラレータがぜんぜん利かなかったので数十KB/secのだらしない速度だったが。

*****

おまけその1:往路のあずさの中から。


おまけその2:帰省先の今朝(っつーか、昼過ぎ)の風景。雪があんまり降らなかったのは幸い。でも気温は0℃程度。本日松本は 飴の市で賑わっていたのだが、昼過ぎまで爆睡こいてたんで、無関係。

*****
(帰宅後に追記)でもやっぱりトンネルには勝てない>b-mobile 3G。まぁどーしよーもないわな。

投稿者 ohara : 20:40 | コメント (0) | トラックバック

2009年01月01日

何か毎年恒例ですが

あけてません>年(苦笑)

# 1/5までにはあける筈....なんだが。

*****
今年は諸般の事情により、新年スペシャルのロードマップはありません。
(そんなにいらっしゃるとは思えないのですが)もし楽しみにしていた方がいらっしゃったら申し訳ありません。

# 諸般の事情:某記事の〆切が押しているのが最大のものなのですが、ほかにもいくつか書けない話が...

あ、着々と進行中です>某編集様

投稿者 ohara : 00:32 | コメント (2) | トラックバック

2008年12月31日

この暮れも迫った時期になって

電源が死ぬ。

...どーせならもうちょい早く死んでくれれば不燃ごみ出しに間に合ったのに...

スペアの電源があったので、とりあえずテストはつつがなく終了。あとはデータ処理と原稿書きだけだ。

それにしても、やっぱ安い電源はだめだなぁ。

投稿者 ohara : 08:58 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月19日

Theクラッシュ! (というほどのものでもない)

全景

部分拡大

さらに拡大

なぜかブートしなくなって、「あれ〜?」とか思ったらこの有様。不幸なことに(?)これは私物のP5E。借り物のX48マザーは問題なく動作しております>機材貸し出し頂いている某編集部様

しかしなー。昔ならここで「ピンを自分で直す」とか言うのだが、老眼の身ではもはや無理。「自分で直すからよこせ」というマニアな奴も身近には居らんので廃棄処分決定。LGA1366マザーも買わねばいかんのに、LGA775マザーまで買いなおしか...
*****
Avast!の誤検出がちょっと憂鬱。
snap277.png
ちがうっつーの。一応レポートは書いて送ったけど、まだ訂正されず。ま、いまんとこ問題はこれだけなんだけど。

投稿者 ohara : 18:20 | コメント (5) | トラックバック

2008年11月03日

土曜の朝に

入稿した原稿、未だ掲載されず(-_-メ)

3時間半遅れで掲載

投稿者 ohara : 17:26 | コメント (5) | トラックバック

2008年10月01日

山越え

またもや物理的に山越え。

9/27、9:00に談合坂SAで集合、の筈がまたもや遅刻者約一名。長坂ICまで軽く巡航してから下道に。
P1000574.JPG
途中昼飯を喰った時のメンバー。右からCBR1100XX Turbo、KTM 530、ZZR11、ZZR1400、Savage 650、一番左が明らかにパワー不足なVolty。

そこから目的地までが、もう何がなんだかというコースをひたすら突っ走る。んで、旧国道300号台となると、道というよりはスーパー林道に近い(最近は舗装路がだいぶ増えたし)。まぁバイクで突っ走るには楽しい道なのだが、下りはともかく上りがついていかない。上り勾配のきついタイトコーナーだと立ち上がり3速だと加速せず、2速だと吹けきってオーバーレブ気味。やぱしリッターバイクに250ccでついてくのが無謀か?
# これが下りだと3速でも加速してくれるので、あまり問題はない。

で、宿にたどり着く直前に休憩した道には、こんな標識が。

無印良品のキャンプ場なんて存在を知りませんでした。

何とか16時頃には宿に入り、関西組や車組と合流して10人の集団に。とりあえず温泉につかってから夕飯など頂き、その後は真夜中まで宴会。

夕飯は「肉料理・パエリャディナー」コースということで、パエリャ。

翌朝は10時頃出発、高山を目指す。んで、高山の国八食堂で、当然ホルモン焼きと豆腐ステーキ。

これはホルモン焼き3人前+豆腐1人前、定食セット3人前。合計\2,400ナリ。

ここで関西組や車組は解散。関東組のうち1人は、4:30AMに気温0.3℃の中を単独で戻ったので、残る5人は松本へ...の筈が、先導がナビの設定を間違えてたようで、途中で塩尻に向かっていることが発覚。そこで帰宅組と別れて単独松本市へ向かい、(奥様の)実家で一泊。

翌日(9/29)は朝から雨。まぁ雨天装備は当然用意しているので問題はなし。ただ流石に下道を走る気にはならず、素直に松本ICから長野道→中央道と繋いで、14時前には首都高に入る。....が、そこから大渋滞。C1まで行き着くのに軽く30分以上かかりそうだったので諦め、外苑前で降りてホタホタと外苑西通り経由で帰宅。走行距離は750Km弱でありました。

一番良いときの燃費は28Km/Lだった(やっぱり開田高原のあたりは気温が低いためか、効率が良かったようで)。山道を1〜3速でアクセルフルオープンとかしてた割りには良い数字。ただし高速を走ると23Km/Lそこそこというのは、やぱし色々無理があるのか。FinalのDrivenの歯数を1つ落とせば、すこしは改善するかしらん?というか、バイクに無理があるのか。もう少し楽なバイクにすべきなのだろうか?悩む。

投稿者 ohara : 21:14 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月25日

渡米8日目→帰国

なんかちゃんと寝付けないまま朝8時過ぎ。撤収準備をして、Checkout。

ところで今回の出張は色々と空回りがひどかった。X32のACアダプタを忘れた事を皮切りに
・2日目、どこかにレイバンを置き忘れて紛失。
・そもそも借りた車が大外れ。
・SFのホテルが微妙に外れ。
と色々ついてない。車が大外れというのは、

・あちこち動きが変。例えば室内照明の輝度つまみを回すといきなり照明が全部切れる。
・給油口がぐらぐらしており、タンクキャップがちゃんと閉まらない。
・エアコンの噴出し口とコンパネが微妙にずれている。
・キーの電池が切れ掛かりで、手動でロックが必要。
・ちょっとスピードをだすと軽くスネーキングする。
・燃費が異様にひどい。6日目にサンノゼで給油後
* SJ→280経由SF(6日目)
* SF→Treasure Island経由(笑)SFO→San Bruno→280経由SJ→101経由South SF(7日目昼)
* South SF→280経由Mtn View→280経由South SF(7日目夜)
という行程でタンク残量が1/4に。普通のEconomyの半分程度しか走らない

なんて感じで、「事故車?」と疑いたくなる代物。まぁAlamoの場合、車を自分自身で選べるから、選んだ私が悪いという事で。

ホテルは、確かに安くてネットワークも速く、会場にも近くて便利なのだけど、
・コンセントにケーブルを刺すとコンセントが壁にめり込む(!)
・LANの口が出ているパネルと机が1cm位しか隙間が無く、しかも配置の関係上机を移動できない。
・エアコンはついているのだが、冷やすほうの能力しかない(ヒーターほしかった)
というあたり。まぁ致命的な問題ではないけど。

ということで、何となくうまく行って無い感じではあったのだが、最終日にまとめてどーん。

*****
さてCheckout後に給油してから車を返却。Rental Car Center→SFOのAir Trainの中で、Jeffにばったり。「あれ?どこ行くの?」「大阪でCustomer Meeting。んで一泊してから東京に移動して別のCustomer Meetingやって、戻りが金曜」。IDF直後だというのにお疲れである。

空港でチェックインするも、Upgradeは出来ず、Economyのまま。それもあってか、預け入れ荷物の重量がオーバーだと言われる。3lbだけ減らせばOKということで、あわてて荷物をいくつか移し変える。(このあたり、Businessだと大目に見てくれるのだが...)
んで、朝飯にチーズバーガーなどを頂き(後述の理由で写真なし)、セキュリティチェックを受けてからラウンジへ。その後、若干のお土産を調達してからゲートそばで荷物の移し変えをしていると、急にカウンターに呼ばれる。案の定BusinessへUpgrade。ラッキーとか思ってそのまま搭乗した後で
「F-30とZenを入れたポシェットが無い」
要するにチェックイン直前、荷物を移し変えてた時に入れ忘れたのが明白。あわてて事情を話し、機外に出て探しに行くが、残ってない(まぁ当然だわなぁ)。その時点で出発まで10分少々だから、盗難届なんぞ出す暇がない(=盗難保険が利かない)。結局あきらめてそのまま出発。

チェックインの時にアップグレードが確定してれば荷物の移し変えがなかった分、土産をバックに詰めるのに一度中身を全部引っ張りだす必要がなかっただろうし、エコノミーのままなら搭乗までかなり時間があったから忘れずに詰められたと思う。実になんというか、うまく廻ってなかった感じ。結局
TargusのACアダプタ
レイバン(たしか$100くらい)
Finepix F-30(もう売って無いんだよなぁ...)
Creative Zen 16GB
と合計7〜8万ほど無駄にした計算。なんだろうこのうまく廻らなさ加減は?

ちなみに帰りはそんなわけで落ち込みつつ、それでもビジネスとあってまぁ手足を伸ばしてゆっくり寝て帰ってきました。

そんなわけで食事の写真はなし。
*****
本日の記録:7849歩/1511歩/254Kcal/4.83Km

投稿者 ohara : 16:33 | コメント (2) | トラックバック

2008年08月23日

渡米7日目

朝8時起床。寝すぎで頭が痛い。とりあえず10時のチェックアウトを目指し、あわてて撤収。それでも9時半にはなんとか片付いたので、チェックアウト。
ホテルまでやってきた弟子1号を積載し、ついで別ホテルに滞留中の某氏を拾い上げて、SFOへ...向かった筈なのに、なぜかTreasure Island経由(爆)。いやうっかり80 Eastに向かってしまい、Treasure IslandでUターン。まぁそれほど時間ロスはなく、10時ちょい過ぎに無事某氏をSFOにDrop off。

「朝飯どうする?」「ダイナーズか何かでハンバーガーが食べたいです」Macのハンバーガーとダイナーズのハンバーガーの違いを力説する弟子。んなもん力説されてもなぁ。

まぁSan BrunoのShopping Mallに何かあったなぁ、と思って移動するものの、まだ開店前。仕方ないので

バーキンの朝メニュー。全然2軍の事を笑えない。

で、朝食をとりながら雑談をしていて、買うべきものがあることに気づき、Stevens CreekのBest Buyへ。Public Parkingが全然空いておらず、ちょっと駐車に苦労するが、なんとか止めて280ドルほどお買い物。いきなり荷物が増える。さらに「まあ念のため」とFry'sに移動したら、HD DVDタイトルが$9.99/個の投売り状態。いきなり山と買い込む弟子。「いやー、来てよかったです」最初はFry'sなんて用事ないですとか言ってたくせに。

買い物も終わり、South SFへ。なつかしのイタリアレストランに入ったは良いが、どれが問題のメニューだったか完全に忘れる。とりあえず頼んだら

普通のフィットチーネでした。いや、おいしかったんだけど。

その後、弟子を一旦ホテルに落とし、私もチェックイン。写真整理などしてから、再び外出。目的地はHi Chiang Dumpling House18:30集合とかだったのだが、いろいろあって出たの18:10過ぎ。しかも280も程良く混んでいて、結局約30分遅れで到着。

到着時にはすでにこの有様。それでもいくつか追加を頼んで20時過ぎまで雑談など。ここで某1軍が記録すべき名言「工場の煙」(*)を吐き、全員がのけぞる。

その後、弟子と欠食児童を連れて再びSouth SFへ。それぞれホテルとBART Stationに落とし、21時過ぎにホテルに戻る。
*****
本日の記録:6620歩/3229歩/248Kcal/4.50Km
*****
(*) 正確には「王様」の「湖上の煙」

投稿者 ohara : 18:42 | コメント (0) | トラックバック

渡米6日目

朝6時ちょっと前に起床。もうカラダが言う事効かない。
ちなみに今年のSFは異常気象で朝晩が寒い。具体的には

朝の風景。

本日チェックアウトの2軍の荷物を部屋に運び込んでから出撃。朝食は

てな感じ。

本日はWozの基調講演を皮切りに半日のスケジュール。ただ相変わらずShowcaseが閉まるまで目一杯廻ることに。14時前に開放されて「昼飯どうする?」「えーと」

またもやKing of Thai Noodle。向いでは

パッタイもどきを食べる2軍。

食事後はホテルに戻り、2軍の荷物を車に積んでホテルへ。途中、またもやPet Food Expressに寄り、Zigga君にご挨拶。猫タワーの上で寝ているZigga君にちょっかいだして嫌がられる2軍。だからうずにも嫌われるんだっつーの。

さて、2軍をサンノゼで落としたのが15時過ぎ。17時にSFに戻るのは楽勝だと思ったら、道を間違えて280に入るまで30分掛かる&帰宅ラッシュで280→80あたりで大渋滞とあり、ホテルに車を突っ込んだのが17:30ちょいすぎ。I社A氏に電話を入れるも「もう移動を始めています」と聞いて、夕飯に参加を放棄。なんせタクシー待ちがすでに長蛇の列だったし。まぁ何か食べに行こう...と思いつつ、部屋に戻ったらそのまま落ちてしまう。というわけで、夕飯抜き。
*****
本日の記録:8512歩/2230歩/287Kcal/5.34Km

投稿者 ohara : 18:37 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月21日

渡米5日目

朝5時起床。メールチェックしてすぐに出撃。朝飯は多少改善されており

芋とフルーツ。

本日も基調講演が超長く、さらに午後はラウンドが色々入って凄まじく忙しい。まぁその合間を縫って

イタリアンっぽいランチ。

この日もShowcaseに時間ぎりぎりまで居て、夕飯はまたまた何時ものタイ料理店でグリーンカレー(写真なし)。なんかもう毎日こんな感じ。ホテルに戻り、やっぱり撮影データのバックアップと充電を仕掛けてほぼ即死。
*****
本日の記録:11156歩/4668歩/400Kcal/7.34Km

投稿者 ohara : 13:38 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月20日

渡米4日目

午前4時起床。調子わるし。とりあえずメールの処理だけしてからシャワーを浴びて会場へ。

これ以外は甘いものばっかり、という朝飯。フルーツすらないのが悲しい。

基調講演2本の合間にセッションやら飛び込みRoundやら正規のRoundやら、と忙しい。それでも合間を縫って何とか

Box Lunch。味はもう言うまい。食べられるだけ幸せである。

結局20時あたりまでShowcaseを廻り、夕飯はまたもや何時ものタイ料理店でパッタイ(写真忘れました)。ホテルに戻り、撮影データのバックアップと充電だけ仕掛けて沈没。
*****
本日の記録:10213歩/3903歩/367Kcal/6.67Km

投稿者 ohara : 22:13 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月19日

渡米3日目

朝6時過ぎに起床。メールをチェックしたり、いくつか記事を探したり。8時過ぎにホテルを出て、とりあえず会場そばで

朝飯。私の向かいでは「カロリー補給」とか言いながら、チョコバナナスムージーかなんかを飲んでる奴が。

9時過ぎにRegistration。相変わらずバッグが無駄にでかい。で、Mariottに移動してPress Conference待ち。

午前中3セッションは無難にすごす。えー...もう少し、新しい話が欲しかったです。

昼飯は会場で

限りなくアスパラ定食。

午後のセッションがいろいろ延期になり、Mariottの外でタバコを吸いながら雑談。その後某所に向かったら、予定が違うという(8/18にお願いしていたら、8/19にSlotが入ってるとか)。しゃあないので、夕方の某氏Slotに乱入することにして、一度ホテルに戻り荷物を片付け、もう一度夕方に某所へ。某台湾の人(笑)と某編集M氏、某2軍氏という面子でミーティング2本。なぜか某2軍氏は2本目に出てこず、かつ2本目は予定をだいぶオーバー。帰り道で「何か食べましょう」ということで、昨日と同じタイ料理店でShrimp Fried Rice(写真忘れました)。ホテルに戻ったら19時半過ぎ。そのまま沈没。
*****
本日の記録:8945歩/4327歩/312Kcal/5.78Km

投稿者 ohara : 21:43 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月18日

渡米2日目

朝8時過ぎに起床。とりあえず出発準備をしながら、ぐだぐだ。「どうせ10:00に行けば十分だろう」とか思っていたが、何気なくNWAの到着案内を見たら、9:20にすでに到着済とか。あわてて9:40過ぎにチェックアウト。SFOのArrivalに行ってみると、某2軍氏がタバコ吸ってました。なんでもOverbookingでBusinessにUpgrade出来たとか。そりゃああんた...

というわけで2軍氏をPickup。「どこに行きたい?」「猫用品の店に」というわけで、Petfood Expressへ。

今日はZigga君起きてました。

さらにその後Petcoに回ってお昼過ぎ。「何食べたい」「肉」お前、来る途中のフライトでも肉食ったんじゃないのかよ?まぁそういうことなら、と前から所在は知っていたものの、入ったことのないSteak Houseにつれてゆく。

私はTurkey a la king。付け合せはマッシュルーム。パンは結局2軍氏に。


2軍氏はRib Steak。満足したらしい。

かなり満腹になったものの、まだCheckinにはちょい早いので、別のFood Courtに移動して、屋外でタバコすいつつ

Blackbirdを眺めながら雑談。

14時過ぎにSFに向かって移動開始。そこそこ道路も混んでいて、割といい時間にホテルに入る。チェックインも無事に済み、ネットワークもOK。ちなみにIDFのHotel Listによれば$209/dayなのだが、直接申し込んだら$159/dayだった。もちろんSmoking。Check-inの際にSmoking Preferenceを確認されたので、"Smoking is most important thing"だと力説したら笑われた。ネットワークは$12.95/dayか$44.95/weekのどちらか。まぁweekで契約する。スピードはまぁまぁ。今のところぶちぶち切れたりしないので、安心感はある。

荷物を置いて一段落したので、一応Mosconeの写真なんぞ撮りに出かける。

トランペットを欲しがる黒人の子供の図(ややカラーミスマッチあり)

まだ会場には入れないので、写真だけとってから部屋に戻り、そのまま昼寝。....と、欠食児童の電話で起こされる。「夕飯食べに行きましょう」。おまえさっき某塩の人たちと昼飯食ったんじゃないのかよ?さすが不屈の食欲。Food courtに行くものの、ちょっと遅かったようでほとんど閉店。結局何時ものタイ料理店で

Seafood Noodle Soup。かろうじて入った。

で、満腹してホテルに戻ったら、某塩の人からメッセンジャー。「ご飯食べました?」「うん、今食った」タイミング悪かったっすね。

ということで、本日も食いすぎです。
*****
本日の記録:7059歩/1284歩/231Kcal/4.36Km

投稿者 ohara : 13:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月17日

渡米初日

そんなわけで、何時もの様に山手線経由で日暮里。スカイライナーの予約が満席だったので、窓口で取ろうとしたら「特急のほうが先に着きます」というわけで、特急で。フライトは16:15出発の筈が、いつの間にか定刻15:55とかになってる。が、実際には16:00過ぎても「最後のお客様をお迎えしています」とかで、全然変わらないのだった。

機内食は

アペタイザ


メイン。鉄板メニュー(外れがない。もっとも当たりとも言いがたいが)のビーフテンダーロイン


デザート

などをいただき終わって即爆睡。朝飯だと起こされるまで、よく寝てました。

朝飯

とりあえず何事もなくアメリカ到着。着陸が9:43、入国審査一番乗り&Priority Tagのおかげで、ロビーに出たのは10:05くらい。荷物の入れ替えをしてからRentel Car Pickupに向かうと、なんか長蛇の列。結局Pickupは11:00過ぎであった。

Check-inが15:00なので、いろいろ買い物とか猫分補給とか。珍しくFRY'sで何も買わずに終わる。いやLexarの8GB CF(Pro)が$80とかだったので、買ってもいいかなと思ったら在庫切れ(その後Best Buyで$240とかの値札をみて驚愕)。Zigga君は今日も寝てたけど、ウィンドウのそばの猫タワー頂上で気持ちよさそうだったので触らずに退散。

で、頼まれ物を探すものの、どこにもない。久々にOSHやらHome Depotまで回った結果「ありません」。こーいうのも珍しい。

で、さすがに腹が減ったので、Boston Marketで

Quarter Chicken。Dill Potatoは必須(謎)

さて、チェックインは問題なかったのだが、部屋に入って荷物を広げて初めてX32のACアダプタを持って来忘れた事が発覚。さすがにも〜一度FRY'sに行くのはしんどいので、BEST BUYの近場を探したところ、Colmaが最寄らしい。片道30分ほど掛け、久々にGateway Ave.を走る。なんか途中で道をロストしたり(勘で方向だけ決めて走ったらちゃんと着いた)、いきなり墓地に突っ込んだり(墓地を抜けた丘にあった)立体駐車場が工事中でParkingが椅子取りゲームになってたり(10分ほど回った後で、タッチの差で駐車成功)したが、まぁ無事に到着。で、当然ながら純正なんぞ置いてなく、TargasのUniversalがあるのみ。店員捕まえて「サポート製品一覧表ないのか?」と聞くと、そんなものはないという答え。まぁ仕方がないので、これでだめならもう一度サンノゼに向かう覚悟で購入。ちなみに$104。高いぞ。

さて、戻ってパッケージを開けてみると、ちゃんと対応一覧表があり、X32もサポートされている。よかった、サンノゼにもう一度行かずにすんだ(笑)

ということで、安心してちょっと昼寝。19時過ぎに起きて、夕食はホテルのレストランで。軽くスープとサンドイッチ、とか思ったら

クラムチャウダー。これだけでほとんど満腹。


Vegitalian Sandwitch。半分でいい。あとポテト要らん。

つーわけで、食いすぎです。

そうそう、本日は空港そばのHilton Innに泊まったのだが、あらかじめSafewayで3リットルの水を買い込んでCheck-inしたら、サービスで500mlボトルを2本貰いました(爆)

なんか今回はやることが空回りしまくりな予感...
*****
本日の記録:12623歩/3261歩/424Kcal/7.89Km

投稿者 ohara : 13:34 | コメント (6) | トラックバック

2008年06月16日

くそう

X32がFan Errorとかでいきなり死んでしまった(T_T)

# 辛うじて24時前になんとかホテルにチェックインできて最初の出来事がこれだもんなぁ...

投稿者 ohara : 12:59 | コメント (4) | トラックバック

2008年06月04日

速攻で

買いました。
DSCF7511.jpg

ちなみにT-Zone DIYショップ。開店15分前から待っていたら、10分前に同業者の某ライターが、やはりAtom狙いでひょっこりやってくる。そのうちもう一人、やはりAtom狙いの人がやってきて、3人で待っていると5分ほど前に店員さん登場。
「普通の開店待ちですか?Atomですか」
...すげー質問だが、まぁ適切ではある。Atomと答えると
「入荷4個なので皆様の分は大丈夫です」

ということで、開店直後に在庫は1個になった模様。多分昼まで持たなかっただろうな。

投稿者 ohara : 12:22 | コメント (4) | トラックバック

2008年04月17日

渡米3日目

一言だけ。「斜め上過ぎ」。

# 「何が」は差しさわりがありすぎるので、内緒。

備忘録: 7788歩/1039歩/248cal/4.72Km

投稿者 ohara : 10:07 | コメント (4) | トラックバック

2008年04月13日

とりあえず(渡米0日目)

今は成田のNWのラウンジで休憩中。

中途半端に時間が余った&Bording Gate周辺が大混雑なので、時間まで避難ちう。
*****
というわけで、特に問題もなくBoarding。Ticketには4:00PM出発、電光掲示板は3:40PM出発になっていて、結局ドアが閉まったのは4:00PM過ぎであった。まぁそんなもんであろう。
備忘録:飛行機出発まで 6157歩/1388歩/200Kcal/3.80Km

*****
夕食はアペタイザ
DSCF6837.JPG
に続き、メインは鉄板メニューの
DSCF6839.JPG
ビーフステーキをお願いしする。鉄板といっても、「美味しい」鉄板でなく「不味くない」鉄板なのがなんとも。ちなみにチキンは(隣席が選んでいたが)いつもの通りだったもよう。帰りはシュリンプにしてみよう。

朝食はまぁ
DSCF6840.JPG
な感じで。
*****
特に問題もなく9時過ぎにSFO到着。通関後、タバコをすいつつ荷物をまとめてレンタカーをPickup。いつものAlamoのにーちゃんで、頼んでも無いのにMidsizeにしてくれた。
DSCF6867.JPG

さて、何時も通り買い物などを。といっても、あんまり食指の沸くものはなし。Petcoでは結局何も買わず。Fry'sでD-LinkのDGL-4300が$100切ってたので購入。これ、ACアダプタが非常に小さいので、持ち運びに便利。これでLinksysのTravel Routerは引退だな。

# Travel Routerも悪くないのだが、有線LANが100Mbpsなので、ノート同士を繋いでMaxVistaとかファイル転送やろうとするとつらくて..DGL-4300は当然GbE

で、SunnyvareのFRY'sの駐車場の目の前に
DSCF6842.JPG
ここ、前なにあったっけか?Tridentはもうちょい脇だった筈なので、それではないと思うのだが。

その後は何時も通りPetfood Expressへ。Zigga君もお元気。
DSCF6846.JPG
別に彼の値段が$139.99な訳ではない。

で、よく見ると

マニキュア?と思ったら爪カバーでした。でも彼は爪出さないと思うのだが。

さて、ついでに食料を買い込んで、ホテルに向かうと「まだ準備ができてない」とチェックイン拒否。いやまぁ正規のCheckinが15:00なのは知ってるけど、いつも入れてくれたジャン。流石に炎天下の車の中に冷凍食品を放置する気にならないので(助手席に置いて、クーラーの風をあてまくっていた)、仕方なく会場へ。あそこだとPublic Parkingが地下だから何とかなるだろう。で、車を突っ込んで、ついでにRegistrationを...とか思ったら「2:30まで待て」。結局30分ほどぼ〜っと待ってからRegistrationを済ませ、Badge貰って出てくる。Badge作成開始から出力まで5分以上機械が考え込んでるんですが....明日からの混乱が目に見えそうだ。
3時になったので、HotelでCheckin。荷物をとりあえず片付けて、昼飯はクスクスでも...とか思ったら、
DSCF6869.JPG
なんか3軒ほど、ドアのガラスが破られて、こんな具合にベニヤ板が張ってある。何があった?まぁ日曜の3時とあって、閉まってる店多し。結局Carls Jr.でチキンバーガーかなんかを食し、部屋に戻って沈没。

備忘録:現地到着から 7073歩/1765歩/234cal/4.44Km

投稿者 ohara : 14:44 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月12日

本当かどうかはともかく

こーいう話が出ている。出典がFudzillaっつーあたりがちょっとアレだが。

で、ここでも書いた通り、Phenomは待機時の消費電力が妙に多い。BIUに大差ないとすると(これも実はHT3対応で大きく変わってる可能性が無いとは言えない)、最大の差はL3 Cacheということになる。なので、もしPropusがL3なしだとすると、待機時の消費電力が15W位落ちても不思議ではない。

もっとも45nm SOIに移行するタイミングで内部の設計がやり直されていてほしいと願っているので、これが実現していれば、L3はそれほど大きなファクターとはならないかもしれないが。

*****
今年は出張スケジュールが重なりまくり。

ESC SJの裏でCool Chipsが被ってた(T_T)事が昨日発覚。結構惜しかったけど、20日まで日本に戻れないのでもうどうしようもない。
*****
6月も凄い事になってて頭痛いのだが、8月もえらいことに。IDFとHot Chips/Hot Interconnectに加えてこんなものまで。これ、ものすごく行きたいけど、そうなると8月を全部アメリカで暮らす事になりかねない。さすがにそれはちょっとアレすぎる。

....はっ! IDF止めればいいのでは(殴

投稿者 ohara : 06:08 | コメント (4) | トラックバック

2008年01月05日

R700の構造を推定する

といっても、何か確たる情報があるとかいう話ではなく、モジュール構造というあたりから推定というか、技術的可能性をつらつら考えてるだけなんですが。

あと、こーいうところに書いてると「原稿にしろ」と編集氏に怒られそうな気もしますが、まぁいいや(笑)

まず、コンポーネントは大きく2つ。便宜上Shader Coreと名づけてますが
R700_Fig01.png
こんな具合にメモリコントローラとShaderのみを搭載したコアがあるだろう、と。それとControl Coreと名づけてますが
R700_Fig02.png
こんな具合に、Shaderへの命令発行とか(書いてませんがAvivoなどのアクセラレータ)、PCIeのI/FやDVI/HDMI/DisplayPortのI/F、恐らくHDCPなんかも統合したコアが別にあるだろう、と。

で、ローエンドは本当に
R700_Fig03.png
こんな具合に最小構成。メインストリームは
R700_Fig04.png
と、2ないし4つのShader Coreを持つ構成。ハイエンドで
R700_Fig05.png
8コアとか、ひょっとするともっと多いこともありえるでしょうね。12とか。

で、Shader CoreがどのくらいのShaderを持つかというのは、実はRing Busの幅で決まりそう。この構成だと、Ring Busの幅×4のピンが必要になるわけで、例えば128bit Busにするとそれだけで512pin。Pad Limitを考えると、これは結構なダイサイズ(4mm角じゃ効かないでしょうねぇ)になるので、ちょっと無駄が多すぎ。ですから、バス幅は片方向64bit程度に減るか、と。これだと×4でも256本ですし。バス幅が減った分は、転送速度の向上でカバーする方向で考えれば良いでしょう。これで、SCのサイズを3mm角前後(ダイサイズにして10平方mm前後)に抑え切れれば、バリュー向けとか将来のCPUへの統合にも十分対応できるでしょう。性能面では、例えば8個の構成で各SCが40のShaderを持てば、合計320でRADEON HD 3870と同等。で、各SCが64bit幅(GDDR×2)のメモリI/Fを持つと、合計で512bit幅になって、性能次第ではRADEON HD 3870を上回れるか、と。プロセスが本当に45nmまで入ったら、もっと沢山シェーダーが入りそうです。

この方式だと、チップそのものはかなり肥大化するんでしょうけど、SCとCCが分離していて、各々のダイサイズはそれほど大きくないから、Yieldはかなり高いでしょう。ターゲットにあわせたラインナップも作りやすいですし。

とりあえずロードマップ原稿を書いたときには、こんな構造が頭の中にあった、という話です。本当かどうかは知りません(笑)

投稿者 ohara : 13:10 | コメント (4) | トラックバック

2008年01月01日

あけまして

おめでとうございます。

毎年、新年の抱負を「今年こそ楽してウハウハ」にしてるんですが、未だに実現できていません。今年は何とか実現したいものです。
*****
で、新年明けて最初にやったことがPCMark Vantageを掛けることだったりするあたりが、のっけから抱負に逆行しているという気が...
*****
一時期は失業率が10%を越えていたのが、瞬く間に解消。確かにこれってA列車みたいで楽しいかもしれない。
*****
中央道もチェーン規制。バイク便はやっぱり無理だったか(謎)

投稿者 ohara : 05:22 | コメント (8) | トラックバック

2007年12月31日

緊急募集(ぬこ)

私の猫師匠にあたるあおぞらさんによる、ぬこの里親緊急募集です。

ぬことの生活を夢見る方 or ぬこの数を増やしたい奇特な方、ぜひ宜しくおねがいいたします。

# 5月末がタイムリミットです。→現在何匹かが一時的に病院に保護されていますが、いつまでもお願いするわけにもいかないようです。→まだ数匹、行く先が無いために病院に残っています。

# この記事はしばらくトップに掲載し続けます。

投稿者 ohara : 23:59 | コメント (1) | トラックバック

2007年12月30日

まだ

仕事が終わりません(T_T)

# 秋葉原に行かなきゃいかんのだが....年内にいけるだろうか....

昨日16時に奇跡的に脱稿。あとは宜しくお願いします>編集部様

*****
で、本年度の仕事は終わったにも関わらず、まだ私の横でベンチマークが廻ってる罠。年末年始も廻りっぱなしだろうなぁ。これ。
*****
失業率がえらいことに(笑)
*****
DSCF6129.JPG
邪魔以外のなにものでもない。
*****
某コンテストに参加した構成
20071231_01.png
最初は1600MHz FSBだったのだが、あまりに安定しないために1500MHzにクロックダウン。GPUにはRADEON HD 3870。で、
20071231_02.png
対戦成績がこんな感じ。3.60GHzになってるのは1600MHz FSBの時に入力したから。さーて、どうなったやら。
*****
やってみた。

里見京子と大原雄介の間に肉体関係はまだない。
大原雄介は、cpuについて何かを掴んでいるいるらしい。
大原月子によると、大原雄介は「一言でいって執筆」らしい。
レポートについて調べると、必ず大原雄介に行き当たる。
大原雄介の謎をとく鍵、それはpc、ネコ、ページ、所長、特集。
大原雄介は修美智留とつながっている。
永井一郎は大原雄介に特別な感情を抱いていたらしい。
大原雄介について聞くと、平井道子は堅く口を閉ざした。
大原雄介と花形恵子が、なにやら親しく話しているところを目撃したという証言がある。
大原雄介は、猫について聞いて回っていた。
大原雄介は、環境の世界ではそこそこ名の通った人物である。
大原雄介は、税込と基本情報技術者合格教本の関係について何か知っているようだ。
共存について一家言あるらしい。
技術評論社の歴史には大原雄介の影が見え隠れしている。
大原雄介のおかげで松島みのりの今がある、と言っても過言ではない。
松島トモ子は大原雄介に何か隠し事があるようだ。
大原雄介といえば若山弦蔵。
熊倉一雄は大原雄介の過去を知っている。

声優には興味ないんだが....

投稿者 ohara : 06:47 | コメント (2) | トラックバック

2007年12月20日

色々進行中

某社主催のコンテストのサーバーがここ3日ほどダウンしてるのですが....
*****
MyMiniCityをやってみた

んー、のどかだなぁ(違
*****
Slackwareを11にしたら、内蔵GbEを自動認識しない。ためしにOpenSuse 10.3を入れたら、ブートローダのインストールに失敗しやがる。あと、パーティションの管理がなんか気持ち悪すぎ。やっぱりSlackware 12で真面目にやるとするか...

*****
某社様から名前入りマウスを頂く
DSCF6078.JPG
ありがとうございました。

投稿者 ohara : 14:28 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月01日

遂に来るものが来たか

合掌
*****
Dear Past Microprocessor Forum Attendee:

Please note that In-Stat will not host Microprocessor Forum in 2008 in the United States. The 20-year-old format has been good for the industry and for In-Stat, but the times and audience profile we serve have changed.

(中略)

In 2008, the Japan Microprocessor Forum will be presented as usual.
We will announce the event date shortly, along with our call for papers. This will be the Forum's fourth year in Japan, where the existing conference format remains appropriate and where the opportunities are growing.

(後略)

そろそろ海外取材の幕の引き時かしらん。いや日本のMPFには行かないと思うけど。

何気なくココを見ていたら、editorial boardの最後にFred Weberが(笑)

投稿者 ohara : 04:22 | コメント (2) | トラックバック

2007年11月15日

壊れ物は常に予期できない

昨日帰宅したら、ファイルサーバーが繋がらなくなっている。

見ると、GbEのLinkが上がったり下がったり。ポートを繋ぎ変えてもだめで、「オンボードGbEコントローラ死んだかぁ」とか思ってIntelの82540EMカードを挿してもLinkが上がらない。色々試した結果、8ポートのGbE Switchがまるごと死んでいる事が判明。....そりゃぁ、Linkあがらないわ。結局Switchを交換して対処は済んだが。

ついでに死んでるキーボード切り替え器も交換。ビデオが切り替わってもPS/2 Keyboard/Mouseが反応しなくなってたので取り外して放棄。で、昔使ってたけど、操作性(というか、形状)の悪さのゆえに場所を食いすぎるという理由でお蔵入りにしてたCoregaの4ポート品に交換。10台じゃ効かない台数のキーボード切り替え器を使ってきた経験で言えば、(壊れないとか、ちゃんと切り替えが出来るという意味で)一番まともなのはCoregaかも。

それはともかく。

ふと見ると2セットのRAID 1の片方がDegradeしている。「Port 1の先が死んでいる」とか。
「えらいこっちゃ」とあわててバックアップを取りつつ、PC Depotに行ってPATA 320GB×2を購入してくる。で、バックアップを取り終わったところで交換したら、「相変わらずPort 1の先が死んでいる」という。まさかと思ってPort 0とPort 1のHDDを入れ替えてみると「Port 1の先が死んでいる」

....死んだのは3wareのRAIDカードのPort 1でした_| ̄|○

仕方が無いので、ストックからPCI-X接続に対応したSATAU×4のRAIDカード(確か玄人志向)を引っ張り出し、某JAFと親しいライターから先日頂いた500GBに繋いで対応。要するに元々のPATA 320GB×2と、あわてて買ってきたPATA 320GB×2がまるっきり無駄に(T_T) いまどきPATAのHDDばっかりこんなにあってもなぁ....

まぁ3ware、Readは速いけどWriteが異様に遅い代物で、カード変えたらずいぶんWriteも速くなったし、いーかげんPATAの入手性も悪化してるので、いい機会ではあるのだが。
*****
回転工具を使うときに手袋を使わないのは鉄則な気が。まぁ電動ドライバ位なら問題はないんでしょうけど。

投稿者 ohara : 09:36 | コメント (2) | トラックバック

2007年10月29日

峠越え

今度は物理的に峠越えw

10/27 海老名SA 9:00集合。台風が接近してるっつーのに、よくもまぁバイクが多いことよ。いや自分もバイクなんだが。6人で集合の筈なのに、何故か一人だけ西湘バイパスに居ることが判明。富士川SAで合流にする。そこから台風の中、牧の原SAまで移動。給油して更に浜松西ICまで移動。このときが丁度台風が一番接近してたらしく、雨粒が物理的に痛い。高速もちょっとした川になっていた。

で、旅館に着いたときには台風が去った後で、

それはそれはきれいな夕日なことよ(-_-;)ちなみに浜名湖である。

夜は宴会。

翌朝は台風一過でえらく晴れ渡っている。9時半頃に出発。初めは152→362というルートの予定だったが、「152ってこのまま諏訪まで行けねぇ?」とか言い出す奴が居て、そういうルートに。途中で「ここからスーパー林道に入れる筈だ」とかいう話になり
DSCF4586.JPG
右がスーパー林道。左のバイクは私のではない。このあたりは路面が乾いているが、実際は台風のためかそこらじゅう枯葉落ちまくり&日陰は路面濡れまくりであった。
ちなみに面子は

左からDucati 999 SENNA、Savage 650、CBR1100XX Turbo、Volty、ZZR1400、KTM 530。統一性の欠片もないし、林道を走るのに向いているともやや言いがたい。

スーパー林道を過ぎて再び152に戻り北上。山道終わったなぁ、とか思ったら突然スーパー林道並の山道に。何で?と思ったが後で調べたら判った。なるほど、152って繋がってないんだ(-_-;;)いや楽しかったんでいいんですが。結局ここを兵越林道経由で越え、152に再び戻る。

林道走行中、前輪が跳ね上げたものがアンダーカウルにを掬い取られ、マフラーで炙られてくすぶり始め、走行中に煙まで出ていたらしい可哀想なSENNA。「どうせなら芋もいれておけば焼き芋に」と言ったが却下された。

152沿いの蕎麦屋で昼食を取ったのは14時過ぎ。
DSCF4614.JPG
九割蕎麦。なかなか美味かった。一緒に頼んだそばがきもうまかった。

この蕎麦屋の主人に道を相談したところ、諏訪まで152を使うと3時間以上かかると言う。飯田なら「バイクなら速いから1時間で行くよ」と言われ、「いくらなんでもこのまま諏訪まで走ってくと、日が暮れねぇ?」という判断になり、途中から飯田にそれて、素直に飯田ICから中央高速に上がることに。このあたりがじじいどもの集まりらしい根性のなさ。

で、飯田ICから駒ケ岳SA→双葉SA→談合坂SAと移動して、談合坂で解散したのは18時半くらい。ちなみに談合坂SAはその時点で「(SAに)入ったら抜けるまで60分」の表示。実際、中はえらい混み具合。結局談合坂を19:00位に出て、C1経由で帰宅したのは20:30過ぎ。総走行距離は700Kmちょい。1泊2日でチェーンとスプロケの慣らしがおわっちまったい。

投稿者 ohara : 10:36 | コメント (0) | トラックバック

2007年10月01日

アメリカ3〜8日目

3日目:午前2時頃に起床。メールをチェックしたり写真整理をやって、7時過ぎに会場入り。朝食はプレスルームで
DSCF3097.JPG
軽めに。この3日目が一番スケジュールがキツい日で、何しろ昼食をとる時間がない。仕方が無いので基調講演の合間のPress Sessionに参加しながらBox Lunchにかぶりつく。が、この日のBox LunchのVegie、チキンの代わりに豆腐を使ったFajitaで、これが洒落にならないほどに不味い。半分残して諦める。

ちなみに僅かな合間に
DSCF3484.JPG
こんな事をやって遊ぶ。上からiPhone、DS、Loox U、Lifebook U。すげー、Lifebook Uが馬鹿でっかく見えるぜ。

午後は基調講演2本、Press Session1本に続き1to1の嵐で、開放されたのは19時過ぎ。そこからTech Showcaseを廻り、会場を出たのは20時を過ぎたあたり。力なくいつものタイ料理屋で
DSCF3553.JPG
なんだっけ、これ?確か$7.99。21時前にホテルに戻り、ほぼ即死。

4日目:4時前に起床。写真整理と原稿着手。メールをチェックしていると、日本からわざわざ、世界的にさらし者になっていることを知らせてくれる知人あり。とりあえずMessengerでの名前を"Swarm大原"にしてみる。
7時には会場入りし
DSCF3556.JPG
食ってるものはあんま変わらない。
前日に比べればだいぶマシなスケジュールだが、相変わらず昼飯がタイト。午後にRoundと1to1が予定されていたので、Roundを1本すっぽかして食事に走る(すいません)。で、その1to1が相手の都合で翌日に延期というオチ付き。
そんなわけで、昨日は殆ど見れなかったTech showcaseを中心に廻っていたら、あっという間に19時過ぎる。体力も尽きかけたので、19:30前に離脱。タイ飯屋で昨日と同じものを食って、部屋に戻って寝る。

5日目:朝4時起床。写真が終わり、あとは文章だけ。Flickrにまでさらされとるがな。
やっぱり7時には会場入りし、
DSCF3727.JPG
もう毎日こんな感じ。本日は事実上午前中がメイン。基調講演の後でセッションとラウンドが続く。で、昨日延期になった1to1が一番最後。30分の予定で始めたら白熱してしまい、終わったら12:30をまわってる。プレスルームにも食事が殆ど無く、
DSCF3903.JPG
3日目のボックスランチと同じものが...(泣)。サラダとフルーツを美味しくいただきました。そこからTech Showcaseを廻り、15時過ぎにホテルに戻る。案の定そのまま沈没し、再起動は21時近く。あわててタイ飯屋に行き
DSCF3915.JPG
3日同じもの食っとるがな。ただ本日は最終日なので、なんとなくタイアイスティーを追加。その後、Starbucksに寄って朝食を調達、ホテルに戻り2度寝。

6日目:朝2時起床。なんとか原稿を1本UpしてからCheckoutの準備。ちなみに今回はHiltonであるが、回線が高速であり、かつこの
DSCF3918.JPG
コーヒーメーカーが優秀で助かった。持ってったインスタントより美味しかったもんな。朝食はそんなわけで
DSCF3919.JPG
Feista Salad。本当はサンドイッチか何かが欲しかったのだが、閉店間際でこれしか残ってなかった(T_T)。8:30にチェックアウトし、車を引っ張り出す。ちなみに$40/day。レンタカー代そのものより高いでやんの。まぁいつもの事だが。2軍氏にさっぱり連絡がつかないが、何とか無事Pickup。なんとホテルの中はおろか、ロビーですら携帯が繋がらないらしい。どんなホテルだ?ついで弟子をPickupしに行くが、今回この後あちこち廻るとあってトランクが巨大。もう1グレード上の車を借りるべきだったか?

2軍氏をSFOで落としてから、特に用もなくサンノゼへ。いや、一応Pet Food Expressに行きたかったという用はあるのだが、目当てのJigga君は丁度我々と一緒に入ってきたご夫人の連れている犬が気に入らなかったらしく、あっという間に目の前から消えてしまった(T_T)。とりあえず昼まで時間潰そうか、とStevens Creek Blvd沿いのStarbucksで弟子と一緒にノートを引っ張り出して原稿書き。

とりあえず広告企画1本上がったところで切り上げ、再びSFO方面へ。昼飯はFish MarketのSan Mateo店。昨年のお礼である。ちなみに料理は
DSCF3921.JPG
に続いてCombination Plateを頼んだのだが、写真撮り忘れた(笑)。今回の出張で食った2回目のまともな飯である。

その後Safewayに弟子の買出しに付き合い、彼をホテルに落として自分もホテルに移動。チェックインしたところで疲れが出て、15:30頃沈没。起きたら21:30だった。

夕飯はSafewayで買っておいた
DSCF3922.JPG
カルフォルニアロールパック。その後はだらだらと仕事。そろそろ燃料が尽きかけである。

7〜8日目:そのまま仕事をしながら朝を迎える。朝飯はホテルの食堂で
DSCF3927.JPG
しょぼいといえばしょぼいが、ネットが使え、Smoking Roomで、冷蔵庫・電子レンジがついており、更に朝食サービスで$99なんだから文句を言ってはいけないな。8時過ぎにCheckoutし、荷物を積んだまま弟子をPickup。やっぱり洗剤が欲しくなったらしい(笑)。ということで、3rd Avenue近くの24時間Safewayに連れてって買い物。その後Hotelに送り届けた後に給油(またもや$3.00/Galを越えていた!)して車を返し、Checkinする。何か食べようかなどと思っていたが、胃があまり受け付けないようで断念。特に何も食わずに機内へ。

帰りの便は特にDelayもなく、定刻どおり出発。食事は
DSCF3930.JPG
とか
DSCF3931.JPG
など。まぁちゃんと食えたからいいや。

しかしいつもにも増して食事が悲しい出張であった。

投稿者 ohara : 04:52 | コメント (4) | トラックバック

2007年09月22日

アメリカ2日目

起きたら10時。確かPress Conferenceが10時スタートだった筈。はっはっは、いきなり大名出勤だぜ(爆)

おまけに会場のWestinをてっきりWestin St.Francisと勘違いして、「あれー」みたいな。会場に戻ってそこらのPCで無理やりGoogle Mapを引っ張り出して、やっと場所を理解する。結局1時間以上遅刻したが、あんまり問題はなかったようだ(をぃ)。そんなわけで朝飯はなしである。

昼はサラダ
DSCF3048.JPG
に続いてメイン
DSCF3049.JPG
が出てくるが、Vegieを頼んだら
DSCF3050.JPG
これがなかなかに美味であった。むしろ普通のメニューの方がいまいちだったらしく、残す奴多数。たまにはこういうアタリもある。

Press Conferenceの後でイベントがあって、そこにExectiveが来るといううわさがあるので顔を出したら結局Exectiveがこない(-_-;)。某社広報様と某世界的PCライターの超絶的なビリヤードゲームを眺め飽きたので脱出し、
DSCF3094.JPG
エビチャーハンを食ってホテルに戻り、ちょっと仕事をして寝る。

投稿者 ohara : 23:22 | コメント (1) | トラックバック

2007年09月16日

アメリカ初日

いきなりDelay
DSCF2946.JPG
待ち時間が1時間半増加。

急いで成田くることなかったなー

機内食はもう
DSCF2949.JPG
とか
DSCF2950.JPG
てなもんだが、何も期待はしていないから平気。

SFOに近づいたところで、上空の天候が怪しいのでしばらく旋回して待つとかいうアナウンスがあり、結局3時間以上オーバー。当然いつもと異なり、入国審査もレンタカーピックアップも長蛇の列。本当なら10時にはレンタカーをPickupできるはずだったのに、実際にPickupしたのは13時。

昼飯はSunnyvaleのメキシコレストランでFajita
DSCF2953.JPG
アルミホイルはトルティーヤを暖めたやつ。割と手ごろな味と値段だったと思うのだが、某二軍氏は店のスパイスを全部試して「辛さが足りない」と怒っていた。

16時過ぎにチェックインして、夕飯はライター陣で集まってタイ料理。某欠食児童お勧めの店。
DSCF2960.JPG
DSCF2966.JPG
DSCF2967.JPG
DSCF2969.JPG
実際は8人で10品位頼んだはずだが、もう何がなんだか状態。今思い起こせば、今回の渡米でまともな飯食ったのは、これともう1回だけだ。

ということで、0時近くにホテルに戻り、そのまま爆睡。

投稿者 ohara : 14:34 | コメント (0) | トラックバック

2007年09月11日

超私信

P9111261.JPG
マグカップと
P9111256.JPG
ばるせろな。

今度こそいかがですか?>某氏

投稿者 ohara : 17:47 | コメント (7) | トラックバック

2007年09月04日

あー....

沼田憲保選手のご冥福をお祈りします。
*****
DSCF2427.JPG
やっと届く。

International Shippingは有料だとか言って前払いで送料払い込ませておいて、いつになったら送ってくるんだと思ったら、「MobileMark2007が完成したら一緒に送る」ってお前....

しかしこれでVistaでベンチを取る事になっちゃいそうだなぁ。やだなぁ。

# ちなみにどちらもDVD2枚組です>知りたい人

*****
昨日、奥様の希望もあって庭園美術館に「舞台芸術の世界」を見に行く。
DSCF2425.JPG
美術館正門の影で門番(?)をしていた三毛さん。
*****
某SFのConference、春が中国だったためか、出展メーカーetcからのMeetingメールが凄まじい。というか、調整したいのだが、今だ詳細スケジュールがなし。早くお願いします>某担当者様

投稿者 ohara : 21:15 | コメント (2) | トラックバック

2007年07月17日

UPS到着

Final Dataを淡々と実施ちう

20070717_1.jpg
だったのが、この12時間ほど後にうっかりキャンセルキーが押されてしまい、作業が元の木阿弥に。ただここまでの間で見つかったファイルはろくなもんがないし、370万クラスタあたりまではやり直しても無駄なのは明白なので、468万クラスタあたりから再スキャンを開始。現在3400万クラスタあたりを探索中で、残りは5時間半ほどの予定。さてどこまでサルベージできるか。

Amazonでgigabeat祭りをやってるというので見に行くが、いまいち食指が湧かない。ワンセグ無しなら買ってもいいんだけどな。

そこでふと、「そういやAPCがバッテリの発送17日とか言ってたけど、Amazonにあるのかしらん?」とか思って検索をかけてみると、gigabeat祭りどころの話じゃない。Smart-UPS 500なら54% off、ちょっとお高いSmar-UPS 750だと58% offとかである。しかも検索した時にはSmart-UPS 500が在庫アリで、Amazonプライムのお陰で即日入手可能。ということで
DSCF1520.jpg
つい2台目のUPSを購入。最初は「んじゃ新しいUPSからバッテリー抜いて古いほうに入れれば直ぐ交換できるじゃないか」とか考えていたが、甘かった。

DSCF1522.jpg
新旧揃い踏み。左が旧モデル。新モデルはボタンが多少みやすくなった。

DSCF1524.jpg
背面。コンセントが6個口に増えたのは嬉しい。あと何気にUSBに対応。

DSCF1525.jpg
運送用のヒューズ。旧モデルはこれがバッテリーについていた。

DSCF1526.jpg
フロントパネルのあけ方は同じ。旧モデルで出てきてるケーブルが、古い運送用ヒューズ。あと新モデルはスチールの蓋を開けるのにドライバ不要になった。

DSCF1528.jpg
バッテリー比較。新モデルはワンタッチで交換できる。進歩したなぁ。

ということで、バッテリーそのものの互換性なし。まぁまもなく交換用バッテリーも届くから、そうしたら旧UPSはファイルサーバー専用にすることにしよう。

投稿者 ohara : 01:56 | コメント (4) | トラックバック

2007年06月26日

Orlando2日目

13時近くに起床。そりゃ、4時に寝てたら起きれないわな。ホテルの朝飯も食い損ない。

といってもセッションが始まっているのであわてて会場へ。で、道中は丁度いい具合にスコール(泣)。駐車場も一杯で、結局かなり離れたところに停めざるを得ず、濡れ鼠である(T_T)。

それでも何とか登録を済ませ、Panel Discussionに1つ参加。それからTechnology Labに移動。さすがに何も食ってなくて死にそうになり、会場で適当に漁ることに。ただ、なんか油っこいものとかロ−ストビーフとかしか無いのが、なんとも。

19時過ぎに会場を離脱、Publix(スーパー)に寄って色々買い込んでホテルに戻るものの、食事をする元気もないまま沈没。

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2007年06月25日

デトロイト(Orlando初日)

6/24 15:00 NRT (NW26) -> 6/24 13:45 DTR
6/24 15:26 DRT (NW422) -> 6/24 18:02 MCC

という予定だったのが、NW26に「軽微な故障があって修理」で遅れた上、「搭乗しなかった客が居るので、その客の荷物を機体から降ろす」とかいう話で、結局出発が16時過ぎ。案の定DET到着は40分遅れ。
DSCF0810.jpg
夕飯。チキン照り焼き。甘すぎ。

DSCF0813.jpg
朝食。まぁ可も無く不可もなく。

デトロイトでさらにBaggage Pickupがえらく遅れた結果、税関チェックを抜けた時にはすでにNW422は飛んでってしまった(;_;)

で、7:06PM出発のNW416に振り替え、MCC到着は9:32PM予定。ホテルへのチェックインは11:00PM過ぎると見た。

で、明日は8:00AMに受付開始かぁ(T_T) (←後で勘違いに気づく。初日は13:00スタートだった)

ということで、DETの中のFOX Sports Barでタバコ吸いながらこれを書いてるのでした。
DSCF0816.jpg
Four Cheeses Pizza。割と美味かった。

さてそのNW416、18:30あたりからBordingは始まるが、全員乗り込んでも出発しない。「エンジンから軽微な油漏れがあって、今直してるんでちょっと待っててねぇ」とかいうアナウンスに続いて19:30頃「ごめん、直らないんで機体交換するから、全員荷物もって降りて頂戴」ちょっとまて。

で、どこかから着いたばかりの機体に速攻で掃除をかけて荷物の積み替えやってるが、なかなかBordingできない。
DSCF0817.jpg
20:00にBordingが
DSCF0818.jpg
となり、
DSCF0819.jpg
に変更。それでも20:30にやっとBording開始。結局全員乗り込んで動き出したのは21:00過ぎてから。MCC到着は23:20近く。荷物を回収したら、もうほとんど0時である。そこからレンタカーをPickupして、宿に着いたのは(この宿を探すのにまた一苦労した)1時近い。スーパーも閉まっていて、食料も調達不能。とりあえずWelGreenで水とライターだけ確保。結局4時前に就寝。

投稿者 ohara : 05:25 | コメント (3) | トラックバック

2007年06月18日

沈没中

さすがに北京→アメリカ→台北は堪えた模様。病気が再発してしまいました。

ということで、今のところ原稿執筆活動が滞っております>編集各位

# 本日から服薬を始めました。

投稿者 ohara : 19:23 | コメント (2) | トラックバック

2007年06月11日

修理

渡台中のエントリはぼちぼち書いてゆきます(とりあえず下書きでエントリだけは作ってありますが)

それはともかく、台湾3日目に重症を負ったフラッシュの対策に、小川町のオリンパスプラザ東京へ。
DSCF0519.JPG
ぱっかり。

幸い内部の電気系には問題も無く、シンクロもできるので、外装の総取替えだけで済みそうではあるが。ラッキーだったのは、修理仕上がり予定日が6/22なこと。ぎりぎり次のオーランド行きには間に合いそうだ。オリンパスのフラッシュは、他にC-2100UZ/E-20で使ってたFL-40もまだあるので、最悪これを持ってくつもりだったが、
まぁ出来ればFL-50の方が好ましい。

ついでに死亡してしばらく放置していたE-20も一緒に入院。こちらはそれほど急いでないので、とりあえず見積もりだけを取ることに。

*****
トップページがIE7で見られないそうである(笑)。いやもう完全に他人事なのだが。どの辺が駄目なのか、はまだ不明(なにせIE7環境が今ないし)。トップページはソースを見れば判るとおり、いまだにHomePage Builder V6.5なんぞで作ってるので、IE7に対応していないことは大いに考えられる。

で、どーしよーかなー。最初にブラウザを見てIE7だったら「IE6に戻すか、Altanative Browserで見なさい」といった警告をだすのが親切かしらん?

# 対応させる気は皆無

投稿者 ohara : 19:41 | コメント (5) | トラックバック

2007年06月10日

台北6日目

朝10時前に起床。もう本日は会場に行く気まるでなし。なので、
DSCF0692.jpg
朝食だけいつものドトールでとった後、淡々とお仕事。

ところで台北の取材の欠点は猫分が不足することであるが、今回はこれすら克服。

*****
14時過ぎにライターO氏に「飯食いに行きましょう」と誘われ、台北駅地下街に遠征してみると
DSCF0693.jpg
ちゅるる?

DSCF0694.jpg
この紐はおもちゃのつもりなんだろうけど、呑むと危ないのでやめたほうがいいと思います。

DSCF0695.jpg
サイズはえらく違うのに、仲良しな2人。黒いのが♀かな?

これはどこのぱらいそか、と思ったら

DSCF0696.jpg
里親募集フェアでした。

DSCF0697.jpg
サビ兄弟。

DSCF0698.jpg
ミケちゃん。

DSCF0699.jpg
ぴょんたさん!?

DSCF0704.jpg
猫釣り漁?

ケージの上は、人間慣れしてる子。中はちょっと油断がならない子(笑)ということらしい。まぁとりあえずその場は離れて昼食。
DSCF0706.jpg
メニューは2日目に同じ。

食事後戻ってみると
DSCF0707.jpg
おさわり放題。

DSCF0711.jpg
タキシード兄弟。ちび。

DSCF0716.jpg
魂を抜かれてるO氏。アンちゃんに言いつけてやる。

その後、19時前にもう一度見に行ったら、既に撤収中。最後の1匹を入れた籠が運ばれてゆくのを見送りました。いい里親さんに何匹かめぐり合えてればいいのだが。
*****
さて、夜は恒例雲南料理。

DSCF0721.jpg
前菜。キノコを細く裂いて唐辛子といためたもの。

DSCF0722.jpg
いんげんのスープ。これが飲みたいがために台湾に来た、と編集K氏は豪語?してた。

DSCF0723.jpg
えびとまこも。

DSCF0725.jpg
インゲンをつぶして、寒天で固めて揚げたもの。左手前のタレで頂く。

DSCF0728.jpg
頼んでないのになぜか出てきた海老のフライ。頭から尻尾まで綺麗に食えます。

DSCF0730.jpg
牛肉とまこも。まこもはやっぱり台湾で食べるのが美味しい。

DSCF0731.jpg
ポテトフライ。

DSCF0734.jpg
野菜チャーハン。ここまでで最初頼んだものが終わったので、追加で

DSCF0736.jpg
干し豆腐の炒め物。

DSCF0738.jpg
中国餅を薄く切って野菜と炒めたもの。

このあたりで〆ましょう、ということで
DSCF0741.jpg
縮れ麺。食後は

DSCF0743.jpg
なぜか我々の場合、これが2回出てくる(笑)。更に

DSCF0745.jpg
完熟マンゴー。大変に美味でした。

ということで、明らかに胃拡張になりつつホテルに戻り、バックアップをはじめつつ0時前に就寝。


投稿者 ohara : 22:23 | コメント (1) | トラックバック

台北1日目

14:15のBR2197(EVA AIR)はつつがなく出発....と思いきや、同行した編集K氏がいきなりエンターテイメントシステムにトドメを刺す。
DSCF0070.jpg
ふつーWatchdogで一定時間内に反応がないと再起動が掛かるはずなのに、それすらも死んでしまったらしい。

機内食はまぁ
DSCF0073.jpg
エコノミーらしく可もなく不可もなく。実はこれか松花堂弁当という話だったが、席が後ろだったためか、松花堂弁当は売り切れで選択の余地なし。もうすこし甘くないといいのだが。まぁそれはともかく、この食事の後、着陸30分ほど前に
DSCF0076.jpg
無理やりスナックが出てくるのは何か間違ってると思う。

さて、台湾入国は現時時間で15:00前後。んじゃホテルに入るのは16:00頃だろうから、夜市にでもつれてこうか...という目論みは見事に外れる。昨年まではEVA BUSを使っていたが、これは台北市内に入ってから遠回りとなり、しかもホテルのそば(台北駅のすぐ近く)に来ない。ということで、AirBus(大有巴士)の台北駅行き(西線)を選んだところ
・バスに乗るまで1時間待ち
・空港から出ても、あちこちの停留所でお客を拾っており、高速に乗るまで実に40分。台北市内に入ってからもあちこちで人を下ろし、台北駅前まで約40分。
・サスのダンパーが完全に死んでおり、まるで荒れた海に小船で出ているかのごときのりごこち
・不規則な脈動を含む壮絶なエンジン音で、高速走行そのものが心配
という代物。車内の時計が
DSCF0085.jpg
セグメントが消えてるだけならともかく、1時間あたり5分ほど狂うという、まるで実用にならない状態で放置されてるあたり、いかに手厚くメンテナンスされているかわかろうというもの。

結局ホテルに入ったのは18:30過ぎ。全員疲れきってもはや遊びにいくどころじゃあない。ところが幸いだったのがこのホテル、隣で飯が食える。
DSCF0095.jpg
ということで、チェックインしてネットワークだけ繋いでから、おとなりで夕食。
DSCF0091.jpg
雉肉飯 40元
DSCF0094.jpg
湯青菜 30元

ちなみにホテルは
DSCF0104.jpg
意外にテーブルの奥行きがあり、仕事には便利。インターネット接続は1日150元払うと
DSCF0750.jpg
ADSLモデム貸してくれるので、これを内線電話回線に繋ぐ方式。それでも速い時は200KB/sec程度でるので、これで十分。

結局その後だらだらと打ち合わせなどしつつ、0時直前に就寝。
*****
ここを見ると、国光客運の国光号を使えばもう少しマシだったのかもしれない。ただ4人だったらタクシー使っても一人250元なのであって、もうバスには乗るまいと思うのであった。

投稿者 ohara : 22:22 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月29日

サンノゼ7日目〜帰国

朝3時起床。仕事の続きをするが、早くも腹が減る。さすが豆料理、消化がいいぜ。

最後の夕食は
DSCF9950.jpg
またもやSalmon。5日目に食べたやつよりは美味かった。
DSCF9968.jpg
食事全景。これで買い置きしたものを全部消化。マグカップは自分の物を梱包し終わったので、ホテルのものを利用。

朝方は流石に満腹なので
DSCF9969.jpg
ヨーグルトとコーヒー。これだけでも結構満足である。

荷造りを終え、9:30頃にCheckout。880→280→380と廻り、空港に行く前にNorth Access Roadに降りてGSへ。満タン返しなのでRefuelするが、
DSCF9970.jpg
なんだこの高騰ぶり(-_-;)そういえば、朝飯食ってるときにCNNで「それでもUSのガソリン代は諸外国の半分だ」とか言ってたけど、そもそも生活圏の広さが違いすぎ。ガソリンは半値でも、諸外国の倍以上の距離を車で移動してたら、結局支払う費用は変わらない気がする。

Flightは満席。既にOverbook状態で、「JALに乗り換えてくれる人募集中」であった。まぁ私は既にOnline Check inしてるので、そーいう話とは無縁なのだが。で、出発直前にコンピュータトラブルとかで交換が始まり、出発がまるまる1時間遅れる。もっとも座席に座って直ぐに寝てしまったので、眼が覚めたときには既に離陸して巡航高度に達しており、全然関係なかったのだが。

夕飯は
DSCF9972.jpg
チキン。甘いのがなぁ...あとサラダがひどいです。で、朝食は
DSCF9986.jpg
まぁ行きよりはマシか?

夕飯を食ってからは、ずーっと起きたままMPFの3本目を書く。なんとか半分だけは書き終わった。残りは日本でだな。

ちなみに帰りは向かい風ながら、いつもより勢いが弱いのか、結局出発の遅れを取り戻してほぼ定刻に到着。帰国後に奥様と合流して、5階のカフェテリアで
DSCF9988.jpg
私はチキンの辛炒めライス、奥様は
DSCF9989.jpg
トムヤムラーメン。チキンライスはもっと辛くてもよかったな。トムヤムラーメンはちょっと塩味がきつすぎ。

何だかんだで22:00頃に帰宅。そのまま崩れ落ちて寝る。

投稿者 ohara : 10:28 | コメント (2) | トラックバック

サンノゼ6日目

2時過ぎに一度起きるが、二度寝。起きたら6時半過ぎ。久々にゆっくり寝た気がする。シャワーを浴びて朝食(写真忘れた)は2日目と余り変わらず。

その後はお仕事。お昼は軽めに、ということでPao^2でSeafood Rice Noodle。
DSCF9954.jpg
Small or Bigと聞かれてSmallと頼んだのだが、それでこれである。

ところでこのホテル、朝から鳥の声がかまびすしい。どこかで集会でもやってるのかなぁ?とか思ったのだが、そうではなくFood Courtの周囲には
DSCF9955.jpg
Blackbirdの巣がいたるところに。勿論
DSCF9956.jpg
当人たちもしっかりいる。昼飯時も、しっかり人間の食べ残しを見張っていてすかさずGetしにくる。職住超接近。

17:00にMtn View在住Y氏夫妻・ライターS氏・編集W氏・欠食児童と一緒にCHAAT PARADISEへ。
DSCF9957.jpg
前菜:オクラを揚げたもの。
DSCF9959.jpg
プレーンなSteamed Riceより絶対に美味い、と店員イチオシの野菜炊き込みご飯。実際うまかった。
DSCF9960.jpg
サグであることは間違い無いが、サグ何なのか既に忘れた
DSCF9961.jpg
ナスカレー
DSCF9962.jpg
ひよこ豆カレー
DSCF9963.jpg
レンズ豆カレー
DSCF9964.jpg
ジャガイモと後何が入ってたっけ?
この他にナンを確か3枚。他にもなんか頼んだ気がする。流石にこれだけ頼むと、6人でも「約一名を除き」腹一杯になる。

で、腹一杯にならなかった約一名が、
DSCF9965.jpg
更に野菜炊き込みご飯とカレーを追加オーダー。半分ほど食べたところでギブアップし、残りを持ち帰る。さすが欠食児童。

で、食事後は欠食児童を途中のCaltrainの駅まで送ってからホテルへ。仕事を再開するが早くも眠くなり、21:00頃就寝。

投稿者 ohara : 10:02 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月26日

サンノゼ5日目

朝3時過ぎに起床。とりあえず朝食というか、夕飯というか。
本日のメインディッシュは
DSCF9935.jpg
Salmon。なんかあんまり味がなく、たんにSaltyなだけな気が。
DSCF9936.jpg
組みあわせは変わらず。

そこから延々と仕事をするが、自分で言うのもなんだが長すぎ。書いてて飽きてくる(をぃ)。結局朝までに終わらず。7時過ぎに朝食に行くが、夕飯食ったばかりなので流石に食欲が無く
DSCF9939.jpg
フルーツとヨーグルト、コーヒーのみ。

S氏が本日帰国というので、SFOまで送ることにする。待ち合わせは9:30なので、まぁ20分前に出れば大丈夫だろう、と多寡をくくってたら甘かった。最初は83→880→280のルートで行くつもりだったが、880がべた混みしてるのが見えたので予定変更。101→San Tomasで回る事にしたら、101が超渋滞。出口2つ分なのに20分以上かかってしまい、結局10分ほど遅刻。San Tomasはガラ空きだったのだが。

S氏をSFOで落としてから戻るついでにWireless Shopへ。こっちで持ってた携帯が使えなくなってたので確認に行ったところ、「もうGMSのサービスやめたからこの携帯使えねえぞ」というやさしいお言葉。しかたなく3Gのものに。今度はSony Ericssonのものに交換。ついでに多少寄り道などしつつ、ホテルに戻る。

ところでこのホテル、お隣はちょっとしたShoppong Mallだが、Shopping Mallというよりも実態はFood Courtに近い。昼時になると、近隣のオフィスから大量に飯を食いに人々がやってくる。
DSCF9940.jpg
これはMallの裏手。右からUME CHINESE FOOD、THAI Orchid、Primirz Pizza、Honba Sushi、DELI CRUZ。その左はSTARBUCKS Coffee。

DSCF9942.jpg
Mall正面。Scheble Ethiopian Cafe、SANGAM Indian Cuisine、OLIVES Greek&Middle Eastern Cafe。この右には歯医者あり。

DSCF9944.jpg
一番左はメガネ屋さん。その右がPKO^2 VIET(ベトナム料理)、ivnamas! MEXICAN GRILL。ちなみにこの写真のさらに左にCarls Jr.(ハンバーガー屋)もあり。

ということで、猛烈な多国籍料理のFood Courtである。こーいうところでスターバックスとか行ったら負けなので、Etiopian Cafe(←OLIVES Greek&Middle Eastern Cafeの間違いでした)に。

DSCF9946.jpg
左はクスクス(蒸して軽く味がつけてある)に、ひよこまめとほうれん草の煮ものをかけたもの。右はナスを半切りにして焼いたもの。

お味はGood。なんか毎日これでもいい気がしてきた。久々に血中クスクス濃度が上がった気がする(なんだそりゃ)というかこのMallが隣接してると、別にKitchenなくてもいいのではという気すらしてくる。まぁ真夜中の食事にはこまるのだが。

その後もひたすら原稿を書き、18時過ぎにやっと原稿Up。おそくなってすいませんでした>編集部。20時過ぎに就寝。

投稿者 ohara : 01:10 | コメント (6) | トラックバック

サンノゼ4日目

朝1時半起床。そこから原稿の続き。まずPCI-SIG DevConの原稿を挙げ、4時に送信。ついでMPFの1本目を6時に送信。シャワーを浴びてから朝食へ。

ちなみに夕飯は結局抜き。朝食は21日とよく似たものだった(写真忘れた)。

8時にまたDoubleTreeへ。終日Sessionである。
DSCF9922.jpg
本日の昼食。

結局17時頃に無事終了。まっすぐホテルに戻って2本目の原稿を書き始めるが、ぜんぜん終わらず20時過ぎに就寝。

投稿者 ohara : 01:02 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月25日

サンノゼ3日目

朝3時起床。ごそごそメールの整理やらWebの巡回をし、6時にシャワーを浴びて朝食へ。
DSCF9886.jpg
オートミールとサラダ大盛り。

8時すぎにMPF会場のDoubleTree Hotelへ。G氏・S氏と合流し、雑談しながらSession開始を待つ。

ところで会場、今年は猛烈に無線LANの環境が良い。各座席にACが来てることと相まって、大変に快適。これでもうすこし冷房を加減してくれればなぁ(-_-;)

お昼はMPF Lunch。
DSCF9917.jpg
サラダに続いて
DSCF9918.jpg
Veggie Menu。Fairmont時代はうっかり"Veggie Menu Please"というととんでもない代物が出てきてやばかった(普通の飯はDoubleTreeよりも良い)が、Veggieに関してはDoubleTreeの方がはるかにマシである。

セッションの途中でChristyからやっとPCI-SIGのプレゼンが送られてくる。なので会場でセッションを聞きながら写真を作成。セッションそのものは5時半まで続き、その後Expoである。Expoで予期しない奴にあってちょっとビビる。

ホテルに戻ったのは6時半近く。夕飯を食う元気もなく、最低限の仕事(電池の充電etc)をしてそのまま就寝。

投稿者 ohara : 23:14 | コメント (0) | トラックバック

サンノゼ2日目

朝2時過ぎに起き、いろいろと支度。6時過ぎにシャワーを浴び、それから朝飯。
今回使っているHomeWood Suiteの場合、毎日朝飯が無料。
DSCF9867.jpg
手前の白いものはポテト。すごく豪華というわけではないが、手間が省けてありがたい。あと、毎日USA Todayを配ってくれるのもうれしい。これで$79.99〜$129.99なのは、かなり格安だと思う。

ちなみにこれが今回の車。
DSCF9868.jpg
1週間の車両代は$134とかそのくらい。むしろ保険の方が高い($160くらい)。キャンペーン価格ではあるのだが、でもAlamoっていつもキャンペーンやってるからなぁ。

ホテルの部屋はこんな感じ。
DSCF9869.jpg
この棟の1F右側手前。なのでカーテンがあけられないのが困り者。まぁ出入りは楽なんだけど。

で、この棟がこんな感じで延々と続く。
DSCF9871.jpg
写真の左にはオフィス棟があり、食事もそこで。部屋のさらに右はToshiba USA。

8時ちょいまえに出勤、SJCCでPCI-SIG DevConに参加。ホテルに戻ったのは15時過ぎである。そこから原稿をまとめ始めるが、送ってくれるといってたプレゼンテーションがさっぱり届かない。とりあえず写真なしで書けるところまで書いておく。そういえば昼飯は会場でIntelのAjayにつかまって一緒にBox Lunch。Vegitable Sandwitchだったが、これが案外にうまかった。そういえばIntelはAjayがFellowに昇格された後を受けてRaminが実装の責任を負っているそうだが、High Speed Interconnectはインド系の人が担うという暗黙の取り決めがあるのだろうか?RaminはRaminで、Yesの代わりにとても上手に「はい」と言ってくれるんだが、ごめん、かえって分かりにくい(笑)

20時くらいに夕飯。今回は
DSCF9884.jpg
LEAN CUISINEシリーズである。食事風景はいつもと同様に
DSCF9885.jpg
全粒粉のパンとサラダの組み合わせ。ドレッシングはバルサミコビネガー味。いつもと違うのは、サラダボウルが用意されてないので、平皿に盛ってる程度か。結局21時頃に就寝。

投稿者 ohara : 22:54 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月21日

サンノゼ1日目

今回は呪われている。渡米前日に、いきなりLifebookのAthelosのアイコンが消える(爆)。なんでかしらないが、ドライバが逝ってしまったらしい。1時間苦闘して、放棄。OS再インストール。結局環境がそろったのが朝の4時。そのまま寝る。
10時に再起動して成田。Check-inしてBoardingまではよかった。で、乗ってみると隣が1歳児、その横にお父さん。で、案の定離陸後4時間目あたりでぐずりはじめ、号泣が始まる。おかげでうとうとしてたのが目が覚めちまったぜい。
当人は2時間ほどぐずった後で疲れて寝てしまったのがうらやましい(苦笑)

ちなみに夕食はこんな。
DSCF9844.jpg
ビーフシチュー。妙に甘酸っぱい。インドネシアのシェフが作ったのか?

朝飯は
DSCF9852.jpg
なんというか、コスト削減もここまできたか〜みたいな。

で、フライトの間中、ずーっと追い風。結局予定より40分以上早く到着。
DSCF9849.jpg
SFOで旋回するまで、一度たりともHead Windにならなかった。ピークで300Km/hほどの追い風。そりゃあ速いだろうさ。

入国審査は何事もなく終わり、11時まで時間をつぶしてからレンタカーPickup。PetcoとFly'sに寄って買い物をしてからCheck In。ちなみにFly'sで念願のMX518を2つ購入。久しくFly'sにこなかったら、中のレイアウトがちょっと変わってて迷った。

さて、今回からHilton系列にホテルを変えることにしたので、Homewood Suite by Hilton。SuiteといってもKitchen付のLong Stay用安宿である。

玄関を開けるといきなり
DSCF9856.jpg
なんつーか、Working Deskの背後にいきなりドアというのはちょっと落ち着かない。キッチンもやや狭い感じ。とはいえ、必要なものは全部そろってる。

んじゃ狭いのか?というと
DSCF9853.jpg
Studio扱いのはずなのに、実際は扉があるという。枕は硬柔とりまぜ6種類。マットレスは北京ほどではないが、まぁ硬めの部類なので一安心。しかしこの扇風機といい、なんか違う感じ。
ちなみにベッドルームの手前は
DSCF9858.jpg
ま、このあたりはスタンダードでしょうか?

ところで問題はこの部屋、1階に位置すること。おまけにすぐ横をTimber Roadが走ってるんで、カーテン開けとくと中が丸見え。結局常にカーテンを引いておく必要があり。

で、買出しに出かけようとしてそのまま寝てしまい、おきたら22時過ぎ。しかたがないのでそこからSafewayに出かけて食料と水を買出し。面倒なので本日の夕飯は
DSCF9866.jpg
さすがに寿司とかサーモンサンドイッチとかは完全になくなってました。まぁあいてるだけありがたいわな。

投稿者 ohara : 01:41 | コメント (8) | トラックバック

2007年05月17日

ぎゃ〜

またX32のHDDが飛んだ(T_T)

# 現在再インストール中(;_;)

そして果てしないドツボ...

X32の場合、ドライバ類は当然Levonoから入手できる。実際、出来たのだが、明らかにおかしい。特にWirelessのドライバ。昔のドライバを使うとAccess Connectionからちゃんと無線LANが見えるのに、Updateをかけると見えなくなる。なにせ無線LANカードの電源が入ってないとか言い出し、アイコンまで消える。んじゃドライバがロードされてないかといえば、デバイスマネージャからデバイスのプロパティを指定するとちゃんと見えてて、あまつさえESSIDを設定して接続できたりする。
あと、Power Management関連機能が、やはりSystem Updateをかけるといきなり起動時に一般保護違反で落ちるようになったり....テストしてねぇだろ(-_-;)

なんどかやり直した末に放棄。手持ちの最後のライセンスを使ってXPを入れなおし。こちらはスムーズ。アクセスポイントもちゃんとつながるし、Power Managementもちゃんと動く。要するにそろそろWindows 2000はまじめに検証される対象外になりつつあるということか。

ところでこの一連のトラブルは

・IDF中国の前に、HDDを120GB→160GB(Seagate)に交換→IDF初日にCrash
・帰国後、HGSTの160GBに交換→エイジングを兼ねて負荷をかけてたら、Crash

といった具合。なんとなく、OSが悪さをしてるような気がしてきた。それもあって、少しXPで様子見である。とりあえず、今再び負荷テスト実施ちう。

幸いなのは、以前の120GBがそのまま残ってること。なので、こちらに最低限の環境Updateをかけた上で、バックアップとして米国にもってくことに。もう一回Crashしたら、この120GBを入れ替えて使うことにしよう。

それにしても、HDD代だけで馬鹿にならない出費である。まぁ初期不良にはある程度の確率であたることは避けられないから仕方がないのだが。ちなみに今回もHGST。本当は東芝にしたかったのだが、在庫がなかった。

投稿者 ohara : 14:32 | コメント (6) | トラックバック

2007年05月08日

結局GWは

何もしなかったなぁ。仕事してただけ。
*****
NTT DocomoがPHSサービスを終了するのはまぁ既定事項なのだが、予想外なのはHome Antena経由で単なる電話機として使ってるPHSが全部バッテリー死亡に近いこと。やばいのは2台あり、うち1台は充電満了して5分持たない。で、これはサービスが終わる前にバッテリー買っておかねば...と近所のドコモスポットに出かけて調べてもらう。
...メーカーはとっくに生産終了してて、在庫も無いとの事。まぁそりゃそうか。でもそうなるとちょっと厄介だなぁ。あとは個別のショップが自前で在庫を持ってるかもしれないと言っていたが、かなり望み薄ではある。ちなみにヤフオクで探すと、意外とPHS本体が高い。新品未使用だとなんか2万円とかいうものまであって、それならいっそ普通にワイヤレス電話機に買い換えたほうがいいような気もする。これなんか子機2台ついて2万切ってるもんなぁ。

*****
U.S.Amazonからお勧め商品メールが届く。

* Animal House Style: Designing a Home to Share With Your Pets
* CMOS VLSI Design: A Circuits and Systems Perspective (3rd Edition)
* The Quest for Moral Leaders: Essays on Leadership Ethics (New Horizons in Leadership Studies Series)
* Sesame Street and the Reform of Children's Television
* Pump And Dump: The Rancid Rules of the New Economy
* Global Issues for Global Citizens: An Introduction to Key Development Challenges
* Networks on Chips: Technology and Tools (Systems on Silicon)
* Drinking Cultures: Alcohol and Identity

選択基準判りません(-_-;)
*****
IDFで懲りたので、新兵器を投入することに決定。到着は11日らしい。まぁ20日の出発には十分間に合うか。
*****
新兵器投入に際し、奥様と会話
「んー、チャシーの手術代と一緒かー。チャシーで払えればいいのに」
「いっそチャシーがノートになれば」
DSCF9791.jpg
なりそうにねえなぁ。

投稿者 ohara : 04:32 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月25日

Trouble & Recovery

とりあえずX32については、21日に某所に出かけたついでに秋葉原まで足を伸ばし、2.5inch 160GB PATAを購入して対応。ほぼ24時間前後で、復旧する。まぁノートの場合、入れるべきファイルは決まっているし、ファイルサーバーがトラぶってなければ問題はない。
*****
そのファイルサーバー。出張中に一度、理由も無く電源が落ちるというトラブルが。怪しいのは、タップについてるスイッチを誰か踏んだこと。とはいえ、猫しか通れないような狭い箇所だし、そんなところを歩く奴は今のところ独りしか居ない。「んじゃぁテーブルタップを交換するかなにかしようか?」などと思っていたら、2度目の電源ダウン。しかも再起動すると

うぎゃぁ。

あわててPCDepotで320GBのHDDを2本購入して、交換。ついでにテーブルタップも交換。約10時間後に完全復旧。

ところで久しぶりにケースの中を掃除...とか思ったら、洒落にならない状況。ファンというファンに埃がこびりつき、ノースブリッジのファンなど動かなくなっている。CPUファンもよくみるとヒートシンク部が殆ど目詰まり。....ひょっとしてこれによる熱暴走が原因か?

とりあえず動かなくなってるファンと動きが悪いファンを交換。内部を延々と掃除。掃除機で吸うという作業は、案外に細かいところまで手が入らないので、サーバーの周囲に空気清浄機2台を持ち込み、フル回転させた上でエアーを吹きまくって、なんとか解決。

*****
その翌日はWeb/FTPサーバーが急にダウン。それもリブートを繰り返すパターン。色々やった挙句わかったのは「電源死にかけ」。MicroATXのスリムケース用とあって、SFXの奴なので、急に交換することも出来ない。とりあえず落ちてた300W ATX電源(これも別のマシンに使っていたら、埃が原因で動きがおかしくなってた奴。一応内部は掃除した)を無理やり繋いだら、安定動作。
20070425_3.jpg
ケースの外に電源が転がってる状況。

当座はいいとして、連続運転させるにはちょっと怖すぎ。なので、昨日やはり秋葉原に出頭させられたついでに、安いMicroATXケースを購入。
20070425_4.jpg
TwoTopで400W電源込み\5,980。本当は持ち帰りが楽なアルミケースを探したのだが、案外にこのサイズがない。Abbyのケースは使えそうだったのだが、電源別で3万オーバーとかでさすがに断念。今度のケースはちゃんとHDDの冷却も考えてあるし、埃がむやみに侵入しないような配慮もしたので、扇風機を動かさなくてもすみそう(真夏はどうかしらないが)。まぁしばらく様子を見る事にしたい。

ということで、Trouble & Recover3連発。これで終わってくれるといいのだが。
*****
MPFにPCI-SIG DevConのスケジュールが重なる。ということで、欲をかいてPCI-SIG DevConに入れてー、とLisaにメールを打ったらOKが出た。しかし、月曜がPCI-SIG DevConで火・水がMPF。その後2日の間にひみちゅのミーティングを何とか持ちたいと思っているわけで、いつ原稿書くのだろう?しかも帰国して1週間後にはCOMPUTEX....死ぬかも。
*****
Maker Faire 2007のSan Mateo Fairgroundsってどこだっけ?と思って探したら、Bay Maedows(競馬場)の隣だった。いや場所ならよくわかります。25th Avenueね。これを左折してちょいと進んだ先にTrader Joeがあって良く買い出しに行ってました。タイミング的には5/20だから丁度よさげだが....そんな体力と時間、あるかしらん?

投稿者 ohara : 02:13 | コメント (3) | トラックバック

2007年04月19日

北京最終日

ちょっと寝坊して6時過ぎに起床。シャワーを浴びて朝食を取ってから帰り支度。ちなみに写真をとり忘れた。

ところでこの時期の北京は、黄砂の影響なのか、視界が2Km無い感じ。

これ、ちゃんと窓を開けて撮っているのだが、それでもこの有様。

空港に移動し、チェックイン。結果からいうと大してトラブルもなし。それはともかく、昼食は
DSCF9318.jpg
こんな感じ。その向かいには
DSCF9319.jpg
血中チャーハン濃度100%を達成した男が。何がお前をそこまでチャーハンに駆り立てる?

さて、みやげ物(勿論北京名物マカデミアンナッツチョコレート)も買い、あとは乗り込むだけ...という状態になってから、延々と待たされる。よく見ると
DSCF9322.jpg
機材の到着を手持ち無沙汰に待つクルーの皆様

こりゃ当分来ないわ、とあきらめる。結局1時間近く遅れて出発するが、出発から離陸までがまた長い。そうとう混雑していた模様。

帰りのご飯は
DSCF9324.jpg
Beef or Fishとか言われてBeefを選んだらこれ。Fishも似たようなものだった。ちなみに左上はひじきと豆とニンジンの和え物。

で、デザートは
DSCF9326.jpg
饅頭でした。味は可も無く不可もなく。とりあえず珈琲で流し込む感じ。

さて、着陸してからがまた長く、結局到着は予定の2時間遅れ。帰宅は23時近くになり、風呂に入ってから寝る。

*****
X32。ためしに古い120GBに換装すると、何事もなかったかのように再起動。一方入ってた160GBを外してUSB HDDアダプタにとりつけると、ドライブは認識されるが、アクセスができない。モーター音もしない。ということで、駆動部が死んだ模様(T_T)。コントローラは生きてるっぽいので、どーしようもないな。初日の写真はそういうわけで再生不可能である。
*****
MPFの登録の返事がやっと届く。フライトのみ手配は済んでいるので、宿とレンタカーを確保せねば。
*****
SYSMark 2007 Previewリリースの連絡が。Previewのオーダーは掛けてあるので、近いうちに届いてしまいそうだ。これでいよいよベンチ環境をVistaにせねばいけなくなるのか...

投稿者 ohara : 09:41 | コメント (0) | トラックバック

北京4日目

目覚ましをかけなくても、ちゃんと朝6時には起床できるようになっているのだから、人間の体ってすごい。シャワーを浴び、朝食。
DSCF8845.jpg
本日はタイミングがあわず、一人で。

さて、昨日に懲りて早めに会場に行ったら、今度は全然並ばずに入れるのが不思議。ということで、またもや基調講演の後でミーティングの梯子である。
P4182878.jpg
「こーんな」
P4182901.jpg
「大きな」
P4182940.jpg
「魚がね…」

本日は無事に昼食にありつく(写真忘れた)が、その際にチケットを渡すついでに自分のIDをなくしてしまい、再発行してもらったらチケットがもう一度ついてくる。また食えというのか?

最終セッションを終わって、やっぱりホテルで夕飯。相変わらず中華。
DSCF9308.jpg
もはやチャーハンはデフォルトとして、「エビチリ食べたい」とか言い出す奴が居たので、四川料理の中からそれっぽいものを探してオーダーしたら
DSCF9303.jpg
似ても似つかないものが。もっともこの唐辛子の辛味がたっぷり移ったオイルをチャーハンにかけたら大変美味であって、これはこれでありかも。ちなみに他には
DSCF9305.jpg
セロリと百合の根の炒め物
DSCF9306.jpg
シーフードスープ
といったあたりをいただき、満腹になったところで部屋に戻り就寝。

投稿者 ohara : 09:39 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月18日

北京3日目

やっぱり朝6時起床。シャワーを浴び、朝食。
DSCF8345.jpg
本日はMike Trainerと一緒にしばし雑談しながら。

さて、初日の最初のイベントといえば基調講演な訳だが、開始30分前の状況はというと...

DSCF8348.jpgDSCF8351.jpg
無秩序な長蛇の列。それでも最前列に某氏やら弟子一号やらが並んでいるのはさすがではあるのだが....

基調講演は、まぁいつものごとく
P4172608.jpg
「こーんな大きな魚がね…」

昼飯はSATA-IOのミーティングと重なって食い損なう。そのまま午後のセッションの合間を縫ってShowcaseを廻り、いくつかのミーティングをこなす。会場とミーティングの場所が異なる(Crown Plazaがミーティング場所になっている)関係で、2回ほど全力疾走するハメに。

へとへとになりながらホテルに戻り、やっぱりレストランで夕飯。この日はちょっと行くのが遅れ、いつものチャイナはオーダーストップ。なのでバーの方で夕飯を食わしてもらう。弟子3号はまたもやチャーハンを頼み、既に奴の血中チャーハン濃度は80%を越えている模様。私はというと、なぜかメニューにあったカオパックン。写真はまたもや忘れる。

その後、崩れ落ちるように部屋へ。回線は相変わらずであった。

投稿者 ohara : 20:28 | コメント (0) | トラックバック

北京2日目

朝6時起床。シャワーを浴び、朝食(写真忘れた)。飯を食ってる途中でふと後ろを見たらGrimsrudが居て挨拶。

本日はPress Dayということで、ゆっくりと会場入り。とりあえずDaveに「ダイエットどうなった?」と聞く。
P4162069.jpg
5ポンド痩せたそうである(^^;)

とりあえずはプレゼンテーションが終日延々と続く。
P4162269.jpg
「こーんな大きな魚がね…」

Bhattを捕まえて話をしていたら、昼食をやや食い損なった感があるが、それでも一応補給できた。ちなみにビュッフェスタイル。肉メニューが多いのがちょっとアレだった。

午後も説明が続くが、目玉はEdenのMobileセッション。なんとなくIntelの中におけるEdenのPositionがCEO(Chief Entertainment Officer)になってる感じがするのは気のせいか?
DSCF8338.jpg
「こーんな大きな魚がね…」

素直にホテルに戻り、昨日と同じレストランで中華。本日は少し学習し、チャーハン+2皿かなんかだったと思う。ところでお茶が最低一人30RMB、一番高いのだと150RMBとか猛烈だったのだが、ためしにプーアル茶(30RMB)を頼んでみたら、これがうまい。何度でもお代わり可能で、そのたびごとにきちんとお茶ステーション(?)で入れて、もってきてくれる。うーん、これで30RMBならいいかも(写真はまた忘れました)。

回線がいきなり悪化。それでも最低限の準備とメディアのバックアップを取る。Looxだと非力すぎて、カメラのメモリカードの内容をコピーしたり、USB HDDにバックアップを取ったりしていると、CPUの利用率が100%になってしまい、ネットワークが落ちるという体たらく。そろそろCrusoeでは辛いかもなぁ。というか、3台目にはともかく、2台目には能力がちょい足らなすぎるかも。以前に比べて写真のサイズや枚数が肥大化してるのが最大の問題ではあるのだが。ちょい考えねば。

投稿者 ohara : 20:26 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月15日

北京1日目

朝5時過ぎに家を出る。なんとか日暮里でスカイライナー1号(6:35発)に乗り込み、空港第2ビルへ。ちなみに日暮里には6:15位についたが、6:25位には「スカイライナー1号の座席は満席になりました」のアナウンスが。

さすがに時間がなく、チェックイン後はそそくさと出国手続き。それなりに混んでおり、出国手続きが終わったのは搭乗予定時刻20分前。タバコを吸いおわったらもうボーディングである。

さて、今回はAir China。機体はB757-200。で、エコノミーの座席はというと
DSCF7973.jpg
壮絶な狭さ。ノートを広げる余地は、Loox Sでも皆無。多分Flybookでも無理だろう。まぁ4時間だから耐えられるのだが。

機内食でBeef or Chickenと聞かれてChickenを選ぶと
DSCF7980.jpg
鶏の照り焼きご飯にそば、酢の物、なぜか人形焼。金魚型しょうゆ入れの利用目的は不明。ちなみにBeefを頼むと
DSCF7982.jpg
すき焼き、サラダ、フルーツ、ケーキ。こっちを選ぶんだったと後悔しても後の祭り。

入国審査はスルー。税関もスルー。まぁたまにあたる人はいるらしいが、とりあえず今回は何もなし...と思ったら甘かった。成田での換金レートが1元=17.2円とか暴利なので、北京でやることに。こちらは1元=16.2円だった。で、自動両替機があるので、ここに入金したところ、しばらく考え込んでから
DSCF7991.jpg
ちょっとまて、故障する前に金返せこら。

結局出国審査場の反対側に有人のTravelexブースがあったので、係員に説明してお金を返してもらい、無事両替はすむが、30分ほど無駄にした。

そのままホテルへタクシーで。20分強、71元と格安だったのはいいのだが
DSCF7995.jpg
治安はいまいちのようだ。このタクシーにはなかったが、多くのタクシーは運転席と助手席の間にも仕切りが。

ホテルは会場の隣の北京五洲大酒店。
DSCF8015.jpg
一見きれいだが、よくみると結構古い。

室内はまぁまぁ。
DSCF8048.jpg
ワーキングデスクがちゃんとあるのは非常に嬉しい。それはいいのだが、クロゼットを開けると....
DSCF8051.jpg

....えーと、黄砂対策用ですか?....

とここまで書いたところでX32のHDDがクラッシュ。以下写真は無いまま。

まぁもう少し状況をつかもう、ということで外に出てみる。ホテルの場所はというと、大まかにはここ。我々の北京五洲大酒店はCrown Plazaの隣(反対側の隣が会場)なので、大まかにはこのあたり。で、見事に何もない。しばらく歩いてわかったのは、この一帯が公園らしいことで、そりゃ何もないわ。ところが、更に歩くとかに道楽が(爆)。それどころかUCCだの珈琲館もどきだの、なんかどっかでみたようなものがぞろぞろと...結局昼食はその珈琲館もどきで。そこから更に歩き、やっとショッピングモールを発見、スーパーマーケットに入り、食品コーナーで飲み物やら軽食やらを入手して、ホテルへ。

夕飯は結局ホテルの中華である...が、分量の加減が判らず
・チャーハン2種類
・麺1種類
・野菜の炒め物
・確か肉系2皿
を頼んだら、全員死にそうになる。流石にホテルでToGoっつーわけにもいかんし。これにビールを合わせて400RMBほど。味は非常に美味であり、日本の相場で言えば安いのだが、現地の感覚では馬鹿高いのだろうなぁ。

食いすぎで辛い〜とか言いながら部屋に戻り、卒倒。


投稿者 ohara : 19:14 | コメント (4) | トラックバック

2007年04月03日

荷物が届く

P4020443.jpg
想定外のサイズ。もう一段小さい奴にしとけばよかった。まぁ、ネタにはなるか。

堺さん、お懐かしい。

投稿者 ohara : 04:29 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月19日

再インストール

X32にTrueCryptを入れて、うっかりブートドライブを破壊してしまう(T_T)現在再インストール中。
ちなみにOSはまたもやWindows2000。とりあえず原稿書きマシンをXPにして1ヶ月ほどたつけど、XPならではのメリットがそれほど無い一方、デメリットがいくつか。キーとかマウスのレスポンスがWindows 2000の時よりも明らかに悪くなってる。ということで、非力なマシンはWindows 2000で十分です。

奥様用仕事マシンの電源が予告なくばしばし落ちる。蓋を開けてみると案の定電源が過熱気味。エアを吹くとゴミが出てくる出てくる。要するに埃(含猫の毛)が邪魔になって、電源が十分に冷却されず、過熱でサーミスタが動いて電源強制ダウンという手順。
とりあえず電源を交換。古いほうはファンの回り方がおかしくなっており、これが直接の原因だろう。まぁファンは交換するとして、いまどきATX 12Vの300Wなんて電源、どうしたものか。しかも、メーカー名すら書いてないし。
*****
2000のインストールに難航。なんかCD-ROMがちゃんと読めない雰囲気。汚れてるのかなぁ、と思い取り出してティッシュで拭いていると
「クシャ」
記録面が引っ張られて破れてしまいました(笑)

もう1枚CD-Rで焼きなおしました。こーいうときにisoイメージをファイルサーバーに置いとくのは便利。実質10分程度しか待ちはありませんでしたとさ。

しかしCD-Rでも劣化するもんだなぁ。(ちなみに太陽誘電しか使ってません)

投稿者 ohara : 03:41 | コメント (4) | トラックバック

2007年02月12日

意外な盲点

XPをインストールして3日目。いきなり朝からブルースクリーン3連発。しかもその後も2度ほど。なーんかおかしいなぁと思い、まじめエラーメッセージをみると、NVTCP.SYSの中でエラー。
....nVIDIAのLANコントローラドライバか?

Windows 2000の時はまったく問題が無かったから油断してたぜ。

LAN1:NVLAN(オンボード)
LAN2:Marvell(オンボード)
という構成になっているのを
Disable:NVLAN(オンボード)
LAN1:Marvell(オンボード)
LAN2:Intel 82540EM(PCI)
という構成に変更したはいいが、BIOSでNVLANをDisableにするとブートしなくなる(-_-;)
結局BIOSでは殺さず、XPのNetworkのPropertyで"無効"にして回避。うーん、何が悪いのやら。まぁ、nForceのチップセットドライバに含まれてるLANドライバが理由なんだろうけど。
*****
狂ってる(最上級褒め言葉)

(医学都市伝説様より)

投稿者 ohara : 23:04 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月01日

新年

開けてません(号泣)

# 多分12月31時60時位までには明ける予定

(1/1 23:30追記)

あけましておめでとうございます。

# なんとか12月31日48時前に明けました

投稿者 ohara : 00:21 | コメント (4) | トラックバック

2006年12月20日

おのぼり(おくだり?)さん

# 本日はある特定出版社の中の人、及び某メーカー広報様向け内容となっております

広告企画のインタビューで朝から大坂へ。同行するのは営業K氏と編集の「股間から変なにおいが出ている股間から妙なにおいが出ている疑惑がある」Y氏。

で、インタビューそのものはつつがなく終了。問題はそのあと。若手営業K氏、大阪地区の幾つかのメーカー担当ということだが、これが2度目の大阪。なんせ新幹線すら数えるほどしか乗ったことがなく、前回の大阪は独りだけ一泊して夜に散策したものの、「何が大阪らしい食べ物かわからない」とかでラーメンだけ食って帰ってくる事になったとかで、全然大阪を満喫できなかったそうな。
なのでリベンジということで、Y氏の案内で夕飯は
DSCF6034.jpg
2度付け厳禁。白っぽいスーツがK氏。その奥の人は無関係。

更にその後はおのぼりさんというか、おくだりさんというか。
DSCF6037.jpg
通天閣に感動して写真を取りまくるK氏(を撮る私)

DSCF6039.jpg
食い倒れ人形に感動して写真を取りまくるK氏(右隅)と一緒になって写真を撮るY氏(を撮る私)

DSCF6040.jpg
かに道楽本店の看板の撮影に向かうK氏を(ry

DSCF6041.jpg
道頓堀に感動して(ry

DSCF6042.jpg
グリコの看板に(ry

てな感じで付き合って遊んでいたら、帰りは
DSCF6043.jpg
新大阪19:53、新横浜到着22:10。自宅についたのは23:00直前。とてもじゃないが、都内某所で開催されていた「らしい」某メーカー様忘年会の2次会に参加するどころじゃぁありませんでした。

ということで、参加できなくてすいません>某メーカー広報様

投稿者 ohara : 07:32 | コメント (4) | トラックバック

2006年12月02日

賄賂

「もしよければ猫ブログでご紹介を」とか言われたが、あまりに猫に関係なさすぎなのでこちらで。

昨夜、某社のえらい人に賄賂をいただく。

携帯ストラップ(液晶拭き兼用)

....正直、微妙。いや別に犬も嫌いではないのだが、何しろ猫派だし。

ちなみにもっと大きいサイズもあり

.....某わんこライター様が激しく欲しがりそうである(笑)ちなみに非売品。

*****
「もしよければ猫ちゃんのおもちゃに」
「それはいいんですが、ウチの猫にネズミのおもちゃ上げると、30分で腹を食い破り、翌日には皮と内臓が分離してたり、首がもげたりするんですが」
「それはやめてください」
*****
ちなみにもう一回り大きいサイズがあり、こちらはなんと受注生産(というか、ニーズが出たら発注をかける)そうな。某社の受付で受付犬をしているのだそうで。上のサイズが宝くじの4等レベルだとすれば、受付犬サイズは1等レベル位にレアだとか。基本的には、多大な貢献(多分同社の製品を10万個売ったとかそーいうレベルなのだろう)のご褒美らしい。受付犬を含めて2頭しかいないとか。
*****
さて質問。こーいう事をするのはどんな会社でしょう?ちなみにお名前は「フリス犬」だそうである(爆)
*****
とか書いてたら、受付犬のお写真が届く。

なんかもうバレバレな感じも(笑)

投稿者 ohara : 00:08 | コメント (2) | トラックバック

2006年11月30日

サーバー蘇生

ここ一週間ほど、急にサーバーの調子が悪い。なにせWeb兼FTP兼メールサーバなので、これがコケルと外部との通信手段がいきなり絶たれてしまう。

状況はというと、いきなり再起動。で、/が壊けているのでfsckを掛けると、Indexが飛んでいる程度で、まず問題なく修復できる。で、何事も無かったかのように起動してしばらくするとまた再起動。

この1週間は状況が非常に悪く、下手をするとfsckをかけてる最中に再起動が掛かる。

「これはどうもHDDの問題じゃないなぁ」というわけで、怪しいのはCPUかなぁと思ったのだが、ケースを開けてみたら

DSCF4646.jpg
コンデンサ、逝去。そりゃ、いきなりリブートかかるわけだ。CPUへの電源回路の4本の3300μF/6.3Vのうち3本、DIMMスロットへの3本の1200μF/6.3Vのうち1本がそれぞれお亡くなり。

普通ならここでマザー交換なのだが、なにしろモノがGA-6VEMLだから、今更新品どころか中古でも入手は難しそう。で、代替用のSC430はあるんだが、当たり前だがOSから全部入れなおしで、急場の役には立たない。

....コンデンサ変えればいいんじゃねぇか?と思いついたものの、既に秋葉原の店は閉まってる時間だし、12月に入るまで時間は取れそうにない。だからといって12月まで放置してられるわけもない。

....手持ちのマザーボードからコンデンサ抜けばいいんでないかい?とひらめき、漁り始める。最終的に犠牲になったのはAX4SG-UL。最近のマザーボードはあんまり大容量の電解コンデンサを使ってなく、一番デカいコンデンサを積んでいたのがこいつ。もっともそれでも1600μF/6.3Vなので、実際は容量不足なのだが、これまで3300μFが1本しか生きてなかった状況から考えれば、1600μF×3+3300μFになれば、遥かにマシなのは間違いない。とりあえず秋葉原にまともなコンデンサを買いに行けるまでの時間が稼げれば十分である。

つーことで30分ほどの作業で移植完了。無事にサーバーが立ち上がりましたとさ。

...まぁさっさとコンデンサまともなもんにしないとまたすぐに破裂しそうだけど。つーか、早くSC340に入れ替えないと。ということで、今年中の移行を決断。このくそ忙しい時期だから、あんまりやりたくはないのだが。

....誰かやってくれないかな?ちなみにSlackware 11(笑)
*****
結局安定してたのは24時間未満。再度リブートの嵐が発生し、泣きながら秋葉原へ。
瀬田無線(株)で新品コンデンサを買って来て、CPUまわりとDIMM周りは全取替え。
せめてこれで1ヶ月くらいは持って欲しいのだが。(11/29追記)

投稿者 ohara : 13:59 | コメント (11) | トラックバック

2006年11月07日

HDDLifeが酷すぎる件について

原稿書きマシンには、HDDの監視のためにHDD Life Proを入れている。無償版ではなく、わざわざ有償版を購入して違いを確認してみたわけだが。

で、FAQにはっきり「RAID diskはサポートしない」と書いてあるのは承知していて、なのでRAID-1を組んでいるドライブが監視されないのは納得できるのだが
20061107.png
ウソをつくのはヤメろ(-_-メ)

# 隣接するドライブは28℃なのに、こんな高温になるわけねぇだろ!

RAIDドライブをちゃんと見てくれるSMART監視ツールはどっかにないものか。

投稿者 ohara : 01:35 | コメント (6) | トラックバック

2006年11月04日

Attackって...

Attack of the Killer tomatoesが2007年1月にDVD化というエントリを発見したのだが....

DSCF4397.jpg
もうDVD持ってるんですけど。というか、アメリカではふつーに売ってる気が。私は確かBest Buyで購入。ほかにもこんなのとかこんなのとかもあるような....

# もし日本語吹き替え版という意味だったらごめんなさい。興味ないもんで。

*****
先日、この辺を見た某編集氏から、「Fateやるんですか?」と聞かれた。お答えします。やってません。未だにパッケージ開けてる暇もなく、積みゲー状態。

そういいながら、これはぜひやりたいとか思ってるんだが。いやランスVの頃からずっとやってるんで。昔、変幻自在かどっかに「ランスシリーズがAT互換機をサポートしたら98の時代は終る」とか書いたら、本当にサポートされちゃって驚いた覚えもあったような。やる暇あるのか判らんけど。
*****
ゲームつながりで言うと、今猛烈にやりたくてしょうがないのは、HoI2。だって、こんなのとかこんなの見たら、やりたくなるに決まっている。つーか、ここの「世界ふしぎ大戦!」を読んだら、そりゃぁねぇ。ちなみにHoI2、前回Fry'sに行ったら在庫はあったのだが、流石にこのクラスになると英語でやるのは辛いので、買うなら日本語版にしたい。

が、買ったら間違いなく2ヶ月は仕事が止まる(苦笑)んなHoI2やりながらベンチ取ったりロードマップ書いたりできる訳が無い。そういうわけで、未だに欲望を封印中。買ったら負けだ(泣)

投稿者 ohara : 20:46 | コメント (2) | トラックバック

2006年10月12日

満身創痍その2

やっと腰も良くなってきたと思ったら、今度は寝起きに首をやってしまった。

....とりあえず3日間はちゃんと冷却することという先生のお達しである。首が横に廻らん(T_T)

で、海の向うではG氏がやっぱり腰をやってしまって立ち上がれないらしい。

*****
インプレス、おでん専門誌「おでんWatch」を創刊
インプレスが「月刊ねこ新聞」買収─シナジー効果めざす

書きたいです(笑)

投稿者 ohara : 16:08 | コメント (2) | トラックバック

2006年10月09日

療養中

帰国後1週間、殆どひきこもりである。大体毎日の生活は3:00〜7:00AMの間に起床して、お仕事。11:00AM位に整体で腰を見てもらい、部屋に戻ってお仕事。5:30PMあたりから猫どものご飯とトイレ掃除をやって、またお仕事。8:00〜11:00PMの間に就寝といった感じ。真剣に腰をやってしまって、あんまり出歩きたくないというか、出歩けないというか。
加えて胃に来てしまい、飯が食えない。食欲激減である。胃の経絡がガチガチなんだそうで。ここにきて内臓にきたか、という感じで。本当なら今ごろはSan Joseに移動してる筈なのだが、行けなくて良かったというか、この体調で行ってたら間違いなく死んでいたと思われる。

ま、それでも日曜あたりから大分腰がマシになってきたので、リハビリを兼ねて外出。
不動前まで電車で移動→TOCまで徒歩→不動前まで徒歩で戻る→奥沢まで電車で移動→自由が丘まで徒歩→洗足まで徒歩→電車で帰宅
をやったら、へばってしまいましたとさ。1週間、外に出歩かなかったら身体がなまりまくり。ま、へばってばっかりもまずいので、本日もリハビリを兼ねて外出。6000歩ほど歩いてきました。いや帰り電車を使わなければ1万歩は堅かったと思うのだが、またへばりそうで。

で、先週の旅行の反省(?)

(1) Northwestでは牛肉しか食っちゃいかん
帰りの便はビジネスなので、食事はまぁまともな「筈」だったのだが、うっかりサーモンステーキ

を頼んだのだら「何故甘い?」サーモン、付け合せの野菜、ワイルドライス、全てが甘い。結局殆ど食べずに放棄。しかも腹具合までおかしくなり、着陸前の朝食が食えなかった。隣席のおっさんが食ってたビーフテンダロインがうらやましかった(T_T)

(2) Marriottはもう使わない
私は何も言われなかったのだが、同じS.F.MarriottでSmoking Roomにありつけた甲殻類専用プロセッサことライターY氏、チェックアウトの際に「今回はSmoking Roomだけど、次に来るときにはもうSmoking Room無いからね」と念を押されたらしい。もっとひどいのが、最終日にMarriott Townplaceに移動したライターS氏。Non Smoking roomだからといって外でタバコを吸っていたら、後になってOfficeのおばちゃんが部屋までやってきて「外でタバコ吸ってたようだけど、部屋は完全禁煙だからね!罰金は$250だよ!!」とかまくしたてられたとか。Hiltonの会員申し込みをするか、現在考慮中。そもそも来年以降の海外取材は真剣に見直しが必要。IDFはもう引退ですな。

(3) でたらめなセキュリティチェック
アメリカ国内ではライターと液体の持ち込み不可、という話になっているのだが、帰国直前に空港でライターS氏のかばんに、自分の持ってた100円ライターを潜り込ませた(勿論S氏は了解している)ところ、本当にセキュリティチェックに通ってしまった。もっとひどいのは飛行機に乗り込んでから。ゴールドメンバーのお陰でいち早く機内に搭乗できたので、そのまま離陸を待っていると、後からドリンク(水とコーク)を飲みながら乗り込んできたカップルが。液体持込不可の話はどうなった??

投稿者 ohara : 18:27 | コメント (2) | トラックバック

2006年10月02日

満身創痍

渡米2日目:
普通に朝起床、Moscone WestにRegistration。その後、朝食などを取ってからPress Meetingへ。その席で判ったのは、Smoking Roomを頼むとちゃんと用意されるということ。そこで早速フロントにねじ込むと、あっさりSmoking Roomに変更される。ところが用意された部屋に入れないので文句を言ったら、もうちょっとグレードの高い角部屋に上がる(笑)。で、15分で引越しをしてからPress Meetingの続き。SATA-IOのChairmanとのミーティングをこなした後で一旦部屋に戻り、引越しの後片付け。で、18:00から開始という正気と思えないMeetingに再び参加。ホテルに戻って荷物を置いてから、何時ものタイ料理屋に飯を食いにゆき、ホテルに戻って睡眠。

渡米3日目:
朝起きるとちょい腰が痛い。が、活動には支障なく7:00にはMoscone。情報交換などしつつ基調講演と、それに続くプレスセッションとRoundをこなし、17:30からはShowcase。ただし1時間で離脱してCocktail Partyへ。なにせExectiveと話が出来る貴重な機会なのだが、某DHのExectiveと話をして腰が砕けそうになる。1時間ほどで退去。ふたたびタイ飯屋で夕飯。部屋に戻って死亡。

渡米4日目:
朝起きたら激しい腰痛。ベッドから出口まで行くのですら一苦労。骨盤ベルトというかコルセットをするものの、まともに歩けない。それでも必死でホテルの出口まで、通常の3倍近い時間を掛けて移動するが、横断歩道を渡る前にギブアップ。スワニーのバッグにすがるように部屋に戻り、電話とメールで本日の予定キャンセルを数箇所に連絡。
原因はというとベッド。高級すぎてふかふかなので、腰が異様に沈み込む。普段仕事場の床に毛布を敷いて寝てる人間が使ってはいけなかったようだ。ためしに床にバスタオルを敷いて寝たら快適。そのまま半日ほど床で生活したら、最悪の状況は脱する。
セッションが終った後で欠食児童に昼食を、弟子1号に夕食をそれぞれ差し入れてもらい、空腹からもなんとか免れる。ついでに弟子2号に写真とか録音を貰い、最低限のデータは揃う。とはいえ腰は痛いままなので、早々と床で就寝。

渡米5日目:
腰はまだ痛いものの、コルセットをしていれば移動は出来るほどに回復。で、Mosconeに移動して取材を再開。しかしながら前日休んだペナルティは大きく、何かの罰ゲームかと思うほどにハード。PCI-SIGとの1to1が終ったときにはプレスルームも閉鎖されており、飯を食い損なう。とりあえずCoffee Shopでサンドイッチを入手してホテルに戻る。夕飯は中華街とかで最初はキャンセルのつもりだったが、後から行く組がタクシーで移動するというので、便乗を決める。ところがタクシー待ち20分。まだ罰ゲームは続いているようだ。で、中華街では甲殻類専用プロセッサ(笑)の横で、チャーハンなどを頂く。帰りはタクシーが拾えず、徒歩でホテルへ。そのまま荷造りをしながら、床で寝る。

渡米6日目:
9時過ぎに弟子2号がやってくる。で、手助けしてもらってチェックアウト。車に荷物を積み込み、SFOそばのHampton Innへ。ただCheck-inに時間があるので、昼食+買い物で時間をつぶす。Hampton Innで多少原稿を書き、夕飯はSaravana Bhavan。皆様には楽しんでいただけたらしい。ホテルに戻ってから原稿を仕上げ、それでも0時前には床で就寝。

渡米7日目〜帰国1日目:
9時過ぎにCheckoutし、空港へ。腰は相変わらず。まぁ荷物の積み下ろしとかは何とかなった。帰りはBusinessを予約しておいた(もともとMilageを使ってフライトを予約していたのだが、Economyですら3万mileのPark Saverで予約できず、6万mile使うPark Passが必須。ならばもう6万足せばBusinessに出来るので、あっさりこっちを選んだ)こともあり、腰の悪化は避けられる。奥様に荷物を託し、よろよろと帰宅。

帰国2日目:
朝イチで整形外科へ。渡米3日目あたりに、右肘に水が溜まって腫れている事に気づいたため。10ccほど髄液を抜き、「2週間ほど様子を見ましょう」。ついで整体で腰を見てもらう。「かなり腰の右の筋肉が硬直してて、左もそれを庇おうとしてかなり無理してます。緊張をほぐして元に戻るまで2週間ほど見てください」つーことで、2週間はおとなしくしていないとダメっぽい。そんなわけで、10/8から予定していたMPFの取材は泣く泣くキャンセル。2万5千円払ってフライトも取り消しである。まぁ、日本に戻ってこれただけ良しとすべきか?

投稿者 ohara : 14:13 | コメント (3) | トラックバック

2006年09月26日

渡米2日目(途中)

ねじ込んだら喫煙ルームに変わった(笑)

投稿者 ohara : 09:35 | コメント (1) | トラックバック

2006年09月25日

渡米1日目

ということで、IDF Fall 2006のために渡米。いつも通り、行きはNW28である。でNWであるからして食事は
DSCF3169.jpg
とか
DSCF3170.jpg
てなもんで。期待はしてないからいいのだが。

9:30頃SFO到着。朝食後にレンタカーをPickupしてから、これまたいつものコースで買い物をしてSFへ。で、チェックインしてわかった事

・ネットワークが$12.95/day
・コーヒーメーカー(というか、お湯を作る機械)がない

まぁ一つ目はしかたないとして、2つ目が許せん。つーか、そうでなくても客室内禁煙を強いられてていらついているというのに。つーわけで、
DSCF3174jpg
Welgreenで$9.99なり。早速
DSCF3175jpg
コーヒー作れました。マグとインスタントコーヒーは持参してるので、お湯さえあればよかったんだが、まさかお湯が無い部屋だったとは。

ところで色々手配をミスって、直前にほとんど睡眠なし状態。で、フライトも最初の3〜4時間程度しか眠れず。で、チェックインしてから一度昼飯がてらWelgreenに出かけて買い物して、戻ってきたのが16:30くらいか?で、そこから眠りにおちて、起きたら4:30でしたとさ(笑)

投稿者 ohara : 20:45 | コメント (5) | トラックバック

2006年09月14日

BSD

昨日はFTF Japan 2006の取材で雅叙園へ。
レポート自体は塩田氏が書いてくれるんで、私は物見遊山気分で....という訳にもいかないのだが、それはともかく。

Technology Labに行くと、PowerQUICCにBSDを載せるという不思議な展示を行っている某A社のブースが。で、説明員の方が「どう説明したものか」と困った顔で手持ち無沙汰気に立っている。で、それとなく「これってTさん(A社社長)の趣味?」と聞くと、説明をする必要がなくて助かった、という顔で「ええ、そうなんです」。

やっぱりな(笑)

# 次はぜひColdFireに移植してもらいたいものだ。

投稿者 ohara : 22:42 | コメント (5) | トラックバック

2006年09月05日

突っ込み

Freescaleの8bit MCUの記事とかにも色々ご指摘を頂いていて、やっぱり1歩踏み込んだ記事を書くとちゃんと突っ込みが入るなぁ、とか思ったり。

で、話はふたたびコレこれとかこれでも少し書いたけど、要するにCore MircoArch.は何を目指してるんだ、という話。

で、いつも拝見している「たるさんのパソコンフィールド」でも突っ込みを頂いたので、少しお返事がてら考えてみたいと思う。

RightMarkの結果だけでは「3 x86命令/Cycleを狙った構造」なのか、「実行ユニットがPoorなので3 x86命令/Cycleしかでない」のか判らないのはご指摘の通り。根本的なところで言えば、RightMarkの問題というよりもx86命令の形でしか投入できず、内部ではMicroOpsで処理されるというあたりが、もうどうしようも無いとも言えます。勿論色々なパターンを追試すれば見えてくるものも有ると思います。その点では今回(時間の制約もあって)RightMarkしか出来なかったとか、Banias/Dothan/Yonahを試せなかったというあたりが悔やまれるところではあります。

いや実際、これの追試のためにYonah買おうかと思ったんですが、Core2 Duoより高いんですよね(^^;) DothanはThinkPad X31あるのですぐ試せるんですが。

で、次にボトルネックの問題。律速段階がどこにあるかというと、可能性は
・Decoder
・Scheduler
・Executor
のいずれ(もしくは複数)と考えられる。ここで問題なのは、「仮に4 x86命令/Cycleを見据えた場合、その命令コンビネーションはいかなる形になるのか?」という話。IntelのP6/NetBurst/Banias・Dothan・Yonahといった昨今のアーキテクチャは、大雑把に言えば2 ALU+Load/Storeという構造をとっている。この構造でも結構3 x86命令/Cycleに近いところまで行くというのは、例えばDothanが同クロックのK8に近い(orこれを上回る)性能を出すことから推察可能。となると、3 x86命令/Cycleにおける一般的な命令のCombinationは 2ALU+Load or Storeのパターンが多い様に推察できる。x86の場合、何しろ3オペランド命令はないわ、汎用レジスタは少ないわなので、アセンブラをハンドオプティマイズした場合はともかく普通にコンパイラを掛けたプログラムの場合、どうしてもスタックを多用しがちになる。これは必然的にLoad/Storeの比重が高まるわけで、3 x86命令/Cycleを超える先ではこの比重が更に高まりそうに思える。なので、実際真剣に4 x86命令/Cycleを狙うのであれば、たろ氏とは逆にLoad/Storeユニットの数が足りない様に思う。3 ALUに2 Load/1 Storeあたりが適正なユニット数じゃないか、というのが私の「直感」。Storeが1でいいのは、どうせ書き出しは遅いからStoreユニットを増やすよりもWrite Bufferを強化したほうが得策だと思うため。にも関わらずCore MicroArch.が1 Load/1 Storeで事足れりとしているあたりが、私がExecutorがボトルネックにはならないと考える主要な理由である。
んじゃどこで?というとこれが難しくって、原稿ではDecoderの問題を示したが、後から考えるとSchedulerが詰まってるためじゃないか?なんて気もしてきている。アベンド氏への2度目のお返事でも書いた話だが、Decoder 0のスループットが正直良くわからないので、4 x86命令/Cycleのデコードが可能かどうかは現状謎。で、RightMarkの様にNOPだのADDだのだけといった、依存関係が少なく投機実行させやすいプログラムはともかく、普通のプログラムで依存関係ありまくりのものを、どこまで解して投機実行させられる能力がSchedulerにあるのかも現状謎。そんなあたりも踏まえて、あーいう結論になったとご理解いただければ幸いであります。

正直このあたりはもう外から見てても判らなくって、なのでArchitectの中の人(このあたりの人ですね)をIDFとかで捕まえて聞くしか無いんですが、果たして素直に教えてくれるか。そもそもValentine氏に関しては、前回のIDFでさんざ捕まえてあれこれ聞きまくったので、今回は警戒して来てくれない気もするし。Moolyは間違いなくIDFに居ると思うが、もう偉くなってしまったんでそうそう捕まえられないし、そこまで細かい事は知らないだろうし。

という訳で、本エントリの結論として「おっしゃる通り、原因は確定できません」ということで、お返事に代えさせていただきます。

あと注釈について。fxchは一見ナイスな気もするんですが、Decoder 1〜3のSimple Decoderで解釈してくれるかしらん?試してみないと。NOPに関してはちょっと悩んだんですが、これをScheduleで消尽させてしまうと、昔のNOPを使ってタイミング取ったりしてたプログラムが全滅しそうな。なので、実際にExecutorがどう動くかはアレですが、少なくともSlotは確保してるだろう、というのが私の見解です。Intelは過去との互換性には神経質で、仮に変更があれば絶対にアナウンスが入ると思うのですが、HPCデベロッパー・カンファレンスではNOPに関する話は一切なかったので、おそらくこれは何かしらやっている、と判断しています。

今後もこういった技術的な突っ込み、お待ちしておりますm(_ _)m

投稿者 ohara : 05:41 | コメント (1) | トラックバック

2006年09月01日

8月は

殆ど死んでいたという感じで終始してしまった。
やっぱり、渡米直前(というか、それで終らず渡米した後まで)原稿を書いていたのが災いしたらしく、帰国後は一気に体調悪化。で、ある程度以上体調が悪化すると精神状態も一気にダウン。またもや軽い鬱症状に。とはいえ、今回は体調を復帰させることで、お薬にもたよらずなんとか脱出したが。やっぱ40過ぎて無理してはいかんつーことですな。

で、その体調復帰に多大な効果があったのが

的場電機製作所のプチローラー。たまたま東急ハンズの新宿店で実演をしているのを奥様が
見つけ、体験した翌日に引っ張ってゆかれ、そのまま購入。仕事しながら足の裏をこれで刺激しつづけていると、脚のむくみとかが大幅に解消。体調も大分よくなりますた。
*****
で、それとは別に。やはりモニターを見続けていると目が異様に疲れ、眼精疲労が肩こりや頭痛に繋がるというコンボ。で、ついに耐えられなくなって眼科に出かけた結果

ついに私も眼鏡っ子に(違

元々遠視気味の人なので、近くのものを長時間見つづけるのはちょい辛く、にも関わらず毎日12時間以上モニター見てたらそりゃ眼精疲労もするわけだ、というわけでモニターが見やすくなるようにプリズムを入れた、仕事時専用眼鏡。まだ違和感は多少あるのだけど、以前よりもモニターを見るのが確実に楽になった。ちなみに外出時などは不要なので、普段は裸眼のままです。
*****
で、これに関連して。眼鏡を作る前に、とりあえず19"モニターで1920×1440を見てると真剣に眼が疲れるので、やむなく1600×1200に解像度ダウン。この時点でMatrox G650を使う理由が殆どなくなった気はするが、それはまぁ華麗にスルー。で、画面が狭くなってちょっと不便だなぁ、ということで

ついにトリプルモニタ環境に。まぁ慣れると便利。
*****
全然無関係ですが、これにモロに該当。どういうわけか最近ローカルに置いたファイルが続々壊れ始めてて、HDDを交換してみたりしても効果ないしと思ってたら、まさにこれだった。とりあえず現在はKB920958をアンインストールして様子見中。
*****
メインマシンをA8N-SLI+Athlon 64 X2 3800+で運用していたが、つい勢いでAthlon 64 X2 4600+に更新。確かに処理が高速になった。で、ゲームマシンは以前からAthlon 64 3800+で運用中。居間マシンはPentium M 1.6GHz(Dothan)で作り直し。奥様の仕事マシンは以前からAthlon 64 3200+で利用中。というわけで、ファイルサーバー(Pentium 4 3.06GHzを400MHz FSBで利用中)を除き、NetBurst Architectureが部屋から駆逐されました(笑)

といってもCPUとかマザーボードはまだ余ってて、先日第一陣を友人に無理やり送りつけたのだが、第二陣が現在準備中。とりあえず
・Pentium 4 2.4GHz(HT Enable)+MSIの865Gマザー(MicroATX)
・Pentium 4 560+MSIの915Gマザー(DDR/DDR2の両対応、ATX)
なんぞを放出予定。ご希望の方はご一報を(笑)

# 応募は私が個人的にお知りあいの方に限らせていただきます。
*****
なんて感じで部屋の整理などしつつ体力が回復したのが8月第二週。気力も回復して鬱から抜けたのが第三週。で、そこからFTFのレポートだの何だのを大回転で処理しているというのが現状。まだFTFのレポート終ってないのだが、FTF Japanが開催される前には掲載できるようなタイミングで入稿いたします>某編集長様
*****
MarriottチェーンがUS&Canadaで全室禁煙になってしまった(T_T)。
もう二度とMarriott Townplaceは使ってやんない。

投稿者 ohara : 03:11 | コメント (10) | トラックバック

2006年08月13日

64bitがわかる

おくればせながら、 いただきありがとうございますm(_ _)m

いや企画趣旨はやね氏の言う通り「おじさんむけ入門」とか「フレッシュマン向け入門」の筈で、それに沿って書いてた筈なのですが、出来上がってみると業界向けになってしまったという。しかも何の業界だかよくわからない(苦笑)

投稿者 ohara : 07:51 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月10日

ベンチマーク記事の補足の補足

このエントリと、このエントリに対する簡単な補足など。

x86命令レベルでIPC=4を目指すためには何が必要か、を考えると3つの要件が出てきます。

(1) デコーダがSustainedで4命令/Cycleのデコードが可能なこと
(2) スケジューラが、Sustainedで4命令/Cycle相当のμOpsを送り込めること
(3) 実行ユニットが、Sustainedで4命令/Cycle相当のμOpsを実行できること

で、実は(1)と(3)はすごく簡単。要するに力技でデコードユニットと実行ユニットを並べれば済みます。当然キャッシュ帯域とかメモリ帯域はより高い性能が必要になるわけですが、これはCPUコアの外の問題なので、ここでは割愛。

で、一番難しいのはおそらく(2)です。つまり命令間の依存関係を上手くほぐして、独立に実行可能な様にすることで、これがうまく行かないと幾らデコーダや実行ユニットを並べても、実効性能が低いまんまということになります。

そもそもK7→K8でIPCが20%ほど向上してるわけですが、これが何で成し遂げられたかというと、デコード→スケジューラ段の見直しなんですね。これは両方のパイプラインを比較するとわかります。で、今のCoreが、んじゃIPC=4に耐えるだけの依存関係解消能力を持っているか、というと甚だ怪しい気がします。

あとDecoder 0のスループット。これでも判るとおり、NOPですらIPCは2.9命令/Cycle程度になってます。そもそもRMMAでNOPをひたすら投入した場合に、それをどのDecoderで処理するかが明確になってないんですが、仮にNOPの場合はDecoder 0〜3が均等に使われるとします。そうすると、スループットの期待値はDecoder 0のスループットをα、Decoder 1〜3のスループットを1とすると

仮にDecoder 0のスループットをαとすると、
((α+2)×3+3)÷/4
つーことになります。で、この結果が2.9なわけですから、計算すると
α=(2.9×4)÷3−3≒0.87(命令/Cycle)
というあたりですね。

で、一番疑ってるのは「仮にNOPの場合はDecoder 0〜3が均等に使われる」という前提そのものだったりします。つーのは、そもそもCoreはFetch/PreDecodeのステージで、Length Markingの処理を行う訳ですが、この時点でSingle μOpかどうか判断ができる訳です。で、Single μOpと判ってるものを、わざわざComplex Decoderに送り込むかなぁ?と。このあたりはもう少し考察しないといけないんですが、そんな非効率的な事はしないんじゃないかなぁ、というのが私の率直な感想です。つまり、Decode 1〜3がそもそもスループットが1よりちょい少なく、結果としてIPC=2.9程度になっている、と。
ただこれを確認するためには、LCP以外で2つのμOpsになるようなx86命令で同じことをやってスループット確認しないといかんのですが、まずプログラム考えるところから始めないといけないのがなんとも(苦笑)

つーわけで、そのうち時間ができたら何か書くかもしれません。出来ない気もするけど(自爆)

投稿者 ohara : 04:41 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月08日

夕暮れ

投稿者 ohara : 19:22 | コメント (5) | トラックバック

2006年08月07日

ベンチマーク記事の補足

Core2ベンチマークの完成版が割と好評(?)な様で、3週間もかけてベンチ取った甲斐があるというものである。で、色々な場所でそれぞれ批評を頂いていたりする。

そんなお一つが「Intel Core 2各種ベンチまとめ記事@MYCOM」であるが、やっぱり結論に至る途中過程が判りにくかったようなので、補足。

こちらの記事での指摘、簡単に言えば「Decode段のスループットが3命令/Cycleなので、『実質的にはx86命令で3命令/Cycleを狙ったアーキテクチャである。』と考察しているが、でもALU命令ばっかりしかテストしてないじゃん」という話。

この指摘はその通りなのですが、もう少し話は複雑だったりします。

そもそも判りにくいのが、μOpレベルのIPCとx86命令相当でのIPCの換算。実はCore2に関しては、1つのx86命令が幾つのμOpに変換されるか、今のところ明示的に示されてません。ただ過去の経緯から言えば、x86が1つないし2つのμOpに変換されると考えるべきです。なので、x86でIPC=3を実現するためには、最大6つの実行ユニット(≠ALU)が必要となります。何で≠かというと、1つのx86が2つのμOpになるのは、ALU命令+ロードストア命令、というパターンがあるからで、この場合ALUが6個あっても無駄で、ALU3つとロードストア3つが無いとIPC=3を実現できません。これを馬鹿正直に実装したのがK7/K8ということになります。

んでCore2は?というと、(元記事にも指摘がありましたが)これで指摘があるように、Simple ALUが3組、LoadとStoreが別々に1つという構成。FPUを別にすれば、最大5つのμOpを実行できる計算になります。なので、1つのμOpに変換できるx86命令を上手く組み合わせれば、x86換算でIPC=5が狙えるんじゃないのか?という事でしょう。言い換えれば、今のデコードスループットが3Bytes/Cycleなり6Bytes/Cycleなのは、特定の命令ばっかりまとめて処理してるからこのあたりでピークが来るのであって、もっとバラエティに富んだ命令だったら実行段のスループットがもう少し上がり、結果としてデコードスループットももう少しあがるんじゃないのか?というあたりが指摘されております(解釈が間違っていたらご指摘ください)

で、この指摘に対するお答えですが「その可能性はあるが、微妙」というもの。まずはこちらをごらん頂きたいのですが、そもそもデコード段は最大4命令/Cycleで、うちDecode 0のみ全x86命令を、Decoder 1〜3はSingle μOpのみをサポートしていると明記しています。つまり、デコード段では最大5μOpを生成できる「筈」です。

で、NOPを始めとするSingle μOpに関してはほぼ3μOps/Cycleで実行できていることから、Decoder 1〜3のスループットは1μOp/Cycleであると想像されます。問題はDecoder 0のスループットです。これがどの位か?というのは概ね想像が付きます。それはこれ。LCP(Length Change Prefix)がついた命令はおそらくDecoder1〜3では扱えないのでしょう。結果、0.275命令/Cycleという、かなり遅めの結果になっていますが、Decoder 0はこのあたりが性能の限界ではないかと思っています。このあたりはもう少し様々な命令を突っ込んでみないと断言できないので記事には書かなかったんですが。なので、フルに動いても3.3命令/Cycle(x86換算)程度という可能性が非常に高いと私は考えています。

勿論ここにはMacroOps Fusionの話は一切加味してません。なので、これの効果でひょっとするともう少し性能が上がるかもしれませんが、それでも4命令/Cycleには行かないと思っています。というのは、MacroOps Fusionは2つのALUに対しての命令(こちらの最後でまとめてますが)なので、Load/Storeユニットは使ってくれないからです。

あと、このデコーダ段の制約を抜きに話をすると、Core MicroarchitectureがピークでIPC=5を狙えるというのなら、K7/K8はIPC=6を狙えるアーキテクチャっつーことになっちまいます。K7/K8は一応デコード段がx86命令換算で3命令/Cycleのデコード性能なので、普通に考えるとこんな形でμOpが投入される可能性は低いのですが、今スケジューラに3つのLoad命令がデータ待ちしていて、そこに後から3つのALU命令(例えばNOP)がデコーダからやってきて、これが一斉に実行ユニットに投入されるとピーク時にはIPC=6という事になります。これは別にAMDのみならずIntelのP6/P4も同じなんですが、にも関わらずAMDやIntelがこーいう事を言わないのは「そんなケースは殆どない」からです。上の例(つまり3つのLoadと3つのNOP)のケースでは、確かに投入したCycleではIPC=6ですが、その前はIPC=0(つまりデータ待ちをしている)なので、平均すればやっぱりIPC=3っつーことになりますし。

そういった事も加味して、「Coreではデコード段が最大5μOps/Cycleと言っているけど、実質は(x86で)3命令/CycleそこそこがSustained Rateっぽい。また実行ユニットも最大5μOps/Cycleと言っているけど、x86で換算すると概ね3命令/Cycleがピークっぽい。ということで、『x86命令換算で3命令/Cycleを狙ったアーキテクチャ』とみなすのが妥当であろう」という判断をしております。

というような話は、本当は記事にして原稿料を稼ぐのが賢明なんだろうなぁ(笑)

23:17補足:
というよーな事を書いたら編集部から「勿体無いのでこっちに送ってください」といわれた(笑)。
でも記事にするとTB送ったりコメントつけたりできない(編集部にメールを送っていただければ転送してもらえますが)のと、ちょこちょこ手直しできない(上の文章、5回ほど書き直してます)のがネック。だからといってMYCOM JournalをMTで作れというのも無茶な話だしなぁ。

投稿者 ohara : 19:56 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月01日

フロリダ7日目〜帰国

一旦2時過ぎに起床。軽くパンだけ焼いて食し、2度寝。起きたら午後4時過ぎ(!)。真剣に疲れてるようだ。
とりあえず夕食は

Spicy peanut noodles。Spicyとか書いてある割にはあんまりスパイシーでなく、しかも甘い。だめだこれは。
で、そこからテープ起しなどを始めつつ、適当に荷物の片付けもしたり。
0時過ぎに最後の食事。

Shrimp & angel hair pasta。まぁ及第点というレベルか。

結局出発までに2本目の原稿完成せず。そのまま8時頃にHotelをCheckout。途中でガソリンを入れつつ空港へ。空港に降り立つと、まぁオーランドらしい光景を見かけたり。
DSCF2277.jpg
まぁ遊びに来るのが普通だよな。で、オーランド空港で朝食。

ツナサンド。本当はスナックがおまけなのだが、要らないと言ったら「んじゃバナナ1本持ってけ」実にシンプルというか。
で、Orlandoあたりでは、普段見かけないLocal Airが落ちてる。

多分ここの機体。
さて、Orlando→DetroitはFirstにUpgrade出来たが、まぁ2時間だし、寝てるだけだし。で、Detroitでポカミス。一旦荷物のPickupが必要な気がして外に出てしまう。気が付いてすぐに戻るが、Security Checkで時間が掛かり、SportsBarでタバコを吸う機会を逃す(T_T)。結局何もないまま、乗換。
帰りのメシは

ちきーん。もう一つはびーふだが、メニューみただけで不味そうと判る代物。で、朝食は

オムレツ。まぁ可も無く不可も無く。多少定刻より遅れ、18時そこそこに成田到着。結局帰宅したのは22時近く。そのまま沈没。

投稿者 ohara : 19:25 | コメント (3) | トラックバック

2006年07月29日

もうすぐチェックアウトせねばいかんのだが

2本目の原稿が全然終わらん(T_T)

投稿者 ohara : 20:15 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月28日

フロリダ6日目

朝1時に起床、なんだけどひたすらだるくて仕事にならない。
とりあえず朝飯は昨日スーパーに寄って買った

ちょっと妙なカルフォルニアロールもどき。米が食いたい、という訳ではないのだが、買い置きできる手軽なもので、肉を避ける方向だとやっぱりこういうことに。で、食事後にもう一度寝る。起きたら7時近いので、シャワーもパスしてそのまま会場へ。まぁ今日は朝から基調講演があるわけじゃないからのんびり、である。とりあえず

軽く2度目の朝食(というか、これが本来の朝食か)。

食事後、予約を入れないままHands-On Sessionに飛び入り。定員割れしてたのか、問題なく入れた。実は同時開催の別セッションもちょっと興味深かったので、こっちに入れなければそちらに行こうと思ったのだが。で、Code Warriorでいろいろ遊ぶ。いきなりサンプルソースがコンパイルエラーを出し、講師が頭を抱えるという楽しい進行に。ま、単にWaitを入れるだけだったので、ちょいと書き換えて対応。久々の8bitアセンブラであるが、まだ何とかなるもんだな。

さて、昼食はClosing Sessionと一緒。テーブルにはサラダとデザートが用意され

メイン(ベジタリアン用)は

てな感じ。大ぶりのパブリカに米と豆ほか色々を詰め込んで蒸してあり、そこに豆のフライが載り、トマトソース。一般の皆様はチキンでした。結構美味。

で、問題のClosing Session。SpeakerはNeil A. Armsrong氏。内容とかは記事ネタになるのでここでは触れないが、あらかじめ全てのテーブルには

が配られている。で、表紙をめくると

という素晴らしさ(笑)。

ところで一つ驚いたのは、やっぱり彼はまだアメリカ人にとって英雄なのだなぁ、と。かれが登場すると会場の聴衆は一斉に立ち上がって拍手。退出の時もおなじく。で、彼の講演の前と後で登場したCEOに対しては、拍手はするけど立ち上がる人など皆無。なかなかおもしろうございました。

午後も2時間のセッションを受け、このあたりで人間が電池切れ。ホテルに戻ってダウン。

投稿者 ohara : 18:15 | コメント (3) | トラックバック

2006年07月27日

フロリダ5日目

朝1時起床。やっぱり回線は復帰してない。
朝食は

Beans & Riceで、味はそう悪くないのだけど、野菜に掛けた甘いドレッシングとのマッチングが最悪。
6時にシャワーを浴び、7時には会場入り。軽く2度目の朝食

を取ったあとでHotSpotに移動、メールのチェック。スパムメールを消すのが大変である。

本日は1to1が3本とGroup Interview、Lunchon Meetingという結構ヘビーなスケジュール。結果、セッションには一つも参加できずに終わる。面白そうなものはいくつかあったのだが、全部1to1に被っててどうしようもない。まぁMaterialはあるからいいか。で、Group Interviewのみスケジュールが変わり、他と重なってしまったのでCancel。後で聞いたら面白そうだったけど、必ずしも私のカバー範囲ではないので、まぁいいとしよう。

インタビューが全部終わったのは16:30過ぎ。そろそろ自分の電池が切れかかっていたので、そのままホテルに戻る。回線をチェックすると、何事もなく復帰してる。あー、やっぱ思ったとおりだ。ただ仕事を始められる状態にはなく、18時には就寝。

投稿者 ohara : 18:03 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月26日

フロリダ4日目

ジャスト0時位に起床。朝食は

パスタ(フィットチーネ)は可も無く不可も無く。スピナッチは皿に入りきらず、3回に分けて盛る羽目に。ところでドレッシングは微妙に外れ。ブルーチーズとビネガーなのに、何で甘い?

6時にシャワーを浴び、そのまま会場入り。日経の人とかFreescale Japanの人と朝食場所で合流。で、いきなりMorning PressSession。

基調講演はまぁ其のうち原稿に書くとして、

すごく処理しにくそうな、横長プレゼンテーション。どうしましょ?これ。

今日は途中に1to1のインタビューを1本挟み、1時間のセッションが2本と2時間セッションが1本。明日はインタビューやらLunch Meetingやらが入ってるから、あんまり参加できないだろうな。

で、18時過ぎに会場を離脱。ホテルに帰ったところでトラブルが。
Webには問題なくアクセスできる(というか、今もこれを書いてるんだし)のに、MailやらFTPやらSoftetherやら、要するにポート80以外が全滅している。で、フロントデスクに連絡すると「ISPにそのまま連絡しろ」というので、フリーコールで延々と話すこと1時間以上。最初に出たにーちゃんも的外れな事を色々言うが、その後に変わった"Highly Technical Support"のにーちゃんが最悪。やれマシンをリブートしろだの、ウイルスにやられてないかだの。あのさー、yahoo.comにPingすら通らない(つまりICMPすらもブロックされる)とか、ISPのDNSはアクセスできても、OpenDNSにアクセスできないとか、あんたらがフィルタリングミスってる以外の理由あるのか?まずメールが通らないというと、「んじゃSMTPをこれに変えろ」POP3放置されたら意味ないんだが。おまけに、"んじゃこの設定のこれはどーなってる"とか質問がバンバン来るが、日本語のWin2Kの表記を説明してもわかりっこないので、英語版Windowsでの表記を思い出しながら翻訳。普段から英語Windowsつかってて良かった。
で、最終的な台詞が"Infrastructureの問題だから、1-877-XXXX-XXXXに電話しろ"ってさぁ....そんなこと最初に気付けよ。そう言ってるんだから。
この時点ですでに夜の9時を過ぎている。面倒になり、そのまま放置。とりあえずエキサイトのフリーメールアカウントを獲得。某編集部と自宅に連絡して、そのまま寝る。まぁ、会場に行けばメールアクセスできるから、それほど大きな問題にはなるまい。返事がおそくなるだけで。

追記:なんかログインできなくなってる。何でだ?パスワードが違う、と怒られるが、回復の手順はSSL接続が必要で、SSLもやっぱり通らない。もう面倒なので放置。

*****
ところでこのあたりは有名なOrange County。なので、道行く車のナンバーにはオレンジがアレンジしてある。んじゃ自分のレンタカーは?と思ってみてみると、
DSCF1732.jpg
何故ルイジアナ?

投稿者 ohara : 15:06 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月25日

フロリダ3日目

なんか生活時間帯がおかしくなってて、ちょっと苦慮中。夜中の食事は撮影ミスってデータが消えてしまう。ちなみにほうれん草のラザニアとスティック野菜(セロリ、ベビーキャロット、ブロッコリー)&Dipのセット、WholeWheetのパン3枚。ブロッコリーがちょっと水分抜け気味だったのがつらかった。

夜すっきり眠れず、短時間の睡眠を繰り返す感じ。そんなかんなで夜の11時過ぎに、とんでもないメールが続々入ってくる。
「この件に関するConference Callが24日朝8時にあります」その時間にホテルを出て会場に行かないとまずいんですが。
「XX日に記者発表会を行います」まだその頃はフロリダに居るので行けません。
つーことで、返事を書いたりしながら、どたばた。
で、その後仮眠を取り、目がさめたら遅刻寸前(!)。結局朝食を取らずに会場へ。

さて問題の会場。外は「暑い!」とか思ってたら、突然スコールがやってきたりするので、気が抜けない。でもこれで温度が下がるかと思うとそうでもなくって、結局湿度が上がるだけ。で、室内は「寒い!」台北の冷房の入り方も半端ではないが、こちらはそれを上回る。マジにスノボージャケット持参してきて正解。実際最初のセッションは余りの寒さに眠りそうになる。

ところで本日は昼食なし。結局朝・昼と食わないままコーヒーだけで我慢。夕飯はTechnology Labで開催されたWelcome Receptionで何か食えるだろう...と思ったら、肉ばっかり(T_T)。まぁそれでもえびとか野菜とかフルーツとかに何とかありつき、18:00過ぎに離脱。そのままホテルに戻ってきて寝落ち。

DSCF2001.jpg

投稿者 ohara : 14:53 | コメント (2) | トラックバック

2006年07月24日

フロリダ1〜2日目

FTFの取材のため、7/22に成田を出発。折角のB747-400なのに、Upgradeの望みは皆無。つーことで久しぶりにB747のEconomy。で、Economyであるからして食事は

それなり。ちなみに全く辛くない野菜のグリーンカレー。

フライトは20分早く出発し、1時間早く到着したが、その後のBaggage Pickupで手間取り、あんまり変わらず。

Detroitで乗り換えが入るが、ここで初めてExpress Tramを使う。

といっても、中は

てな感じで、あんまり感動がない。SFOのAir Trainから座席を抜いた奴、とでも言えば判る人には判るか?これがDetroitの空港の中を行き戻りしてます。

Detroit→OrlandoはOverbookかなんかでFirst Classに勝手にUpgradeされてたが、結局寝てて何もメリットなし。大体食事のサービスもないし、2時間ちょいだし。

結局Orlando到着は18:30過ぎ。そこからBagage Pickupでまたしても手間取り、結局Rent a car Pickupは19:30近く。で、地図を片手にそれでも迷わず20分ほどでHotelにCheck in。食事を求めて近所に出かけたら、あっさりスーパーが見つかる。ということで、夕飯はお手軽に。

2日目は、やはり移動が堪えたのか11時過ぎに目覚める。ところで今回借りた部屋、一応Studioではあるのだが、無駄に奥行きが。

なんでかというと、手前にFireplaceがあるからで

結果、仕事机が食卓と共用。

まぁ一人だから困りはしないのだが。ちなみに当然ながら今の時期、Fireplaceなんぞ使えるはずもなし。というか、使ったら暑すぎて死ぬ。

身支度をしてから、会場へのルート確認と買い物、昼食をかねて出かける。会場がものすごかったのだが、まぁそれは記事のネタにするとして。一応大雑把な道路の関係は把握したのだが、走ってる最中にふしぎだったのが、謎の標識。

何だこの肉球、と不思議だったのだが、ホテルに戻る直前に解決。

バスの停留所でしたとさ。

投稿者 ohara : 12:50 | コメント (4) | トラックバック

2006年07月21日

あーあ

これの最後で言った通りになっちゃった。

*****
明日から6泊8日でフロリダである。んでもって天気はというと....

最悪じゃねぇか?これ。
*****
で、渡米前のラッシュ時に限ってトラブル。なんか原稿書きマシンの挙動がおかしいので再起動したら、BIOS Messageで「チップセットファンが動いてないよ〜」。A8N-SLIの最大の弱点かもしれない。真剣に動かなくなっているので、ヒートシンクはそのままにファンだけ撤去。で、手持ちの50mmファンを無理やりつけてみる。

一見自然だが、

実は無理やり。でもまぁ安定してるし、このままでいいか。

投稿者 ohara : 04:40 | コメント (2) | トラックバック

2006年07月06日

備忘録

Bench'em'allでQuake4 v1.2のTimedemoを実行する方法

(1) Command line Parameterをセットする
+set s_noSound 1 +set timescale 7 r_useSMP 1 +set image_useCache 1 +playnettimedemo id_demo001 +wait 3000 +playnettimedemo id_demo001 +wait 3000 +exit
(2) 解像度は1回に1つだけ指定
(3) Quake4のq4baseディレクトリのしたのqconsole.logの最後にfpsが出てくるので、記録

AMD Dual-Core Optimizerを不用意に入れると、ブートしなくなる。で、Safe Modeから削除しようとしても、Safe ModeではWindows Installer Serviceが立ち上がってないので不可能。

対処法:Safe Modeで立ち上げて、C:\Program Files\AMD\amd_dc_opt\ の下をばっさり削除し、再起動。


投稿者 ohara : 03:22 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月22日

買い物日記

CORSAIR TWIN2x1024/8500(PC2-8500 512MB×2)\33,756(TSUKUMO Ex)
ASUSTeK M2N32-SLI Deluxe Wireless Edition\30,536(TSUKUMO Ex)
RADEON X1900XT 512MB(GIGABYTE)\64,777(T-ZONE)
RADEON X1900CF 512MB(SAPPHIRE)\67,881(T-ZONE)
...耳血が....

そもそもX1900XTとX1900CFが違うベンダーというのがものすごく気に入らないのだが、どこ探しても無いのでしかたがない。あと、M2N32-SLI Deluxe、どこもかしこもWireless Editionしかないのもなぁ。絶対使わないんだけど。まぁWireless Moduleは取り外して使えばいいんだが。無駄に高いんだけど、仕方ないなぁ。

つーか、これどーやって元取れるんだろう?まぁちょっと考えよう。

# 考えてから買え、という突っ込みは却下。

ということで、徹夜明けで連載いれてそのまま秋葉原行って帰ってきたので今から寝ます>某編集部二軍様

投稿者 ohara : 17:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月21日

色々

幸いというか、なんと言うか、Vistaのβ2が出たからといってすぐにインストールしてレビューを書いたりする必要はないし、そもそもベンチマークとかを測定する事もないだろうから、まぁ放置プレイ。とは言ってもそろそろ入手しとくべぇか、とMSDNのSubscription Downloadサイトから入手を開始したが

日本語のx86版を落とすのにほぼ1日。現在日本語のx64版のダウンロード中。後英語版のx64/x86まで全部落とし終わるためには、おそらく3日ほど掛かりそう。なんだこれ一体?

*****
GeForce 6600GTが1枚死亡、もう1枚を原稿書きマシンに流用してしまった関係で、手持ちの「ちょい高速」なビデオカードがなくなってしまった。ので、PCDepotでRADEON X1600 Proを買ったら

AGP版だった_| ̄|〇

パッケージばらして捨てちゃった後なので返品も利かず。とりあえずゲーム用マシンのRADEON X800と入れ替えることにしよふ。それとは別にカード買ってこないと。で、あまったRADEON X800 Proどうしようかな?
*****
DELLの2007FP(送料・税込み\91,875)が\41,575で買えるのを知り、これまた衝動的に速攻購入。お届け日は27日前後とか。で、ベンチマーク用の17inch(SVGA)はVESAアームつけて、サードモニターにしようと思う。2007FPは新ベンチマーク用。やっぱりUVGAまでフルに出ないと最近のベンチマークでは使いにくくなってきた。しかしモニター増えたなこの部屋....で、長らくこの部屋でUVGAが出る液晶として活躍してきたI・OデータのLCD-AD15UR。最近コントローラがだいぶいかれてきたか、時々UXGAが出なくなるというトラブルに見舞われていたので、解像度を1152×864まで下げた上で奥様仕事用マシンの2nd Displayに。完全に動かなくなるまでがんばっていただきます。
*****
先週からいろいろあって、まだ忙しい。昨日も某所で某Conferenceがあったが、そんなことは完全に失念して他の予定を入れてしまい、朝方某G氏に「Conferenceいけねー」とかメールをもらって思い出す始末。結局行かれなかったけど。それどころじゃなかったし。
*****
そういう最中に機材を送ってくださる鬼のような優しいベンダーさんがいらっしゃり、明日は色々必要な機材を買出しに行かなくてはならなくなった。なんかいくら仕事しても、全部機材代(&猫代)に消えてる気がするのは気のせいか?

投稿者 ohara : 22:29 | コメント (2) | トラックバック

2006年05月28日

Finepix F30到着

とりあえず第一印象:「何この使えないカメラ」

・USB接続で、Mass Storage Classにならない→専用ドライバが必要
・専用ドライバだけのインストールが出来ない→要らんアプリケーションがてんこ盛りでインストールされる
・専用アプリケーション(FinePix Viewer)でしか画像転送が出来ない「ことになっている」→実際はFinePix Viewerを使っても転送が出来ない(なぜかFinePix F30を認識できない)

結局、他のカメラ同様にメモリカードを抜き出して転送が一番現実的な解になりそう。オーパーツが付きまとうとは言え、F10の方が遥かに手軽だった。とりあえずデスクトップ機はCFとSmartMediaの両対応カードリーダーしかないので(ICレコーダ用にSmartMediaをまだ使っている)、xD PictureCardに対応したリーダを買ってこないと。(とりあえずはCF用アダプタで逃げられるが)
*****
カメラそのものの評価はこれからだが、こういうところで使い勝手を損なってるのはなぁ。とりあえずPCとの接続に関しては、「前よりひどくなった」と判断せざるを得ない。まぁしばらくは使ってみるが、場合によってはF30を奥様に回してしまい、私はF10を使いつづけるかも。(最初はF30を私が使い、F10を奥様に回す予定だった)
*****
ところで試しに一枚だけ撮影してみたけど、Naturalモードの色目がF10と比べてもちょい変な気がする。室内撮りが多い私には困るかも。

投稿者 ohara : 11:16 | コメント (6) | トラックバック

2006年05月20日

渡米3日目〜最終日

3日目:
やや寝不足気味のまま会場へ。とりあえずRegistrationを済ませるが....えーと、またなんか予算が厳しくなってるんでしょうか?プレゼンテーションが遂にフラッシュメモリのみになった。ま、SPFにノート持たずに来る人もいないだろからいいんだけど。あと、全席にコンセントが提供されるのはいいのだが、これが不安定で時々ダウンしたり。

昼飯にVeggie Menuを頼んだら、なんか用意しておいたのが切れたらしく、30分近く待たされる。とはいえその間は皆様と雑談しながら時間つぶし。周囲の人がデザートを食べ終わる頃にやっと出てきた。ただ意外に美味。FairmontのVeggieは食えたものではなかったのだが。ちなみにRegular Menuはビーフステーキでした。味はどうなんだろう?興味ある人はF田氏にお聞きください(笑)

時々気を失いそうになりながら、なんとか初日終了。Expoで何人かと話をしてから、早々に退散。さすがに原稿を起こす気力はなく、そのまま撮影画像の同期とバッテリー充電だけ仕掛けて死亡。

4日目:
朝食はこんな感じ。

メインは

ちょっと、とってつけたようなレモンの味が不協和音だが、まぁ妥協できる範囲。

原稿を書くところまでは行かず、写真の整理だけして8時ちょい前に会場入り。空き時間にちょろちょろ原稿を書きながら、講演に何とか集中。
今度は昼食に待たされること無く、やはりVeggie。非常に美味くて感心する。
最後までセッションを終わって、Evaluation Formを出すときに「名刺をよこせ」といわれる。抽選で二人にiPod Nanoをプレゼントするからという話なのだが、「いや要らんよ。International Shipping出来ないでしょ?」というと「大丈夫。こんなに小さいんだから」そういう問題ではないと思うのだが、まぁそこまで言われたので名刺を突っ込んでおく。

さて、睡眠時間も短いのでなんとか寝ようとするが、これがまるで寝られない。頭はかなり疲労していて文章がおかしくなりつつあるので執筆は断念。で、風呂に入ってみたり、マッサージしたり、薬を飲んだりするが全然効果なし。

5日目:
結局一睡もせず5日目突入。それでも横になってしばらく目を閉じていたら思考力が多少戻ってきたので、原稿に取り掛かり、なんとか2本Up。ついでに欠食児童に食事キャンセルを連絡する。このままだと、SFに行く途中で居眠り運転こいて死にそうだ。ちなみにここまで食事なし。

13時前位になんとか眠くなり、そのまま卒倒。起きたら21時。Safewayに買出しに出かけるも、ろくなものがなく

Cold beef Sandwitch

そこから原稿など書きつつ片付けをしていたら眠くなり、仮眠。

6日目:
朝2時半起床。真剣に荷造りを始め、一段落ついてから原稿を書き始める。途中、最後の食事。

これだけ別シリーズで

といった具合。味はまぁ、許容範囲内ではある。

7時過ぎに5本目がUp。そのまま編集部に送ってから、3台のノートの同期を取り、荷造り。8時ちょい過ぎにCheckoutしてDoubleTreeへ。ちなみにTownplaceからDoubleTreeまではSanTomas Expway→101を使うことが多い(G氏は280→87派。時間的には大して変わらない)が、見ると101のSF行きは大渋滞状態。ということでSanTomasでF田氏をPickup後は、迷わず87→280に廻り、SFOへ。レンタカーを返す前にShellでRefuelを掛けるが、$3.559/galで12.6galも入りやがり、ガソリン代は$44.94(!)。$30余計に払ってCompact借りたほうが、ひょっとすると安かったかもしれない。微妙。

というわけで、今はSFOのラウンジでこれを書いております。やっと時間潰しも終わり、あと20分ほどでBording。

投稿者 ohara : 04:14 | コメント (1) | トラックバック

2006年05月16日

渡米初日〜2日目

5/14(日本)
そもそも1本原稿が上がってない状態で、あきらめてノートの同期を取って荷造り完了。いつも通り日暮里からスカイライナーで成田へ。今回はポートランド経由である。

5/14(ポートランド)
朝9時過ぎに到着。ちょいと遅れてるが、そもそも今回Connectionが5時間もあるので、遅れてくれるのは歓迎。で、このポートランド、H字を横にした形をしているが、間の連絡通路が

すんげー長い。結構うんざり。とはいえ、11gのWirelessが無料で使えるのはちょい嬉しい。

こういう画面が見られるのはちょっと便利。ちなみに到着はD Gate、出発はA Gateである。ここで4時間ほど時間を潰し(ほとんど寝ていた)、14時過ぎに出発である。

で、綺麗な建物なので出発ゲートも綺麗だろうと思いきや

途上国の空港かい!と思うような簡単なつくり。ちなみに搭乗は

といった具合。機体は76人乗りでほぼ満席。で、小型機とあって、ポートランドまでキャリーオンで持ってきたバッグが棚に入らない(T_T)。ノート3台とカメラ2台が入ったバッグを泣く泣く預ける羽目に。大失敗である。


おお、オレゴン州にもMt.Fujiが(ちがいます)

結局SFOに着いたのは16:30過ぎ。レンタカーをPickupし、いくつか店を廻って必要な買い物をして、HotelにCheckinしたのは19:00近く。ところで

ガソリン高騰しまくり(T_T)

夕飯(昼飯?)はSafewayで買ってきた

寿司と生春巻。寿司はともかく、生春巻は大失敗。餃子の皮並に硬いし、スイートチリソースがスイートなだけで辛くない(T_T)
で、これを食っていると欠食児童から「夕飯でも一緒に」とか連絡が入るが、今夕飯くっとるがな。そのまま就寝。

んで、朝4時におきて朝食(だか夕食だか判らん)。

パンはちょっと焼きすぎである。メインディッシュは今回

このシリーズにチャレンジ。味はまぁ、可も無く不可も無く。

9時過ぎにホテルを出てSFOへ。F氏のPickupだが、かなり予定を過ぎて到着は11時過ぎ。そのまま氏をつれてDoubleTreeに行くと、様子がおかしい。こともあろうに全館(というか、エリア全体)停電だそうで、どうりでパーキングマシンが動かないわけである。F氏も「マシンが動いてないんでCheckinできない」とか言われて半泣き状態。ただ一緒にARCはつらいというので、そのまま放置してサンノゼ中心部へ。

ARCの発表会では、見たことある人がぞろぞろ。一番驚いたのはLeeがMktgのDirectorとかでうろうろしてたこと。で、発表会のお土産に

こんなものをいただくが、うーん。Rolling Stones聞かないんだよなぁ。SD/Mini SDカードとして使うといっても、そもそもSD/Mini SD使う機材が1つも無いんですが。

とりあえず17時過ぎにホテルに戻り、軽くパンだけ食べて就寝。おきてからPreviewとARCの発表会記事を仕上げて送信。あと1時間もしたらいよいよ本番ということで、とりあえず今から朝食(だか夕食だか、相変わらず判らん)である。

投稿者 ohara : 21:32 | コメント (6) | トラックバック

2006年05月15日

寝不足のまま

今はポートランドにいます。

4時間ほど時間調整して、SFOに到着は15:30頃のよてい

# しかしポートランドはWi-Fiが無料だ。うれしい。

投稿者 ohara : 01:01 | コメント (2) | トラックバック

2006年05月09日

とりあえず

ss氏のご要望にお応えして

MainConcept.jpg

環境はPentium 4 670、256MB PC2-4200×2、D945GTP、内蔵グラフィック、Maxtor MaxLineIII 250GB SATA、Windows XP Professional SP2 日本語

で、元ソースは626秒のDV-AVIファイル。H.264 Main Profile(Level 3.1)、4000Kbps(Avg)/8000Kbps(Max)のVBRという条件でエンコード時間が1666.91秒。換算するとエンコード速度は11.26フレーム/秒程度ですな。

投稿者 ohara : 10:14 | コメント (3) | トラックバック

2006年05月07日

GW進行ほぼ終了

といっても、まだ終るべきものがかなり終ってないのだが....それでも幾つかは目鼻がついた。ちなみに全く休みと無縁の1週間。強いて休みらしいイベントがあるとすれば、1日に戸越銀座まで歩いたら熱射病になりかかった程度か。

ご同輩は既にサンノゼとか、間もなくロスに向けて出発とか、そーいう事になってるようだが、ロスはともかくサンノゼ、もし行く羽目になってたら絶対間に合わなかった。そういう意味では行かずに済んで助かった。

*****
GW前半はひたすらベンチ。何が辛いって、3組あるシステムを同時に動かせない事。理由は電源。特に、I〇〇〇〇〇〇〇〇のマザーが最悪。一旦起動すると、待機時の消費電力は220Wそこそこと低目。なのだが、起動時の突入電流が半端ではない。どの位半端でないって、鎌力500WやTOP-600PSではプスリともしないこと。ENERMAXのEPS 660W電源では一瞬起動しかかるが、やっぱりアウト。結局恵安の700Wを購入してきて(PCDepotで2万弱)やっとブートするようになった。ちなみに稼動中のピーク電力は380W位なんで、これだけ見てれば軽いものなのだが....ピーク電力を考えると、2台動かすのは危険。しかもこれとか、今回本命の某サーバを動かすと、電圧降下が激しく発生し、隣の部屋の奥様マシンの様子が怪しくなる始末。結局奥様と交代で仕事する羽目に。ちなみに、これだけだと比較にならないので無理を言って某T社からマザーを借りたシステムでは、鎌力500Wで軽々動いてるんですが....CPU、S〇〇〇〇〇〇〇借りればよかったかしらん?でも64bitの比較できないしなぁ。

おまけにI〇〇〇〇〇〇〇〇の方、2Uサーバー用のCPUクーラーがついてきたのはいいのだが、これがまた超高速回転で、高周波が部屋中に反響するという最悪な状況。とてもじゃないが、ベンチ廻しながら横で仕事なんかできたもんじゃぁない。

んで後半は、データをまとめながら結果の検証。いくつかデータ漏れが見つかり、あわててデータを取る、と。全データをまとめ終わったのがやっと今朝。で、梱包を終らせ、後は宅急便を待つだけである。

.....いい加減、休みが欲しいものだ(T_T)
*****
ちなみにDELLのモニタ、未だに何も手がついてません。1週間、同じ場所で放置プレイ中。それどころじゃあない。

投稿者 ohara : 14:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月01日

GW進行中

「順調に」仕事が遅延中。遅延というか、やってみたら見積もりよりも多く作業工数が掛かっているというか。

まず意表を突かれたのがTMPGEnc 4.0 XPress。搭載しているH.264 EngineはMain Conceptのものってあんた...それじゃMainConceptのH.264 Encoder V2を買った俺には要らないじゃないか(-_-メ)しかもH.264が使えるのは携帯機器向けプロファイルのみ。全然買った意味がない。

ちなみにMainConceptの方はこういう訳の判らない制限もなく、あっさりH.264のHigh Profileでエンコードが動く。いやー、CPU負荷の高い事。

次は元ソース。適当なHD映像をDVにフォーマット変換して入力にしようと思ったら、Premire 6.0なんぞじゃNTSC DV(640x480)しかサポートしてないでやんの。仕方なく、Premire Pro 2.0の体験版をダウンロードしてきて変換かけようとすると、HDのDVフォーマットはAJA Video 社の Xena HS用しか入ってない。当然、こんなものでフォーマット変換しても、エンコーダは元よりWMP10すら認識してくれない。
しかたないのでこのアイディアは放棄。やっぱ、年貢を納める時期だろうか?流石に手持ちのバージョンでは無理が出てきている。

しかし、アップグレードパスに何を選ぶかが問題。元々のパッケージは
・Photoshop 5.5
・Illustrator 8
・PageMaker 5.5
・Premire 5.5
・Go Live!の古いの
という奴で、その後Photoshopを6.0→7.0に、Illustratorを9.0→10.0に、Premireを6.0に、PageMakerをIndesignにそれぞれアップグレードして使ってる。で、欲しいのはPhotoShop、Illustrator、Premire、InDesign。最近のパッケージだとVideo Bundleが一番いいのかもしれないが、InDesignが入ってない。Creative Suite 2でもいいが、今度はPremireが入ってないし。その一方、要らんモノが山と入ってるのも困り者。Go!Liveなんて絶対使わないし、AfterEffectも要らん。Version Cueとかもなぁ....もっと言うと、そもそもPhotoshopとかはCS2に上げる必要性をそもそも感じてないので、その意味ではとりあえずPremire Pro 2のアップグレードだけ買えばいいのかもしれない。悩ましいところだ。

*****
で、まだ詳細が言えないマシンが轟音を立てて稼動中。dysonの掃除機並というのは言い過ぎにしても、ちょっとなぁ、と。室温も急上昇中。お陰でクーラーまで稼動させる羽目になり、二重に地球に優しくない(-_-;)
*****
某所で、「NapaのCentrinoさしあげます。あとNapaのViivも差し上げます」と言われる。「本物ですよ」という言葉に「?」を連発させつつ赴くと....

「とんち」で返されるとは思いませんでした。ちなみにCentrinoは既に奥様の胃袋へ。Viivも時間の問題か。
*****
昼夜再び逆転中。昨日の起床は実に19:00。就寝予定は本日12:00か13:00あたり。この調子で少しづつづらしてゆけば、GW終わりごろには超朝型(4:00起床というあたり)になりそうだ。
*****
追記:

到着。動作確認とか設置はまた後で。しかし5/2到着予定じゃなかったんかい?

投稿者 ohara : 02:37 | コメント (3) | トラックバック

2006年04月18日

しまった

献本も届いたことだし、さて配るか...とか思っている間に、差し上げねばいけない人が続々自腹で購入してしまっている_| ̄|〇

# でじゃな中の人の事。胃袋の人もこの範疇か?

ということで、
・ぺんぎんの中の人
・某I社広報様
・某お堀のそばのWeb編集部様
・某それとは別のWeb編集部様
・2番目に最凶な人
には送りますので、買わないで頂いて結構です。

他に

・Ganmoな中の人(←欲しければ差し上げるので連絡先を教えなさい)
・スペインな人(同上)
・3にゃん+1な人(←欲しければ差し上げるので言ってください)
・弟子1号〜3号(同上)

は連絡をいただければ幸いです。

投稿者 ohara : 03:45 | コメント (5) | トラックバック

2006年04月14日

所用で

ちょいと駒込へ。というか、所用があったのは奥様で、わたしはくっついてってついでにカレーを食ってきただけだったりする。それはともかく帰りに秋葉原に廻り、そのついでにブックタワーへ。で、

>発売になったようです。なんか最初の話では、もう1冊技術系の単行本と2冊同時に出すとか言ってたような気がするんだが、見当たらないような...(苦笑)

とか書いたんですが、出てますね。それも、著者はおまえか〜(笑)

業界、狭いなぁ(苦笑)

# 関係ない記事にトラックバックしてすまん>naskal

投稿者 ohara : 15:53 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月29日

やっぱりなぁ

弟子も買ったらしいDellの2407WFP。最初は納期1週間とか言っており、3/22発注なので本日到着のはずが
snap004.jpg
で、製品ページにはいつのまにか「通常納期+2週間」とか書いてあるし。まぁ、普通に届くはずも無いとは思ったので、あまり驚かない。

そういえばこんな話もあるようだけど、27inchだと机の前に置けないので、仮に出ても24inchしか買わなかっただろうな。というか、24inchですら現状ぎりぎりの予定で、ちょっとドキドキ。本当に机の前に入るのだろうか?

MSDNの有効期限が今月一杯なので、「さてそろそろ更新パッケージを買おうか」と思ってImpressに行くと、何と全品取り寄せ。しかも今オーダーを受けた場合、発送が4/2以降になるという。えーと、更新間に合わないんですが。いや、ぎりぎりまで何もしなかった俺が悪いのだろうけど。仕方が無いので本日秋葉原あたりでパッケージ買って来て、FAXで更新手続きをとるしかないのだろうな。

にしても、Professional版の更新が10万超えているのは正直キツい。本当はその上のPremium Scbscriptionにしたいのだが、こっちはもっと手が出ない。本当はOpen Businessにすればもうちっと安いのだが、Professional版で15万超える(2年分一括)からやっぱり手が出ない。

んー、MSに貢いでるなぁ(;_;)

投稿者 ohara : 03:52 | コメント (1) | トラックバック

2006年03月16日

先週のできごと

3/5:朝2時頃、最低限のノルマ原稿終了。そこからノート3台の同期を取りながら、支度を始める。6時過ぎに出発準備が概ね終わり、「んじゃ単行本の初稿のチェックを...」とか思ったが沈没。9時頃に上からちゅるるが降ってきて起床、成田へ。そういえば成田では


AEROFLOTを2機も見かけた。ご丁寧に塗装まで違うし。

機内食はまぁ、別に期待できるレベルではない。

夕食

朝食ともに「いつもんの」。機内で初稿チェックを完了。ネットに繋げたらここから送ってしまうんだが。それでも一応、4時間ほど寝る事に成功。

3/5(US):朝7時頃SFO到着。とりあえず初稿を送ろうとするが、回線がぶっつんぶっつん切れる。それでも何とか送り終わり、編集氏にメールを打ってからレンタカーピックアップ。ちなみに今回は

コレ。Mini SUVなのだが、なぜかEconomyより安い($165/week)キャンペーン価格。ちなみにALAMOの場合「好きな車持ってっていい」方式。今回の場合Mini SUVなら並んでるどれでもいいわけだが、「SUVのラインに並んでるなかでちょっと小さい奴ね」とか言われて行って見ると...どうみてもサイズ変わらないんですが。JEEPまでいるし。で、別の係員捕まえて「この中でMini SUVってどれだ?」と聞いたら「あー、どれでもいいよ」これでも一応小さいほうです。

Check-inの時間をずらすため、まずはサンノゼに向かいFry'sで買い物。その後Pet Food ExpressでJigga君としばし戯れ、Safewayに寄ってからSFへ。ホテルには12:30頃チェックインしたら「まだ部屋が用意できない」。結局ロビーで14時まで時間を潰し、やっと部屋に。最低限のセットアップを終わったらそのまま昏睡。

 18時過ぎに、欠食児童に「用意できてますか?」とか訳わからん電話で起こされる。「何のことだ?」どうも皆さんで食事に行くことになったらしい。いまいち良くわからないまま、とりあえず車を出して何人か拾って出かけた先で出てきたものは

うん、たしかにカニだね。ちょっと理解してなかったので、いきなりこれが出てきた時には正直たまげました。ええ。ま、でも頼んだ以上黙々と食する。ちなみに

私の対面で食する2人。ぷらいばしー保護のため顔写真はモザイク処理(笑)
結局22時近くにホテルに戻る。そのまま2度寝。

3/6(US):3:00頃起床。初稿のチェックに漏れがあり、あわてて追加のチェックを入れてもう一度20MBのPDFをアップロードしようとするが、ホテルの回線がぶちぶち落ちてなかなか通信できない。結局小分けにして上げ、サーバにログインして固めるという荒業を。
朝9時に会場でレジストレーションを済ませ、10時からプレス向けセッション。更にその後別のホテルに連行される。まぁそれはいいのだが、その道中でMoolyに「Dual Coreの片割れはどうした?」どうも笠原一輝のことらしい。あんなXXX(←お好きな罵倒語を入れてお楽しみください)とSymmetric Dual Core扱いされるのは納得がいかないところである。
 別ホテルセッション終了後、歩いてホテルへ。そのまま昏睡し、起きたら23時過ぎ。向かいのWalGreenで

豪華な夕食(笑)を買い込んで済ませ、朝まで原稿。

3/7(US):IDFスタート。7時過ぎに会場入り。お昼はおなじみ

Box Lunch。ちなみにBaked Vegitable。味はもう言うまい。食べられるだけ幸せである。その後もセッションは続き、会場を出たのは19:30過ぎ。帰りにタイ飯屋でチャーハンを食べてホテルに戻り、昏睡。

3/8(US):2時過ぎに起床するが、さすがに原稿を書く体力が残ってない。写真整理だけして、7時半に会場入り。朝食は

こんな感じ。問題はその後、昼飯すら食えなかった事。もう少しがっちょり朝食を食っておけばよかった。やはり19:30頃疲労困憊しながら会場を離脱、タイ飯屋でパッタイを食ってホテルに戻り、昏睡。

3/9(US):4時過ぎに起床、最低限の原稿を書いてから会場へ。セッションは13時頃で終わったので、そのままホテルへ戻る。ちなみに今回からBordersが会場に入っており、こんなもの

まで売っていた。一緒にBordersに入ったS氏など、カエルの貯金箱を買っていた(笑)
18時頃に夕飯の誘いがあった「らしい」が、昏睡してました。結局23時過ぎに起床し、メールチェックしたりしてから2度寝。

3/10(US):4時過ぎにおきてやっと人間らしい感じになってくる。ちなみに5時過ぎに

朝飯を食する。まぁまずいのはともかく、パスタサラダを食べるためのフォークがなく、手づかみで食うしかなかったのがちょっと悲しかった。そのままひたすら原稿を書きつづけ、長いのを1本Up。続いて短いのを書いてる最中欠食児童から連絡があり、一緒にタイ飯。その後も原稿を書き続ける。4時過ぎにS氏などが買い物をしたいというので、車を出してサンノゼへ。Fry'sにまたもや出かけ、それからインド料理屋へ。帰り道、某社M氏が見事に道を間違えていたのはご愛嬌。実はあの時、我々も間違えていたんです(笑)。結局22時過ぎにホテルに戻り、そのまま仮眠。

3/11(US):4時起床。原稿を完成させ、編集部へ発信。そこからノートの同期をとりつつ荷造り。7時過ぎにS氏をPickupしてSFOへ。特に何事もなく、出国。

3/12:なにごともなく無事帰国。そのまま帰宅して轟沈。

投稿者 ohara : 19:12 | コメント (2) | トラックバック

2006年02月07日

Amazonのキーワードサーチの謎

ちょっと18禁

Amazon.co.jpで"Athlon 64 X2"を検索しても見つからないのはまぁいいとして、これはないだろうよ。
(18歳未満はクリック禁止)
20060207_1.jpg

どーいう連想なのか、中の人に聞いてみたいものだ。

あと、エレクトロニクス > カテゴリー別 > PC周辺機器・パーツ > PCパーツ > CPUをみてゆくと、XeonとItaniumばっかりざらざら出てくるっつーのも....ちなみに4ページもありながら、在庫があるのが7品だけで後は全部在庫切れというのも物凄い。
こうしてみると、Amazonもまだまだだなぁ。

投稿者 ohara : 01:06 | コメント (3) | トラックバック

2006年01月26日

困ったもの

外つけモデムが欲しい、とかいう酔狂なリクエストを貰っていたのを思い出して家捜ししたら

ちゃんと出てきた。なつかしのSportsStarである。で、ついでに古いマザーも送りつけようと引っ張り出してきたはいいが



どーりでこのマザー、最後の方は不安定だったわけだ。

流石に液漏れコンデンサ搭載マザーを送るのも何だったので、そのまま廃棄。で、宙に浮いたのがNorthwoodの2GHzと、256MB PC133×3。どうしようかねぇ?今更...

*****
今凄く欲しいもの。「たったの」$465なのでクラクラしつつある。何を使うって勿論OpenVMSを動かすに決まってるんですが。もっともウチには他にもAlphaマシンが(何故か)あったりするんで、こっちを動かすのが先だろ?という話もあるんですが。
*****
LooxのHDD交換はほぼ終了。それはいいのだが、HDDLifeを入れて監視すると、X32はせいぜいピークで37℃程度に収まるのだが、LooXではピークで48℃に達する。こりゃ、壊れるわ。何か放熱対策できることないかしらん?とりあえず標準で用意されるアルミシート(ノイズ対策なのか何かしらんが、HDDをくるむようになっている)とかを外してみようかな?

投稿者 ohara : 13:26 | コメント (8) | トラックバック

2006年01月24日

Crusher

年が明けても相変わらず故障が減らないのは、まだ後厄が引っ張っているのか、それとも仕様なのか?

某原稿のためにSunなマシンをいじっていて、設定を変えたら(だってDHCPからStatic IPに変えるのに一番早いのはsys_unconfigコマンドの実行だ、とあったので)見事にJava Desktopが立ち上がらなくなる。で、仕方なく丸ごと再インストール....の手前でSunなマシンがブートしなくなる(T_T)

最終的にパネルをあけ、ROMとHDDをはずしたらブートするようになり、再び戻しても問題なくブートするようになったのだが、あれは何だったのだろう?再現性がないので原稿にも書きにくい。

で、そうこうしている間に、Looxがハングアップ。電源を入れなおすとブルースクリーン(T_T)。十分冷やして再起動しても状況変わらず。再インストールだろうか、やっぱり....

*****
Future PC's(エルエルさん経由)

この手のものを見るたびに思うこと:打ちにくいだろうなぁ、と。キーボードは適度なクッションというかダンパー機能があるから長時間打っていても疲れないわけで、テーブルを直接叩いたらあっという間に指が痛くなりそう。同様に、指の動きを感知してくれるヴァーチャルキーボード、あれもやっぱり疲れそう。キーボードがあるから指の動きが勝手にとまってくれるわけで、これがないと自律的にストロークを加減しないといけない。長時間使っていると、指がつりそうである。なんつーか、Future PCを考える場合、やっぱ新しいヒューマンインターフェースは必要だろうなぁ、と思う。思いつかないけど。
*****
というわけで、税務署に行きがてら(青色申告に絡んで法定調書合計票を提出してきた)PC Depotで120GBの2.5inchドライブを買って来て、現在フォーマット中。Win2Kなので、時間が掛かる掛かる。ま、それはいいのだが

道がえらいことに。PC Depotのお隣のビルは、近くスポーツジムかなんかになるそうで、現在は無人で建築計画が張り出されている状態。よーするに誰も雪かきしないわけで、しかも建物のお陰でいい感じに日陰。なんかもう2〜3日はこのままな感じである。

投稿者 ohara : 09:49 | コメント (3) | トラックバック